5 コメント

わーい日本語版もきたー。ベセスダさんちほんとすごいなー

『Fallout4:Game of the Year Edition』日本語版の発売日が9月28日に決定しました。今までのDLCが収録された超お買い得版となってます。





Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-09-28)
売り上げランキング: 102


フォールアウト4のゲームオブジイヤー版がついに発売です。再来週。いきなりですがもう予約も始まってました。

XBOXONEでも出るはずなんですが、そちらはまだ商品ページが見つけられませんでした。ちくしょうっ!

「ゲーム オブ ジ イヤー」とは、その作品のダウンロードコンテンツとか全部セットにしたり、特典付けたりして完全版としてあとから発売されるパッケージです。

今回のFO4GOTYは、今まで配信された全DLCが収録された、早い話がいつものGOTY版となっているとの事。

FO4はかなり大量かつ高額なDLCが配信されましたので(全部買うとゲーム本体より高かったかも)、それが全て収録されて、お値段6000円くらいでの発売はめっちゃお買い得です。

FO4はスカイリムとはまた違ったアクションRPG。核戦争後の世界を銃とかパワーアーマーとか使って生き残る、世知辛い未来を楽しめる大人気RPGです。

リアルタイムのアクション性と、コマンドバトルを見事に融合させたシステムや、数々の武器、大量のスキルと楽しいレベル上げ、そしてなにより今作では街が自分の手で好きなように作れるという内容に、大好評を博しました。まあでも街づくりゲーになるんですけど。

FOシリーズ好きさんからは賛否両論ある訳ですが、まあそれは大作シリーズならどのシリーズにもあるもので、間違いなく名作と呼ぶにふさわしい作り込みとボリュームと完成度のRPGです。

DLCで広がった世界を含めると、1か月や2か月じゃ遊びつくせない濃さとなっていますので、面白いRPGがやりたい方、滅びた世界とかレイダーとかいう単語に心惹かれる方、人造人間ぶっ壊したい方などで、まだFO4遊ばれてない方は是非是非この機会にどうぞ。

3~4時間単位で時間が消えていく楽しさを体験できる、かもしれませんよ。

『Fallout4:Game of the Year Edition』は9月28日発売予定だそうです。