2007年03月14日

今週のジャンプ

…さて。去年のベストゲームを書くつもりでしたが軽くスルーしてください。
だってまとまらないんだもの!!( ;´Д`)やってる本数も中途半端だし。
かなり日も開いちゃいましたし…(苦笑)
と、いうわけで、完全に仕切り直しです。機会があればいつか…

さてさて。そんなわけで復帰一回目は、漫画の話題。どうせいろいろ雑誌購読してるんだからレビュー書いてみようかと。と、いうわけで、購入雑誌で、その号で気になった漫画をピックアップしていきます。

今週のジャンプ

●バレーボール使い郷田豪(新連載)
マサルさんに代表される、不思議系主人公に振り回されるタイプの、ハイテンション系ギャグ漫画ですね。
マサルさんと比べるのは酷かもしれませんが、第一話のインパクトがちと弱いかと。これからの伸び次第かな、というのが私の見解であります。

●ONE PIECE(第448話・”モリア”)
正直、出てきたゾンビを即座に土に埋め返すという発想はなかったです(笑)やっぱ尾田先生のギャグは私のツボを的確に突いてきてくれます。
そして、ここで出てくる「七武海」の名前。
…正直、七武海ってなんだっけ、とかちょっと忘れかけてたりもしてましたが(笑)あの用心棒の先生がゲッコーモリアなんでしょうかね?

●NARUTO(ナンバー345:儀式…!!)
NARUTOの感想書くのは初めてなので、ここで宣言してしまいましょう。
「もう正直シカマルが主人公でいいじゃん」(待て)
最近のシカマルの活躍っぷりをみてそう思う今日この頃…
あ。今週のNARUTO…まあいいや、サスケの事なんか(酷)

●サムライうさぎ(第二羽 男は背中じゃ語れない)
先週から始まったこの連載。何故か妙に気に入ってます。
何が、とは上手く説明できないんですけど…全体的に流れるまったりとした笑いが好きなんだと。
固定観念から見える視界をずらし、別の角度から見れば違う世界が見える…という基本スタイルも、固定観念の塊みたいな武家社会を題材にしてるお陰で、上手く行ってるんじゃないかと。
で、今週。
いくら硬派で無口でも、折れた柱をそのまま使ったり、米粒でくっつけるのはあまりと言えばあんまりなんじゃないかと思うんですが(笑)
最後、ちゃんとしたの作り上げてるのを見る限り、もうワザととしか(笑)
にしても、伍助と志乃の夫婦関係は、微笑ましくて良いですなぁ…

●魔人探偵脳噛ネウロ(第100話 幼【おさない】)
完全に吾代と笹塚は水と油ですねぇ(笑)
にしても笹塚さん、睦月ちゃん目にして、「幼女」って。他に言い方あるでしょうに(笑)
いやまあ、私もちょっとばっかり、ソファーにちょこんと座る睦月たんに萌えたりなんかしたり(ちょっと待てや)
…って、あれ?やかね(やこ+あかねちゃん)にちと似てる気が…?(ぉ)
にしてもホント、松井先生はイッちゃってる人描くの上手いなぁ。おじいじゃん、ホントにあぶねぇ(笑)

gamersheaven at 01:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)アニメ・漫画 | ジャンプ

2007年01月05日

2006年のゲームを振り返る

超久々の更新、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は全然ゲームする暇も無ければ買う金も無いです(涙)
やりたいゲーム、一杯あるんですよねぇ…「連合VSZAFT2プラス」もやりたいし、WA5もやりたい…うおお、買う金と暇が欲しい…!!

と、いうわけで(?)、昨年一年で心に残ったゲームを評価して行きたいと思います。順不同、適当に並べてみようと思いますが…下半期は全然新作買ってないので、「買った新作評価編」と「買えなかったソフトの印象編」の二つを書き連ねてみようかと。まずは「買った新作」を、明日から書いていこうかと。とりあえず復帰編として今日はここまで。また明日…

gamersheaven at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲームコラム 

2006年10月11日

久々にガンダムカードビルダーしてみる

90日の免停を食らって以来(ただ短縮講習受けたので正確には45日)、移動手段が自転車になっていたのですっかりゲーセンに行くのがメンドクサクなっておりました…が、先日ようやく明けたので、すっかりご無沙汰になっているゲームをいろいろやってみました。
そんな中でいつの間にかバージョン2になってたGCB(ガンダムカードビルダー)をやったわけですが…
こんなにロックオンし難かったでしたっけ?(TT)
もうロックがどんどんはずれる。そして敵のロックは入る入る。
…私こんなに下手だったかなぁ…?(TT)

さて。そんなこんなで4クレほどやったわけですが、4枚とも旧カードでした。まあ、そんな簡単に新カード出るとは思ってなかったですが…(苦笑)
ただ。そのうち三枚は既出の品だったんですが、一枚だけ未入手の「シャリア・ブル」があったので、ありがたくいただきました(ー人ー)いやはや、これだけでも良しとします。
ところで。対人戦あたったわけですが…イフリート(しかもキャスバル搭乗、シールド二枚持ち)、つえぇ…勝っちゃいましたが(笑)
やっぱ使えますねぇ。スレッガー乗るジェットコアブースター。一発しか弾無いのが玉に瑕ですが(苦笑)。

gamersheaven at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アーケード | GCB(ガンダムカードビルダー)

2006年09月23日

PS3が値下げ

本日の東京ゲームショウ、一般日。ソニー・基調講演のあとに行われたトークセッションにおいて、久夛良木健社長がPS3の下位機種の値下げを発表したそうで。
価格は49980円(税込み)。実に一万円もの値下げを敢行したわけであります。
…まあ、それでも「Wii」はその半額なんですが…(苦笑)
やはりというかなんというか、「Wii」の値段は強力な一撃となって直撃したようですね。
しかも、もう一つオマケに本来上位版にしかつけないはずだった「HDMI端子」を搭載する事に。値下げと相まってお買い得感が上昇した…のですが、ある一つの仮定が浮かび上がってきました。
ひょっとして、最初からある程度余裕を持って値段を付けていたんじゃないか?と。
企業である以上、利益を出さなければなりません。それが技術の全てをつぎ込んだ新型機種ともなれば当然でしょう。
つまり、「HDMI端子付きで49980円にしても利益が出る」からこそ値下げしたんではないか?
まあ、それでも最初の値段に関しては、考えてみればその辺は普通に仕方ないことですけどね。技術開発費は相当かかってるでしょうし。
当然のことながら一台辺りどのくらいの利益が出るのかは全然わからないわけですが、今回の値下げで開発費に対して割が合わなくなってたりして…(^^;
でもここまでスパッと値下げを即断したところを見ると、最初からある程度「Wii」との値段は覚悟していたのかもしれません。で、「Wii」の出方次第で価格を最終的に決めようと最初から考えていたのかも。

…ともあれ、購買者からすれば良い話となったわけですが…やはり気になるのは出荷台数。100000台である以上、結局は値下げしようがどうなろうが、手に入りにくそうなのは変わらないわけで。
大体、50000円でも十分高いし…(苦笑)果たして「Wii」と「PS3」。どうなることやら…

gamersheaven at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ハード | PS3

2006年09月21日

ゴッドハンド

クリアしました。
思ったよりは時間かかったかもしれません。かなりコンティニューしましたしねぇ…(苦笑)

このゲーム。敵の攻撃を上手く避け、ちまちまと敵にダメージを与えて倒す…という、プレイ前のイメージとは180度違うゲームだったという困ったゲームであります。そして、さらに困った(というか困惑した)事に、「これはこれで面白い」と思ったり(笑)
確かに全体的な爽快感は少なめです。ただ、上手く敵を捌いて切り崩していく事に快感を覚えるという、なんとも玄人好みな仕様となっておりまして、そこが気持ち良い。
…ま。私としては最初に抱いていた「敵をばったばったとぶっ飛ばしまくる爽快ゲー」の方が良かったのですが…(苦笑)
とにかく敵が強いので(特に一部のボスはかなりフラストレーション溜まりまくり)、そこを努力と根性と反復練習で乗り越えられる人でないとお勧めできませんね。
とりあえず、一番良かったのは、ストーリーのバカっぽさでしょうか(笑)かなり好きです、このゴッドハンドのノリ(^^)

gamersheaven at 04:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作 | 感想

2006年09月17日

新ハード・Wii

二日ばかり話題が遅れてしまいましたが…
ついに発表されましたね、Wii発売日&価格。12/2に25000円だそうで…
発売日に関しては、予想通り…というか、ちょっと早いですね。12月中旬を予想していたので。問題は価格でしょう。任天堂としては従来の据え置き機(SF、N64、GC)と同じ価格を打ち出したわけですが…対抗馬に当たるPS3と比較すれば、半額以下…高価格版と比べれば1/3近いという状態であります。これは大きい。
そもそも11月だろうが12月だろうが、(収入ある大人のゲーマーはともかくとして)中心ゲーム層である子供にとっては新ハードの購入=クリスマスプレゼントという時期であるわけで。親が「PS3かWiiがほしい」なんていわれればほぼ鉄板で「Wii」を選択するでしょうし。
そもそもオトナだって60000以上の金そうそう出せないですし。それから考えればWiiの有利さはかなり大きいものとなります。
もう一つWiiに有利な報告があります。ご存知の方も多いように、PS3の初期出荷台数がわずか10万台だと言うこと。
PS2が初期出荷で100万台出したと言うのに、圧倒的少数なわけで。DC騒動以下の数字(DCは初期出荷15万台)になりますな。
あまりにも任天堂にとって有利な状況が整いつつある今。懸念されるのは、肝心のwiiの出荷台数。今のDSLiteの状況を見ると、安心は出来ないような気が…

このチャンスに任天堂が覇権を取り戻すのか。ソニーがトップを守り通すのか。
なんにせよ、年末は何かとおおわらわになりそうですねぇ…

gamersheaven at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Wii 

2006年09月12日

今週の注目新作

ゴッドハンド
「大神」で多大なる評価を受けたクローバースタジオの新作であります。

「気ままな流浪のたびをしていたジーンは、「ゴッドハンド狩り」と称するならず者に絡まれていた女を助け、逃がした。が、自身は人間をはるかに越える力と鋼のような肉体を持つならず者に全く歯が立たず、右腕を切り落とされてしまう。悶え、生死の境を彷徨うジーンは、やがて気がつくと、宿屋で目を覚ます。しかも、右腕がある。…なんと、その右腕こそがゴッドハンドであり、これによりゴッドハンドを巡る戦いの宿命を背負う事になるのだった…」

世紀末感ただようストーリーで始まるこのゲーム、そこに広がるのは派手かつバカ(褒め言葉)なバトルアクションであります。
ゴッドハンドで殴れ、蹴れ、吹き飛ばせ、星にしろ!!(笑)
PVを見た限りでは最高にイカすゲームであると期待できました。
そして、「グラスホッパー・マニファクチュア」の高田雅史氏の手がけたBGMもいい感じ!!
…微妙にファミ通の評価が低いですが、基本的にあそこの評価は気にしてないので無視することにします(笑)
今週、買いの一本ですね。


みんなのテニス
ゲームファンである以上、買う買わないは別として、外すことの出来ない作品でありますね。
何しろ、驚異的セールスを誇るゴルフゲー、「みんなのゴルフ」シリーズのスタッフが作り上げたテニスゲーですからねぇ。
ただまあ、体験版の画像を見てると、なんかゴルフに比べ地味〜な感じが否めない気が…多くの人はPS3の「みんゴル5」に期待してるかもしれませんね(^^;

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 炎上! 京都輪廻
るろ剣はこの辺からつまらなくなった気がするんですが…(笑)(まあ最もそのまた次は更に見てられないですが…)そんな志々雄編が題材の「るろ剣」久々の登場であります。
恐らく「武装錬金」がDEEPかつ妙な形で人気が出たので(笑)復活と相成ったんでしょうけど、未だに涼風真世の剣心に慣れません(笑)もし今までアニメ化されていなければ、今なら朴璐美さん辺りが演るんでしょうかね?つか演ってほしい(笑)

gamersheaven at 03:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作 | 感想

2006年09月06日

状況悪化中?

うおお、また長い事更新し損ねた…(涙)

さて、DSライトの新色、「ジェットブラック」発売となりましたが…皆様、店頭で見かけましたでしょうか?(苦笑)
DSライトの安定供給について、夏休み前には「夏休み中には」と言われ、夏休み中には「ジェットブラック発売とともに」安定するといわれていましたが、結局まだまだ品物が無いという状態が続いている次第でございます。
ただ無いだけならまだしも…まあ、これは確たる証拠が無い話なのですが、最近は別の懸念が広がりつつあります。それが、

「ドット抜け」

ここ1、2ヶ月中のニンテンドーDSライトに、いままでより数多くのドット抜けが生じている気がするのです。
その証拠に、いままで全然無かったドット抜けの問い合わせが来ました(ただでさえ販売台数多くは無いのに、この一ヶ月で二件。ちなみに、それまでは発売から件の一ヶ月前まで一件しか問い合わせがありませんでした)。
そして、大手量販店の告知。
これは、某ヨ○バシや某ビッ○などが、「ドット抜けに関する対応」のチラシを本体に差し込んでいるというものです。このことからみてもドット抜けに関する問い合わせが増えているという事が伺えます。
御存知の方も多いかと思いますが、ドット抜けは基本的に「仕様」扱いです。つまり、症状が出ていても「故障ではない」ために保障の対象外になるわけです。要するに「泣き寝入り」しなきゃならないわけですが、もし本当にドット抜けが増えているなら…消費者からすればたまったもんじゃないですわな。
生産台数を増やすために粗製乱造でも行ってるのか何なのか(まあ、そもそも本当にドット抜けが増えてるのかという確証も無いわけですが…)、物が無い上にあってもこういう状況では、困ったもので…
…PSPの初期を見ているような状況になってきましたねぇ…(PSPはまだしも手に入れ易かったですけど)

gamersheaven at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作 | ニンテンドーDS(Lite)

2006年08月13日

かまいたちの夜×3

買いました。クリアしました。
…まあ、実際には発売日に買って、一週間後にはクリアしたんですが…
巷ではいろいろな形で評価が分かれているみたいですが、私的な評価で言えば、「良」といったところでしょうか?


今回の作品は、四人の登場人物の視点を切り替えることによって話を進めていく(まあ、ほとんどはその内三人の選択によって決まるんですが)、「街」のザッピングシステムのような形が採られています。
お陰で一つのストーリーをいろんな形で楽しめるのでこれはこれで楽しかったです。が…同じようなEDを何度も見る羽目になるのだけはちょっと勘弁して欲しかったですねぇ…(^^;

さて、その肝心のストーリーなのですが…
まあ、他の人はいざ知らず、私は我孫子武丸の推理モノに全くもって期待はしてなかったりします(ぇ)。
基本的に文章としてはすごく面白いとは思うのですが、トリックはまあいいとして、犯人設定がいまいちだなぁ、と。1は良いんですが、2の犯人は2の中では終わりまであまり名前出てきてませんでしたからね…(苦笑)
と、いうわけで、推理系以外のところで期待してました。
んで、案の定3も2と同じで、2やってないと犯人に全く持ってピンときません。
つか、やっててもピンと来ない上にミステリーとしてそれはどうよ、って感じでちょっと腑に落ちないわけですが…(笑)
でも紺のしおりをみて全てを許す気になりました。あれは実にミステリーとしては良い出来だったと思います。
…まあ、真犯人一人勝ちエンドですけど…(笑)

あとは、ピンクのしおりが実にいい味出してて良かったです。特に俊夫さんが…(笑)そんなところでしょうか。

各所で言われている通りボリュームが少ないのが欠点ですが、良いと思いますよ?あとは…タダでさえ陰の薄い透が推理面でもあまり役に立ってないのもアレでナニですけど…(笑)

さてさて。次はサウンドノベル新作を待つばかり、ですかね。一体どんなものになるのやら…

gamersheaven at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作 | 感想

2006年08月05日

SDガンダムGジェネレーションポータブル

うおおお、また一週間以上更新してねぇぇぇぇぇ!!(T△T)

まあそれはさて置き(置くな)、今週新作のGジェネポータブルの話。
大して売れ数期待はしてなかったんですが、初回入荷した30本があれよあれよと消えていきました…(汗)
久々のバンダイガンダムゲーのヒット作になりましたねぇ。最近は「ガンダム一年戦争」とか「クライマックスUC」とかでしたから…(苦笑)(「トゥルーオデッセイ」は毛色が違うのでちょっと除外)
しかし、なんでまたいきなりこんな売れたんでしょう?一作前はDSの「GジェネDS」ですが、そっちは大して売れてないし…DSとPSPじゃガンダムゲー購入層に大きな差があった、という事なんでしょうかね?なんだかんだ言ってGジェネファンが多かった、という事で。

gamersheaven at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作