PUZZLE MANIA

~puzzle game multi title tournament~
パズルゲーム複数タイトル大会運営ブログです。
略してぴーまに。 ぴーまにWikiもご覧下さい

ゲームニュートン大山店さんにあるパズルゲームタイトル。

ぴーまにの会場として使用させていただいている
ゲームニュートン大山店さんのパズルゲームタイトルを以下に記します。

以下のタイトルは常設ではないので、プレイしたい場合は事前に
問い合わせが必要です。

1時間1000円で対戦台貸切のサービスもあります。
(ALL.Net P-ras MULTI・NESiCAxLiveなどの課金が発生するものは2000円になります。)
 
大山ニュートンさんの所持基盤
・ぷよ通(複数有)
・TGM TAP
・マジドロ3(複数有) ほか

 CEF所持基盤
・ときメモぱずるだま
・たころん
・ばくばくアニマル
・花組対戦コラムス
・ポチッとにゃー
・ぷよぷよ 
・スーパーパズルファイター2X
・マネーアイドルエクスチェンジャー
・戦球
・ぷよぷよSUN
・上海 万里の長城
・ぱにっくボンバー

ふなっこさんの所持基板
あずまんが大王パズルボブル
スタックコラムス
 
こちらの情報に誤りやお亡くなりがあった場合コメントで連絡いただけると幸いです。 

ゲーセンイベントを行うために④

今までの話だけではゲーセンイベントは敷居が高いと思うかもしれませんが、今回はメリットについて書いていこうと思います。

最大のメリットはとにかく楽!

ゲーセンの努力の上で成り立っているので、こういうこと書いちゃうと怒られるかもしれませんが、
①機材がいらない
②機材に対する知識がいらない
③場所代がいらない
④イベントノウハウはゲーセン側が持っている

ライブハウスなどを借りてイベントを行った人がこれを見ると、どれだけこれが素晴らしいことかわかるはずです。
例えば、PUZZLE MANIA 13thでは、大会の行うために私が持参したものは参加費だけです。(ニュートンさんへのお土産や大会の優勝賞品は持っていきましたが、なきゃないでよいものです)

これがライブハウスなんかを借りて同じようなイベントを行うとなると、
まず、機材の搬入、設営が必要になります。
LANケーブルや電気のケーブル、音響機器のケーブルなどもどれだけの長さが必要か事前に把握する必要があります。
エントリーシート、トーナメント表を作成し、持ち込む必要があります。
会場の電気使用量のキャパシティも把握していないと大惨事になります。
 そして、イベントの成功失敗関係なく場所代がかかります。
イベント後の原状復帰も結構手間のかかる作業です。
搬入した機材は持ち帰る必要があります。

先日開催されたPUZZLE MANIA13thですが、上記のようなことは一切やっていません。 
これは逆に、イベントのノウハウを持った人がいるということがどれだけ重要かという意味でもあります。 
 
ライブハウスなんかを借りてイベントを行う場合でも「ノウハウを持った人とうまく付き合うこと」に意識してみてください。きっとイベントはより良いものになるはずです。
そして、自身もノウハウを蓄積し、 ノウハウを持った人になることで新しいかかわりが生まれるでしょう。

PUZZLE MANIA 13th 動画UPしました。

大会動画をUPしました。
http://www.nicovideo.jp/mylist/58309881
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ