ダウンロード (5)宮城・山形両県にまたがる蔵王山でやや小さな火山性微動が発生したと仙台管区気象台が発表。(9日午前5時5分頃

山形大学による8日の調査で、火口湖の「御釜おかま」の湖面に白濁が確認された。

気象台は「現時点で、それ以上の異常は認められていない」とコメント。
 

 蔵王山では昨年1月、火山性微動が2010年9月の観測開始以来初めて確認された。

今年9月30日以降も火山性地震や微動が相次いでおり、9日の微動もこの活動の一環とみている。


蔵王山は1940年の小規模噴火を最後に噴火していないが、同気象台は警戒を呼びかけている。
 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141009-OYT1T50051.html?from=ytop_main3