北陸新幹線E7系
JR東日本・西日本は、2014年に開業を予定している北陸新幹線(東京~金沢)に導入する新型新幹線『E7系・W7系 ※1』の仕様を公開した。営業最高速度は260km/hで、編成は長野新幹線の8両から12両に増え輸送力もアップする。東北新幹線E5系から導入された新幹線のファーストクラスこと「グランクラス」を搭載することも判明した。車両のデザインコンセプトは『和の未来』。

北陸新幹線E7系仕様
JR東日本公開の資料より、E7系・W7系のエクステリアイメージ。
高速走行のための流線型と日本の伝統的な色使い、新幹線が走行する沿線の風景を融合させ、スピード感と精悍さを表現。先頭形状は環境性能を考慮した空気力学的な最適形状とするデザインを採用。車体上部色を「空色」、車体色を「アイボリーホワイト」、車体中央の帯色を「銅色(カッパー)および空色」としている。

E7系グランクラス
『E7系・W7系』に導入される新幹線のファーストクラスこと「グランクラス」。

※1北陸新幹線はJR東日本と西日本をまたぐため、JR東日本製造の車両は『E7系』、JR西日本製造の車両は『W7系』となる。

情報元:JR東日本
(ライター:ゲームやりすぎ管理人)

Bトレインショーティー 新幹線E5系 Aセット (1・3・5・8号車)
Bトレインショーティー 新幹線E5系 Aセット (1・3・5・8号車)

シェアボタン
    このエントリーをはてなブックマークに追加 






▼ 本日の人気記事を続けて読む

    Twitterでフォローして購読する
    Feedlyで購読する