VIPPERな僕.com

2chscからのニュース速報や雑談ネタを更新します

2014年08月

ダウンロード (19)トレンチコート・マフィアと自称する同校の生徒、エリック・ハリスとディラン・クレボルドが銃を乱射、12名の生徒および1名の教師を射殺し、両名は自殺した。

重軽傷者は24名。アメリカの学校における銃乱射事件としては、犠牲者数において
1966年に起きたテキサスタワー乱射事件に次いで大規模なものであった(当時、その後2007年に33人が死亡したバージニア工科大学銃乱射事件が起きた)。

事件の舞台となったコロンバイン高校に在学していたエリック・ハリスとディラン・クレボルドは、この高校に入学してしばらくを経た頃からその卒業の頃までにわたって、同校の一部の生徒らのいじめの対象になっていたという。

校内のいわゆる人気集団のクリーク(派閥)の生徒らから毎日のように小突かれる2人の姿や、その人気集団の生徒らと深い親交を持つ女子生徒らが2人と一緒にいた女子生徒を嘲る、時に2人を直接嘲る場面などが日常的にあったとの証言があり、彼らの共通の知り合いでのちに独白録を出版もしたブルックス・ブラウンは、2人がファゴット(faggot/「オカマ野郎」「ホモ野郎」というような意味の罵り言葉)と罵られるところや、ハリスがロッカーに押し込まれるところ、2人が車の中から物を投げつけられるところなどを目撃している。

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/archives/1140025289/0- 

こうしたいじめの対象となっていたのはハリスとクレボルドのほかにもおり、そうした生徒らのうちの幾らかが一種の自警団としての結束を旨に、自身らを「トレンチコート・マフィア」と自称するようになる。ハリスとクレボルドはこの集団のリーダーと共通の友人であった。黒色のトレンチコートをシンボルとしたこの「トレンチコート・マフィア」に所属していた生徒らは、この事件が発生するより前にその全員が卒業ないしは退学している。

ブルックス・ブラウンは「日常的に行われていたそのいじめが、2人の絆を強くしていた」と語る。彼らを圧迫していた生徒らは、この高校で力を持つ(いわゆる「幅を利かせている」)者たちだった。事件の当日、2人は彼らのことを「ジョック」と呼んだ。 

 
【コロンバイン高校銃乱射事件(画像)のまとめ会議!エリック・ハリスとディラン・クレボルドの心の闇】の続きを読む
 

images (23)「ダウンタウン」の松本人志(50)が31日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。父・譲一さん(享年81)が今月18日に亡くなったことを明らかにした。所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーも松本のテレビ発表後、ファクスで発表した。

 「この間、お葬式が滞りなく終わりまして。オヤジが完全に焼き上がりましたので」とジョークを交えて語った。スタジオの何とも言えぬ雰囲気に「(共演者に)どうしていいか分からないでしょ。香典いただいていいですか」と、あえて笑いを誘った。

 父の容態が悪く、例年の北海道旅行をやめ、大阪旅行に変更。そうすると「初日がお葬式になった」という。

 「そんなにオヤジとは折り合いがよくなかったんで。最終的には僕のこと、1回も褒めてくれなかったんで。オヤジが死んでも別にいいかなと思っていたんですけど、思ったより(グッと)来やがるな」と父との別れを語った。

 所属事務所によると、通夜ならびに葬儀・告別式は近親者で既に執り行い「訃報のご連絡も法要後とさせていただきました」とした。

 松本譲一さんは2002年8月放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に出演。「松本VS浜田対決シリーズ 罰ゲーム」で、松本一家5人が早朝、戦隊ヒーローショー「松本レンジャイ」を演じたもの。譲一さんは仮眠を取った後、台詞や振付を全部忘れるなどグダグダで、笑いを取っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9202064/ 
 

ダウンロード (10)新幹線沿いの野立て看板といえば、多くの人が目にしたことがある「727」。

これは、化粧品製造・販売会社「セブンツーセブン」(本社・大阪)の商品。同社との契約美容室でしか手に入らない化粧品だ。


他社がやっていない広告の独自性を追求し、選択したのが野立て看板だったという。東海道新幹線沿いに初めて設置したのは1979年で、今は約5分に1本見えるくらいのペースで設置しているとか。その効果については、

ダウンロード (11)images (16)images (17)「多くの愛用者様がおられるので、広告効果があったのではないかと
考えております」
 

堺市の北野礼一市議(68)の2013年度政務活動費で、収支報告書に添付した領収書200枚(約37万6000円分)に事実と異なる記載があったことが分かった。

コピー機のない店の領収書に「コピー代」と記載、切手購入の領収書に本来不要な消費税分が含まれていた。
北野礼一市議は取材に「領収書の品目は妻が書き、間違えた。全額が政活費でなかった可能性もある」と非を認め、報告書を訂正、一部を返還する意向を示した。

堺市内のドラッグストア4店が発行した領収書28枚(計約6万4000円分)で、購入品目に「コピー代」や「切手代」と記載されていたが、店にコピー機はなく、切手も売っていなかった。

コピー機のない食料品店3店でも同様に約6万5000円分を「コピー代」としていた。切手の領収書114枚(約11万9000円分)で、本来不要な消費税分が含まれていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000009-mai-pol
 

自治労大会参加のため訪れていた大分県別府市の路上で女性を押し倒したとして暴行の疑いで、秋田県能代市二ツ井地域局建設課主査で市役所職員労働組合副委員長の安井和輝容疑者(42)=能代市鰄淵(かいらげふち)=を逮捕した。

8月30日午前2時20分ごろ、別府市野口元町の市道で市内のアルバイト女性(23)の両肩を両手で突き、路上に押し倒したとしている。

 通報を受けて捜していた警察官が同日午前4時すぎ、大分市の路上で安井和輝容疑者を見つけた。別府署によると、「酒を飲んでいた。暴行した記憶はない」と供述。呼気からアルコールが検出された。

安井和輝容疑者は28~29日に別府市で開かれた自治労大会に出席するため、28日から休暇を取っていた。市総務課は「逮捕されたことは遺憾だが、事実確認ができておらずコメントできない」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140831/crm14083113030004-n1.htm 

 

このページのトップヘ