269784ee チェコの南モラビアにあるズノイモ市で英語を教える女英語教師、Miroslava Prillerova(35歳)が、18歳少年とセックスしている所を少年の友人が携帯電話にて撮影、
この動画がネットに流出しちょっとした事件となっている模様です。  撮影した日は2008年の大晦日だそうで、飲みすぎちゃった女教師はいろんな部分がコントロールできなかった模様。この動画の存在を知ってしまった女教 師の通う学校の父兄たちは激怒し同校にこの教師の解任要求をつきつけましたが、少年の年齢が18歳というぎりぎり未成年ではない点、学校外で行われたプラ イベートな活動であることから規則違反にはあたらないと校長先生は解任するつもりはないそうです。

動画は5分間で、携帯で撮られたものとみられ、映っているのはチェコの南モラビアにあるズノイモ市で英語を教えるMiroslava Prillerova(35歳)とKarel Kucera(18歳)。撮っているのはKuceraの友人とみられ、2人に行為を指示する声も聞こえてきます。

動画はすでに何千というネットユーザに見られ、これを知った学校の父兄らが激怒、Prillerovaを解雇するよう求めています。しかしながら同校の校長Miroslav Krivanekは「少年は未成年ではなく、学校外でおこなわれたことなので規則を破っているとはいえず、辞めさせることはできない」と述べています。

動画が流出したことがわかってから病気を理由に欠勤している女教師Prillerovaは、次のように弁明しています。「大晦日だったの。あたしとKarelはちょっと飲み過ぎたのよ。で、コントロールできなかったのね」
Prillerovaとセックスしたティーン、および撮影した友人が、同校の生徒だったかどうかは記事元からは不明です。