ファミコン、スーパーファミコンなどのレトロゲームのレビューをしています
※レビューしているソフトのリストは、左サイドバーのレビューリストよりご覧下さい


2010年04月25日

ファイナルファイト

スーパーファミコン カプコン 1990年12月21日 ACT

finalfight_01finalfight_02











ストーリー

超犯罪都市メトロシティ。ここには平和も秩序も無い。あるのは暴力と死だけだ。
市長マイク・ハガーは、メトロシティを正義ある町にするため、巨大な暴力集団マッドギアに、徹底的な攻撃を加えた。
だが、彼を待っていたのは、もっとも卑劣な報復だった。

1990年のことである・・・

ハガー 「ん、わたしだ、マイク・ハガーだ」
ダムド 「へっへっへっ、市長さんよ、はじめてお目にかかるなぁ。」
電話を切ろうとするハガーに対し、その男ダムドは告げる。
ダムド 「おっと、電話を切るときっと後悔するぜ。 なにせ娘の命がかかっているからなぁ。」
ハガー 「なに! ジェシカに何をした! きさまはだれだ!」
ダムド 「まあ、あせるな。そこにあるTVをつければ、わかるかもよ。」
そこに映し出されたのは、捕らわれた娘ジェシカの姿であった。

ハガー 「きさまぁ~」
ダムド 「あんたはやりすぎた。町は今までどおり、おれたちマッドギアの好きにさせてもらうぜ。これ以上警察を介入させるなら、ジェシカの命はないと思いな。」

ジェシカがさらわれた報せは、恋人コーディーのもとにも伝わる。
コーディー 「なにっ! ジェシカがさらわれただと! なんと卑怯な! マッドギアめ、おれがぶっつぶしてやるぜ!」


操作方法など

十字キー: 移動
Bボタン: ジャンプ
Yボタン: 攻撃
B+Yボタン: 必殺技
L+スタートボタン: オプション画面を開く(タイトル画面時のみ)

その他基本技
連続技: Yボタン連打(攻撃中に十字キー上or下を押すと、最後に投げ攻撃)
ジャンプ技: ジャンプ中にYボタン(十字キー左右、下、押さない場合でそれぞれ異なる)
つかみ技: 相手をつかんだ状態でYボタン
                    (十字キー左右、押さない場合でそれぞれ異なる)
                    (ハガーは相手をつかんでジャンプ中にYボタンでパイルドライバー)


レビュー

ベルトスクロールアクションの代名詞ともいえる名作で、大ヒットとなったアーケードからの移植作。SFC初期の作品でありながら、アーケードさながらのグラフィック、キャラの大きさが再現されているのが魅力である。

ベルトスクロールタイプのアクションゲームで、次々と現れる敵をパンチや投げ、必殺技を駆使してなぎ倒しながら進んでいく。全5ステージで、各ステージの最後にはボスが登場する。ライフ制となっており、敵の攻撃を受けると画面上部の体力ゲージが減っていく。ゲージが0になると1ミスとなり、残機がなくなるとゲームオーバーである。コンティニューは3回まで可能で、その場合はゲームオーバーとなったステージの最初からやり直しとなる。

SFCの性能や当時のROM容量の限界などの理由でアーケード版の完全移植とはならず、主に以下の点が変更されている。
・使用キャラがコーディとハガーの2人のみで、ガイが使用できない
・アーケード版のステージ4が削除され、ステージ数が1つ少ない
・2人同時プレイができない
・画面内に同時に登場する敵が最大で3人までに減少

自分はアーケード版は未プレイなので移植に関する評価はできないが、他の方のレビューを読むとおおむね好評のようである。上記の削られた点に関しても、SFCの性能を考えれば仕方なく、むしろSFCでよくぞここまで頑張ったという感想の方が多かった。
ガイが使用できない点については、後にガイとハガーの2人が使用できる「ファイナルファイト・ガイ」が発売されている。内容に関しては、ガイが使用できる以外はほぼ本作と同等のようである。

finalfight_04finalfight_03











難易度はかなり高く感じた。アーケード版と比較すると、SFC版は一画面に登場する敵キャラの数は減っているかわりに、敵の攻撃力が上がっているようである。自分はデフォルトの設定(難易度4、残機6)で何とかクリアできるレベルであり、デフォルトの難易度でもかなり難しく感じた。特にステージ4のボス「アビゲイル」は、不用意に近づくと異様に長いリーチでつかまれてしまい大ダメージを受ける。若干インチキくささも感じるがかなりの強敵だ。自分はあまり攻略は見ないでプレイする方だが、どうしてもアビゲイルを倒すことが出来なかったので、攻略サイトを見てしまった。

自分がプレイしたSFCのベルトスクロールの中では、やはりこのファイナルファイトシリーズが一番出来が良いと感じた。発売から20年経った今でも十分楽しめる名作だと思う。他の作品と比べて本作はプレイ時の爽快感が高く、大きなキャラの敵をまとめてバッタバッタと倒していくのは非常に気持ちがいい。他作品も出来が良いものはあると思うが、ファイナルファイトのような爽快感が感じられるゲームは自分がプレイした中ではまだない。本作の爽快感が高い理由について自分ではうまく説明できないが、操作性やキャラの動き、効果音などの色々な要素をひっくるめて差が出ているのではないかと思う。

1つだけ残念な点は、所々で処理落ちが生じる点である。ドラム缶が転がってきたりアンドレなどの大きなキャラが複数登場するシーンでよく処理落ちが起きる。シューティングゲームなどでは、よく「処理落ちに助けられた」といって、処理落ちでスピードが落ちることにより激しい弾幕をうまくかわせたりすることもある。だが、本作では処理落ちが発生するとパンチやジャンプの出が非常に悪くなってしまい、処理落ちは不利な方向に働く。アンドレが突進してきた瞬間に処理落ちが起きて急に動きが悪くなり、何も出来ずに突進を食らってしまうこともしばしば。ただ処理落ちの発生頻度としてはそれほど多くはないので、ゲーム性を大きく損なうようなことはない。

本作はPS2の「カプコン クラシックスコレクション」でアーケードの完全移植版も発売されているので、機会があればそちらもプレイしてみたい。なお、SFCではファイナルファイト2、ファイナルファイトタフの続編が出ている。

finalfight_06finalfight_05










記事をご覧頂きありがとうございました
ブログランキングに参加しています。宜しければクリックして頂けるとありがたいです
            ↓                                   ↓
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ




駿河屋 ファイナルファイト



ファミコンデパート ファイナルファイト



プレイ動画






game_retro at 22:31│Comments(3)TrackBack(1) SFC ハ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ファイナルファイト  [ ファミコンゲーム情報AtoZ ]   2010年11月21日 14:17
■タイトル:ファイナルファイト [動画][画像][Y][ニ] ■読みかた:ふぁいなるふぁいと ■英字表記:Final Fight [動画][画像][Y][ニ] ■ジャンル:アクションゲーム [抽出][記事検索] ■メーカー:カプコ...

この記事へのコメント

1. Posted by ぱに~に   2010年04月26日 22:15
ファイナルファイト好きだったなぁ
SFCで出たときもチェックしてたんだけどガイが使えないって知って結構ショックだったなぁ
一時期はFFっていうと仲間うちではこっちを指してました(笑)
2. Posted by game_retro   2010年04月27日 12:00
>>ぱに~にさん
ガイは結構人気ありますね。
自分はハガーが好きなんですが、ハガーは動きが遅いので自分の腕ではクリアできないんですよね。
なのでいつもはコーディー使ってます(笑)
3. Posted by ぱに~に   2010年04月27日 22:15
スピード系をついつい使っちゃうんでガイになっちゃうんですよ
ハガーとかパワー系は上級者向けなゲームが多いですよね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
リンク
 レトロゲーム関連 

ファミコンゲーム情報AtoZ
ファミコン・スーパーファミコンの情報、動画・目録を日々蓄積しています

ゆりゅりとげーむで暇つぶし
ちょっと古ゲーのプレイ日記+攻略です


ファミコンソフトのレビューやレアソフト、周辺機器の紹介など、様々な情報が満載です

ファミコンのネタ!! ブログ
ネットで見つけたファミコンニュース、ファミコン関連アイテム、オロチさんのファミコン思い出話、ネタ話など・・・


ファミコン、スーファミソフトの説明書の内容を、原本にほぼ忠実に掲載されております

休日のゲーマー
ゲームの攻略、紹介のブログです。FC、SFCソフトを中心に攻略してます!


ゲームカクテルをつくってみた
レトロゲームから最新ゲームの紹介と、そのゲームにちなんだオリジナルのカクテルを紹介されております。

プロフィール

白パル

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング