Google自動運転車
Googleは、実用化に向け走行テストを進めている自動運転技術について、更に進化した公道走行時のメカニズムを解説する動画を公開した。これ、もう人間より優秀なんじゃ…


【スポンサードリンク】
Google自動運転
こちらがGoogleの自動運転車
屋根に付いている機器は360度周囲を認識する目となる 

新たに公開された動画では、道路工事を認識してカラーコーンの間を走行、路上駐車を認識して避ける、踏切を認識して一時停止し前の車が抜けるのを待ってから走行再開、路肩を走る自転車のハンドサインを認識して減速、情報量が多い交差点では、歩行者が横断歩道を渡るのを待機して、更に路肩に突然現れる自転車の巻き込みを防止する様子が確認できる。

Google Self-Driving Car on City Streets

このように人間が行う動作をほぼ一通りこなしており、むしろ注意散漫や疲れない点においては人間より優れている一面もある。Googleの発表よると、既に70万マイル(112万キロ)の走行テストが済んでいるという。

情報元:Google Official Blog 
(ライター:やまびこ)

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加



Twitterでフォローして購読する
Feedlyで購読する

▼ 本日の人気記事を続けて読む