2018年10月08日

ダービー勝利、そして5連勝。vsセレッソ大阪(A)

自分は人の好き嫌いはあまりない方だと思うのですが、それでもたまに『どう頑張っても苦手な人』というのに遭遇します。

そういう時は「私の家族や友達はこの人と違って素敵な人たちばかりだな、この人のお陰でそれに気づけて良かった」と思うようにしています。

私にとってセレッソさんはそういう存在です。


どぎついチームカラー、次から次へと繰り出されるチャラい企画、ふざけてんのか真面目なのかよく分からない謎のキャッチコピーが書かれたポスター。

見るもの全てが自分のセンスと相反し「うわ・・・きっつ・・・」とつい脳が拒絶反応を示してしまうのですが、それと同時に「ガンバがこんなチームじゃなくてほんまによかった」とつくづく思うのです。
まあ趣味嗜好は人それぞれですから!


そんなわけで今年も年に2回の面倒な日がやってきました、大阪ダービー。私にとってアウェイのダービーほど面倒なものはありません。

『桜』と謳いつつも本当の桜色とは程遠い、あの毒々しいピンク色のユニフォーム。
あの色のものを今から大量に見なければならないのかと想像するだけで、月曜日の朝みたいなウンザリ感が押し寄せてきます。

しかもアウェイ遠征の醍醐味である『旅するワクワク感』は同じ大阪ですからもちろん皆無です。

乗り飽きた御堂筋線に乗って、あのピンクのワンダーランドに自ら向かうなど正気の沙汰ではありません。

しかし我々ガンバにとっては残留争いから抜け出すためにも絶対に負けられない一戦。
重い腰を上げて敵地・ヤンマースタジアムへ行って参りました。


FullSizeRender


それにしてもさぁ・・・
とっくに応援タイムが始まってるっていうのにキックオフ20分前でこの人の少なさは一体なんなの?
ふざけてんの?やる気見せろよ(怒)
こっちはどんな思いで来てると思ってんだよ!!


しかしなんだかんだ言ってもやはりダービー、周りのガンバサポの声援の力強さに気持ちは高まります。
私は今回ゴール裏にいましたが、メインスタンドのガンバサポの手拍子がとても大きく一体感があって、試合中もとても心強かったです。


試合は前半終了間際にアデミウソンの芸術的ループシュートで1-0!
信じてたよアデーー!‹‹\(´ω` )/››

そのまま後半アディショナルタイムを迎えた時には去年のルヴァン杯準決勝第2戦の悲劇が蘇ってきて、もうマトモな精神状態で見ちゃいられなかったけど、、、そのまま守りきってガンバ勝利!

選手の『絶対に負けられない』という気持ちが端々から伝わってくる試合でした。みんな限界まで戦ってくれていたと思います。

今の状況からしたらダービー云々と言うよりはとにかく勝ち点を一つでも多く、、、と思ってたけど、やっぱりダービーは勝ってなんぼですな!
監督も選手もサポーターもみんな気持ちから負けてなかったもんね!
は〜〜〜気持ちいい。最高!


最近は選手のインタビューを読んでてもチームの雰囲気が良くなって団結してきているのを感じますねぇ。
今ちゃんの復帰や新加入選手の活躍も勿論大きいけど、ここまでチームを導いてきてくれた宮本監督に本当に感謝。


さて次はマリノス戦。
まだまだ油断できない状況に変わりはないけど、泣いても笑っても残り5試合。どうなるか全く先が見えなくて怖いけど、信じて最後まで応援し続けます!