VIPPERな僕.com

2chscからのニュース速報や雑談ネタを更新します

訴訟ニュース

1: 転載したらダメダメ ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 23:22:25.80 ID:???0.net
no title


腕にたばこの火を押し付けられ多数のヤケドの痕が残ったなどとして、宮城県仙台市内の高校に通っていた少年が当時の同級生を相手どり損害賠償を求めている裁判が4日から始まった。

原告の少年(18)は2012年5月、腕にたばこの火を押し付けられ、多数の痕が残ったなどとして、当時、同級生だった男子生徒とその両親に、5300万円あまりの損害賠償を求めている。

 裁判は4日から仙台地裁で始まり、被告の元同級生側は、腕にたばこの火を押し付けた加害行為については認めた。

その一方で、加害行為は「原告の少年の依頼に基づき行われた」などと主張。「違法性はなかった」として、訴えを退けるよう求めた。

次回の裁判は来月16日に開かれる予定。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409840545/l50

http://news.livedoor.com/article/detail/9219614/

【【仙台育英のタバコ根性焼き事件】宮城県仙台市内のいじめ(火傷)を受けた元高校生の元同級生と両親に5300万円を請求】の続きを読む
 

images (42)2013年12月、アメリカ・ユタ州の二人以上の妻をもつブラウン氏は起訴され、判事は一夫多妻制の禁止は違憲だと言い渡したが、物議を醸すので最終の審理は行われていなかった。

米ニュースサイトbuzzfeed.comの8月28日付記事では、ユタ州の判事は27日に最終判決を下した。ブラウン一家の勝利だけではなく、ユタ州で一夫多妻制を認められるきっかけになった。

ソルトレークシティの判事は、ユタ州の一夫多妻制禁止決定は違憲だと宣言。

 ブラウン一家の合法的な権利が侵害されていたとして賠償金の支給を命じた。

この判決は、ユタ州で一夫多妻制合法化の時代の到来を意味している。ところが、誰でも二人以上の妻をもつという意味ではなく、ユタ州の一夫多妻は同棲に限られる。

ユタ州司法長官事務所は、上訴するかどうかを決めるために、ブラウン氏への判決を調査している。一夫多妻制支持者の多くは、合法的な婚姻を求めないので、判決による生活の影響は大きくない。

http://news.livedoor.com/article/detail/9211107/ 

ダウンロードmncv金閣寺に勤務していた男性が同僚を中傷する手紙を書いたと決めつけられ不当解雇されたとして、同寺に地位確認などを求めた訴訟の判決が28日、地裁であった。

石村智裁判官は「筆跡鑑定の結果から男性が手紙を書いたと断定することはできない」として、男性の訴えを認めた。


判決では、男性は2005年から同寺で夜間警備や参拝客の受け付けなどを担当していたが、11年に同僚を名指しし「仕事をすっぽかす」「金閣寺は不倫の宝庫」などとする手紙を寺に出したとして解雇された。
 

 寺側は2回にわたる筆跡鑑定で手紙は男性が書いたと主張したが、石村裁判官は、地裁の鑑定では「別人の筆跡と推定される」と判断されたことや、同僚との間に表立ったトラブルはなかったことなどを挙げ、「解雇は無効」とした。

 同寺は「判決を確認しておらず、コメントできない」としている。 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140828-OYT1T50156.html?from=y10 

銀行の窓口担当者の不注意で実の娘に預金を勝手に引き出されたとして、埼玉県の男性が三菱東京UFJ銀行に2千万円余りの損害賠償を求めた訴訟の判決。

東京地裁は21日、銀行側のミスを認め、請求を全面的に認めた。

 判決によると平成24年8月、娘が男性宅から通帳や印鑑を持ち出し、草加支店の担当者に「父は出張で来られない。自宅の建て替えで現金が必要」と説明して預金のほぼ全額の2082万円を引き出した。

娘はその後、所在不明となった。 

今井和桂子裁判官は、娘が直前にコンビニの現金自動預払機(ATM)で12回、口座から現金を引き出していたことを挙げ「男性の意思に反する引き出しを疑わせる不審な行為」と指摘。

疑問を抱かず、男性本人の意思も確認しなかったとして過失を認めた。三菱東京UFJ銀行は「判決内容を精査し、対応を検討する」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140821/trl14082119030004-n1.htm 

ダウンロード (53)スイス在住の資産家で金融会社役員だった霜見誠さん夫婦が一時帰国中に殺害された事件。

強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた知人で元会社役員の渡辺剛被告(44)は19日、東京地裁(田辺三保子裁判長)の裁判員裁判初公判で「私の手で首を絞めていない」と強盗殺人罪について無罪を主張。

霜見誠さんと妻、美重さんの夫婦は平成24年12月、東京・銀座のマンションを出た後、行方が分からなくなり、25年1月に埼玉県久喜市の空き地で遺体が発見された。

渡辺剛被告は2人の首をロープで絞めて殺害し、財布など計8点(29万円相当)を奪って、空き地に遺体を埋めたとされる。

また、元部下の男(42)=詐欺未遂罪で有罪確定=と共謀し、霜見さんのクレジットカードで新幹線回数券(約381万円相当)を購入しようとした、として詐欺未遂罪でも起訴された。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140819/trl14081910500001-n1.htm

 

このページのトップヘ