VIPPERな僕.com

2chscからのニュース速報や雑談ネタを更新します

本田圭佑

scr14090101310002-n1サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)は31日、各地で行われ、ACミランの本田圭佑はホームのラツィオ戦にFWで先発し、前半7分ごろにカウンターからサイドを駆け上がり、左クロスを落ち着いて蹴り込んだ。

プレシーズンマッチから調子を上げていたのでよかったのひとこと。

もってるおとこは違いますね!

先発メンバーに選ばれ前半の7分でゴールを決めるところはしびれます。

トーレスもチェルシーからレンタル移籍ということなので今年のミランは上位に食い込めるかもしれません。

しかしバロテッリがいなくなったのがさみしいな。
 
 

 日本代表は1次リーグ2試合を終えて1分け1敗。最終コロンビア戦(6月24日=日本時間6月25日)では決勝トーナメント進出の可能性がわずかに残っていた。


 このころ、代表宿舎内では、いても立ってもいられない選手たちが何人かのグループでミーティングを行う光景が見られた。

そこでは誰からともなく、こんな声が飛び交ったという。

「圭佑の調子は明らかに良くないのに、なんで試合に出られるんだ」「(中村)憲剛さん(33=川崎)がいれば…」。公然とFW本田圭佑(28=ACミラン)への不満を口にする選手が出てきたのだ。

続きを読む 

【惨敗ザックジャパン 崩壊の裏側(3)】日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)は5月12日、W杯に臨むメンバー23人を発表。約2年半ぶりにFW大久保嘉人(32=川崎)をサプライズ選出した。

 世間から待望論が出ていた昨季J1得点王。今季もゴールを量産し、日本代表に勢いと刺激を与える存在として周囲の期待も高まった。

日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(77)も「思い切りの良さが武器。献身的にやってほしい。それが大久保の使命だ」と選出を評価した。

続きを読む 

5大会連続のW杯に挑んだ日本代表はわずかに勝ち点1、1次リーグC組最下位という惨敗に終わった。

 過去最強の陣容をそろえ、史上初の8強入りも期待された中で、なぜ、日本は勝てなかったのか-。「王国」ブラジルで苦戦した原因と4年後に向けた再建の糸口を探った。

続きを読む 

【惨敗ザックジャパン 崩壊の裏側(1)】サッカーW杯ブラジル大会で日本代表はなぜ1勝もできず惨敗したのか――。

前評判は「史上最強」のはずが、1次リーグ3試合で1分け2敗。本来のパフォーマンスを発揮できず、日本中の期待を裏切った。

本紙は短期集中連載で日本代表が崩壊した裏側を暴く。第1回はアルベルト・ザッケローニ監督(61)の“虚像”に迫った。

続きを読む 

このページのトップヘ