2013年10月16日

サカつく2013 プレイ日記part02

いよいよ、J2開幕!
その前にコメント返信をば。

>>トモ
>脅迫とは心外だな(笑)
>EDITのスロット回してる時点で既にvita版買って良かったって漏らしてただろ!
>ま、これから期待してるよ〜!

あれを脅迫と言わず何と言う!
まぁ、確かに今は心底vitaにしといて良かったって思ってるけどな(笑)


では、プレイ日記再開。

キャンプは当然海外に行ける資金はなく、とりあえず国内でオフェンス重視の大阪へ。
練習試合は同じJ2で争うことになるであろうガンバ大阪と対戦。
戦力的にガンバがJ2の優勝候補は間違いないので、どのくらい差があるのか知りたくて挑戦。

練習試合とはいえ、初陣である。
やっぱり勝ちたい気持ちはあるものの、ガンバは遠慮なしで襲い掛かる…。

1−3で敗戦。
唯一の光はエディットがゴールを決めたことくらいかな。
てか、エディットのグラフのデカさは、国内クラブの選手はさることながら、
海外のトップクラブのスタメンと比べても遜色ないくらいだ。

そして、いよいよ開幕戦。
相手は横浜FC。カズがいるクラブである。
しかーし、素質的には世界対等のカズも寄る年波には勝てないせいかベンチだった。
それでもスタメンのFWより、グラフはデカいんだけど、それいいのか横浜FC!

エディットがいきなりの大暴れ。
堂々の2得点で鮮烈なデビュー戦を飾る。
宇佐美→エディットのホットラインはチームの要になりそうだ。

守備陣も森脇、増嶋が入って安定してたが、途中交代で出てきたカズに終了間際に失点を許す。
結果、2−1で勝ったものの、エディットのワンマンチームになりそうな予感…。

その不安は的中する。
エディットがほとんどの試合で毎試合2ゴールする活躍を見せるが、
守備面で不安を見せて、勝ち点を取り逃すことが多い。

やはり初期メンのGKがやはり懸念材料かな…。
ってことで、未所属リストに出てた外国人GKのマリオを年俸2500万で獲得。
素質はかなりレベルだが、初期メンのそれなりレベルよりはマシだろ。

あと、ある程度資金が溜まったところで、ポジ適性が広い選手の獲得を狙う。
前作でも世話になったレッズの阿部と山田暢に白羽の矢を立てる。

第1希望だった阿部には断られるが、山田暢のレンタルに成功。年俸4000万。
GK中盤に厚みを持たせたことで、攻撃する時間が増えた。
それはイコール守備の時間が少なくなるということで失点も減ってきた。

シーズン後半に入る頃には、ほぼガンバ大阪との一騎打ちの状態になる。
ちなみにエディットは2位に10点以上差をつけて、得点ランキングを独走(笑)

ある程度資金も貯まって来たし、クラブハウス施設に目を向ける。
疲労回復のマッサージルームと練習場に芝を設置しようと思ってたんだけど、
ふと、ドイツのクラブを見てた時にある選手に目が止まってしまう…


長谷部 (※ゲーム内では仮名の長谷山です)


能力は申し分なく、DMF、右SMFがこなせて、キャプテンシーやイケメンまで付いてる。
前作では素質が世界対等だったが、今作でも世界で通用に格下げになっている。
ということは、移籍金も安くなってるんじゃね?ってことで、ダメ元でオファー。

スカウトがどんな交渉をしたのか知らないが、この骨が折れそうなオファーを見事に成功させる。
最初の提示から減額しまくって、移籍金3億8000万、年俸1億2000万で完全移籍に成功。

おかげで貯め込んでた資金がすっからかんに…
しかし、それ以上に得たものは多い……はず(笑)

とりあえず、山田を右SDF、長谷部を右SMFとして起用。
本当は長谷部は本職のDMFで起用しても良かったんだけど、
山田がいるし、手薄な右サイドを強化したかったからね。


FW            エディット
OMF           バスロマル
SMF   宇佐美               長谷部
DMF         初期     山田直
SDF   増嶋                 山田暢
CDF         初期      森脇
GK              マリオ


かなりチームとしての形が見えてきた。
しかし、早く初期メンを世界に出るレベルくらいに変えねば…。

後半戦に突入。
長谷部と山田暢の加入により、どの試合でも戦況が良くなり、J2ではほぼ負けなし状態になった。
あれだけ遠かったガンバも捕えて、J2の首位に立ち、そのまま1年目でJ2優勝を決める。

ジャパンカップは対戦相手に恵まれたのか、強いチームと当たらずに、
あれよあれよと勝ち進んで決勝はガンバとのJ2対決を制して優勝。

ニューイヤーカップも決勝のマリノスまでは、それほど強い相手と当たらず、
決勝でもマリノス相手に3−1の快勝で優勝し、いきなり国内タイトルを総ナメ状態!

当然ながらエディットが個人タイトルを独占!
試合数の約2倍の得点を稼ぎ出して、チームの得点のおよそ70%がエディットというチートっぷり。

最高の結果で来季はJ1に乗り込むぜ!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/game_simple/52070706
この記事へのコメント
EDITのルーレットはダルいよな。
毎回早く全権監督としての手腕を振るいたいという衝動を抑えてひたすら
EDIT作りするんだけど、なかなかいい選手出来ないしな。
もっと簡単にいいEDIT作りたいもんだ。

ジョージのプレイ日記見てたら俺もプレイ日記したくなったけど、
もう7年目まで進んでるから書けねぇ…

しかしJ2昇格初年度から日本代表のキャプテンがいるチームって凄いよな(笑)
Posted by トモ at 2013年10月17日 09:18