これからも無料掲載で頑張っていきたいと思います。
 1日1回応援クリック頂けると更新の励みになります。
何卒よろしくお願い致します。

にほんブログ村 競馬ブログ 南関東競馬へ


2月14日(水)浦和競馬 全レース予想◆ユングフラウ賞◆【管理人の後付け 更新完了】


注意事項 必ずご確認ください
◆全レース予想掲載しておりますが全レース買いは推奨しておりません。
馬券は自己責任でご購入ください。

◆予想は毎日全レース無料公開!
結果更新については、毎週金曜日はお休みとなります。
中央競馬指数まとめの時間に使わせて頂きます。


◆指数1 指数2 相手候補3~4頭

※指数3以降に関しては左から順に好走期待値の高い馬です。
ごちゃごちゃするため書きませんが相手馬は左から順に評価が高いです。

指数1【◎】 指数2【〇】 指数3【▲】 指数4【△】 指数5【☆】

◆メルマガ・ランキング予想について
メルマガやランキング予想で公開されているからと的中率が上がるわけではありません。
全レースの予想の1つ、特に準メインやメインレースの予想一部が公開されております。
無料メルマガやランキング内で確認するなど手間が掛かりますが、何卒ご理解ください。
ランキング内の見方についてはこちらへ↓

→☆ランキング内予想の見方がわからない方へ☆←

ランク分け 修正版

(SSランク) ※期待値が非常に高い 出現率が低い馬
(S 1・2・3ランク)  ※期待値が高い 基本的に1番人気になる。
(A 1・2・3ランク)  ※期待値がそれなりに高い 1番人気が多い
(B 1・2・3ランク)  ※好走率はそれなりも、回収率が期待でき、1番人気になることは少ない。

以前とほぼ変わりませんが、ランク馬の出現率が増え(地方競馬でも掲載)、数字で自信度が表記されたとお考えいただければと思います。(1が最高評価)

◆ノルマについて
各開場毎にノルマを設けております。

指数1馬(◎)的中率65%以上
三連系 的中率33%以上

三連系に関しては3Rに1R的中することを目標に予想しております。
全レース購入してもプラス回収率にすることは難しいため、ご注意ください。

◆連絡について
メルマガ内のお問い合わせに連絡頂いても問題ないのですが…
メールチェックは1週間以上かかる可能性があります。
もしお急ぎの場合は、ブログにコメント頂ければ、24時間以内に返信可能です。





浦和

個人的なノルマ
指数1馬(◎)的中率65%以上
三連系 的中率33%以上

浦和競馬 2018年指数通算成績(1月9~12日)
指数1 48-27頭 複勝率56% ノルマ未達成
指数2 48-25頭 複勝率52% ノルマ設定なし
三連系的中率 48-27 的中率56% ノルマ達成
(万馬券8本)


1R 

指数1 ⑪ノートゥルレーヴ (80)
指数2 ⑦タカイチプラン (75) B1ランク
相手 ②①⑩⑥

管理人の後付け 
指数1 ⑪ノートゥルレーヴ (80)について
骨っぽいメンバー構成ではあるのだが、このメンバーでも能力は上位。
2走前の船橋マイルでは伸びきれずに大敗してしまったのだが、
次走は御神本騎手へ乗り変わり&距離短縮&川崎競馬で勝ち切って見せた。
2走前は今野騎手で大敗も、御神本騎手なら③①着と相性もいい?
相性という可能性はあるが、御神本騎手の場合は勝負気配なのだろう。
今回も御神本騎手で勝負気配と考えていい。浦和競馬は初だが川崎競馬で走れるなら問題はないと思う。

2R
指数1 ⑨ビービーレジーナ (79)
指数2 ⑫エイシンレパード (77)
相手 ①⑦⑪⑩

管理人の後付け 
指数2 ⑫エイシンレパード (77)について
この馬は前目で競馬できれば強い競馬をする馬で後方からになった前走は度外視でいい。
後方からになったというよりした?と言った方がいいのかわからないが…
真島騎手は技術があるし、タイミングがズレたというよりは・・・
馬の状態が悪かったのか、やる気がなかったのかわからないが調教の様な内容でしたね。
もし本当に勝負する気があるならあの出遅れでも道中捲ったり多少無理はするがしなかった点を考えると…ヤラズか、本気でレースできる状態になかった可能性も。
今回は前走より約10日ほどしか間隔も空いていない為、まだ調教の続きの可能性もあるが… 前目でさえ競馬すれば粘れる力はあるし軽視はできない。

3R
指数1 ④ノーブルシリウス (75)
指数2 ⑫セレッソプレジオ (75)
相手 ⑪①⑧

管理人の後付け 
指数1 ④ノーブルシリウス (75)について
中央から転入し川崎競馬で南関東競馬デビューをしたが負けてしまう。
南関東では⑨⑥⑦着に大敗しなかなか南関東へ対応できなかったのだが…
2走前から急に適応しだし、近2走は②②着と違うレーススタイルで好走を続けている。
中団からでも、逃げてもいい競馬を見せ、もう南関東では心配ありませんね。
鞍上は引き続き坂井騎手で前走の逃げ競馬を見る限り勝ちに行こうとしているのは感じる
陣営もいい勝負気配で、引き続き狙える馬だと判断してもいいだろう。

4R
指数1 ⑦ニーケカグラ (73)
指数2 ⑤ワンダーネルブード (71) B2ランク
相手 ①⑫⑥⑧

管理人の後付け 
指数1 ⑦ニーケカグラ (73)について
兎に角、大崩れしない馬で安定して結果を残している馬で頭が下がりますね。
近走は4・5着に負けることもあるが大きくは負けない末脚の安定感は魅力。
ただ、勝ち馬に離されるレースが多く、なかなか勝ち負けに参加できないが…
今回は相手関係も多少楽になるし、この馬の持ち味である先行力がハマれば勝ち負け。
鞍上は引き続き森騎手。森騎手はこのコース複勝率約50%で好データも後押し。

5R
指数1 ⑨ベストバニヤン (71)
指数2 ③クラデジャブー (70)
相手 ⑧①⑩

管理人の後付け 
指数1 ⑨ベストバニヤン (71)について
近走はずっと調子が良く安定して馬券園内を確保していたが前走は大敗した。
この馬は調子がいい時は立て続けに好走するため、前走の大敗をどう考えるか…
調子が落ちてきた大敗なのか、ただ単にリズムが狂ったのか、裏で何かあるのか。
調子が落ちてきているパターンが濃厚かと思いますが、間隔は詰めてますしもう1戦狙える馬かと思います。
この馬の難しい所は、大敗したからと言っても次走でいきなり好走パターンがある事。
1戦崩れたからと状態が悪いと判断するには早い。調子が悪いなら休養を挟むはず。

6R
指数1 ⑥ワタシキタヨ (85) A2ランク
指数2 ⑦ノブローズ (77)
相手 ⑩④①

管理人の後付け 
指数1 ⑥ワタシキタヨ (85)について
短距離実績の高い馬がそれなりに揃ってはいるのだが前走の内容は良かった。
門別の短距離でもスタート・出足の良さを発揮し先行力の高さを見せましたね。
前走は門別競馬から、南関東へ再転入の浦和ダ800で逃げて強い競馬。
あのテンの速さがあれば、この短距離でも間違いなく能力は高いし期待度も大きい。
左海騎手は浦和ダ800では複勝率約70%と好成績で…
サウスヴィグラス産駒もこのコース複勝率約40%で短距離適性の高い馬が多くこの馬も期待できる。



7R
指数1 ③シャープセンス (86) A3ランク
指数2 ⑤ジョーキパーソン (76)
相手 ⑧⑨⑩⑦

管理人の後付け 
指数2 ⑤ジョーキパーソン (76)について
浦和のドン小久保厩舎の管理馬だが、安定感はない馬ではあるが…
この浦和競馬では大敗することはあっても好位でハマりさえすれば好走可能。
鞍上もコロコロ変わってはいるが、能力はある馬で適度に凡走る為妙味はある。
鞍上は普段名古屋競馬を主に騎乗している岡部誠騎手。
南関東では多少安定感が落ちる騎手ではあるが、いい馬に乗れれば好走率は高い。
あのディアドムスの主戦を務めている騎手で、南関東で無双することもあり軽視することはできない騎手。

8R
指数1 ⑤カズノスイセイ (81)
指数2 ②ハッピーパーティー (78)
相手 ③⑥⑦④

管理人の後付け 
指数2 ②ハッピーパーティー (78)について
能力が高いのは間違いないのだが、後方からのレースになると凡走するタイプ。
この馬もヤリとヤラズの判断がなかなか難しいとは思うのだが…
南関東へ転入してから柏木騎手が乗ると①①着 しかも先行好位で競馬している。
一つの勝負気配を調べる方法は柏木騎手が騎乗するかどうかでしか現状判断できない。
柏木騎手なら前目で運んでくれそうですし、今回も柏木騎手が乗るなら期待しなくてはいけない。 地方競馬は色々な思惑がある為、本当に難しいですが大敗するまでこの条件では狙い続けたいですね。

9R
指数1 ④クールモンスター (77)
指数2 ⑤マイネルデアデビル (75)
相手 ⑧③①⑨

管理人の後付け 
指数1 ④クールモンスター (77)について
中央から南関東へ転入して初戦からいきなり好走し南関東では2連勝。
浦和のドン小久保厩舎に転入した時点で、それなりに好走できる見込みがあったようです
ここまで2番手から早めに先頭に立って押し切る競馬内容で、番手で控えられるかどうか
隣の枠には同じようなタイプの馬で逃げて2連勝している馬がありどうなるか。
お互いに喧嘩してしまえば共倒れにもなる。番手でじっくり脚を溜められるかがカギ。
鞍上の左海騎手&小久保調教師共にこのコースでは複勝率約40% 好データも揃っているし展開次第では完勝まであることは頭に入れておきたい。

10R

指数1 ●●●●● (83) A3ランク
指数2 ●●●●● (73)

指数3以降 ●●●●●

メルマガ限定予想はこちらへ
▼競馬 全レース 無料メルマガ 登録はこちらから▼
メルマガが届かないと言うお問い合わせがあります。
迷惑メールなどに振り分けられている可能性が高いですが…
どうしても届かない場合は下部のメルマガをお試しください。

→☆どうしてもメルマガが届かない方はこちらへご登録を☆←


管理人の後付け 
指数1 ●●●●● (83)について
転入してからあまり期待されて言うまではなかったですがいい競馬が出来ていますね。
ここまでのレース内容を考えても力は間違いなくこのメンバーでも上位。
有力馬でこのメンバー構成なら勝ち負けできる為、やはりこういういい馬はこの騎手に…
御神本騎手は、騎乗頭数こそ少ないのだが、本当にいい馬が回ってきますね。
コンスタントに結果を残せる騎手で、この馬でも好勝負の可能性は高い。
内枠を確保したし、インをロスなく回れれば2走前の様に千切る競馬も可能。

11R ユングフラウ賞
指数1 ●●●●● (84)
指数2 ●●●●● (74)
指数3以降  ●●●●●
人気ブログランキングへ ※ランキング 説明文に馬番を掲載
→☆ランキング内予想の見方がわからない方へ☆←


管理人の後付け 
指数1 ●●●●● (84)について
今年は降雪の影響で桃花賞が開催されず、力関係が見えにくい。
しかし今年は昨年の2歳重賞を勝った馬が数頭出走してくる。
ストロングハート・グラヴィオーラ・ゴールドパテックなど
大混戦メンバーで人気馬だけで決まることが例年少なく多少波乱要素もある。
しかし、情報が見えにくいなら、まずは安定感と言う意味でこの馬は信頼。
能力は高いし、多少コース適性や展開で取りこぼしは目立つも末脚には安定感あり。
今年は例年に比べて更に難しく、なかなか絞れないかもしれないが、絞らなくては地方ではトリガミになるケースも多いため気を付けたい。

◆ユングフラウ賞 データ◆
※1人気(3-0-0-2)複勝率60%
※2人気(1-0-2-2)複勝率60%
※3人気(0-2-0-3)複勝率40%
※4人気(1-0-1-3)複勝率40%
※5人気(0-0-1-4)複勝率20%
■他の地方重賞に比べてやや波乱傾向が強め。人気馬の好走率もそこまで高くない。

※斤量56㎏(2-1-1-2)複勝率67%
■今年は重賞勝ち馬の3頭が該当しますね。
実績があるから背負わされているが、それは能力が高い証拠。好データ。

※前走1人気馬(4-2-0-7)複勝率46%
■今年の該当馬はエーデルワイス賞勝ち馬 ストロングハートのみ。

12R
指数1 ⑨フラダリ (83)
指数2 ③ガウェイン (78)
相手 ①④⑫⑪

管理人の後付け 
指数1 ⑨フラダリ (83)について
浦和競馬ではなかなか勝ち切れず、あと一歩足りなかったタイプだったが…
3走前から馬が激変し早め先頭でも甘くなることはなくいい持続力を見せている。
人気には前走ロジータ記念で大敗も、中央転入から4連勝しとんでもない強さを見せた①ギンチャンが集めそう。
確かに最内枠で①ギンチャンも怖い馬だが、あちらは久しぶりの競馬で取りこぼす可能性有。
上手く好位から早め先頭で押し切る競馬が出来れば勝ち切ることも出来る可能性はある。
鞍上はベテラン的場騎手。的場騎手乗り替わってから3連勝で息もあうし期待したい。

ご訪問頂きありがとうございました!
頑張っていきますのでよろしくお願い致します。



【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
無料登録はこちらから

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS





今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
無料登録はこちらから
小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。


どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
無料登録はこちらから