VIPPERな僕.com

2chscからのニュース速報や雑談ネタを更新します

塩村文夏

 6月18日、東京都議会で塩村文夏議員が質問中に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとセクハラ的な内容の野次を浴び、23日には発言を名乗り出た鈴木章浩議員が塩村議員へ謝罪。

さらに鈴木議員以外からも同様の野次が上がっていたため、塩村議員は24日、名乗り出ない議員を刑事告訴する可能性を表明したが、都議会は鈴木議員以外の発言者を特定する決議を否決。

もっと詳しく

 
 

27日、報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)が、都議会で塩村文夏議員に浴びせられたセクハラやじについて、新たな音声を元に「複数のやじが確認できた」と報じた。

この日の放送では「都議会セクハラ暴言『複数人』 新たな音声から続々判明」と題し、議場にいた朝日新聞の記者がICレコーダーで録音した音声を、都議会の映像と併せて検証した。

続きを読む 

先日、ガジェット通信では
「議員になる数年前のツイートとはいえ、適切ではありませんでした」 塩村文夏都議が年の差婚に関する過去のツイートを謝罪という記事をお伝えした。

いわゆる“年の差婚”に関して、塩村都議が議員になる前に不適切なツイートを行っていたとして謝罪し、当該ツイートを削除したというもの。

続きを読む 

 東京都議会で塩村文夏都議(35)にセクハラやじが飛んだ問題で、民主党の山下太郎都議(41)が「頑張れよ」とのやじを認めていたことが29日、民主会派幹部への取材で分かった。

幹部は「セクハラではない」と述べた。やじ発言を認めた都議は2人目。

 幹部によると、20日の民主会派の会合で山下都議がやじについて説明。

「動揺しちゃったじゃないか」との発言も認めた。ほかの都議からは、やじを認める発言はなかったという。

続きを読む 

都議会の塩村文夏議員へのヤジ事件は、発言者の鈴木章浩都議が謝罪したことにより一応、収束したかのように見えたが、ここにきて逆に、被害者の塩村都議へのバッシングが活発になっている。

涙のヒロイン 塩村文夏「華麗なる履歴」
▼たけしの熱湯コマーシャルビキニで写真集PR
▼維新塾からみんなのアイドルに 朝日記者大企業御曹司にも大モテ
▼恋から秘話「別れた男から1500万円」にさんまも絶句
▼許可なしポスター地元でヒンシュク 家賃未払いで訴えられた!

との見出しで、グラビアアイドルやエッセイストとしてテレビ出演し、ビキニ姿や過激な恋愛トークを披露した過去を報じている。

続きを読む 

このページのトップヘ