DSC04128
9月19日(金)より販売を開始する4.7インチディスプレイの『iPhone 6』だが、本体に先駆けて既にケースの販売が始まっていたので、先に買ってみたぞ。ハンズオンで片手操作感をチェック。


【スポンサードリンク】
DSC04077
購入したのは、エレコムの『PM-A14TRCR』。
「TR-90」という割れに強い新素材を採用している。液晶保護フィルム付き。
パッケージには「iPhone 6 専用」とは書かれておらず、「for iPhone 2014 4.7inchi」となっていた。これはAppleの正式発表前=『iPhone 6』の正式名称が確定する前から製造していることによるもの。

 DSC04080
メーカー名等の刻印は一切無し。
『iPhone 6』本体のデザインを損なわないシンプルなクリアケースだ。

DSC04083
『iPhone 5』と並べてみた。 

DSC04089
『iPhone 5』と並べて大きさ比較。

DSC04123
『iPhone 5』と重ねてみる。

DSC04125
続いてハンズオン。まずは比較参考用に『iPhone 5』から。

 DSC04128
『iPhone 6』用ケースをハンズオン。しっくりと手に馴染む。
筆者はスマートフォンについては、iPhoneシリーズしか使ったことがなく、
4.0インチ以上が一体どうなるのか心配していたが一安心だ。

DSC04111
親指がディスプレイの対角に届くかだが、無理しない範囲だとこれくらい。
持ち方を少しずらして、グッと親指を伸ばせば対角にギリギリ届く。

『iPhone 6 (4.7インチ)』と『iPhone 6 Plus (5.5インチ)』のどちらを購入するか迷っている人は、既に家電量販店の店頭には、両ケースが並び始めており、いくつかはお試し用に箱から出してあるので、触ってみるとイメージがつきやすいぞ。

▼『iPhone 6 (4.7インチ)』か『iPhone 6 Plus (5.5インチ)』どちらが良い?
何を優先するかによって分かれるので、どちらが上という結論は無い。
筆者も予約直前まで散々悩んだのだが、画面が手元に降りてくる片手操作アシスト機能が付くとはいえ、それでも『iPhone 6 Plus』での片手操作は困難と判断し、『iPhone 6』の方に決めた。また、『iPad mini』を併用しているので、『iPhone 6 Plus』は用途が重なるという理由もある。
一方で、片手操作にこだわらない、『iPad』も併用しない、これ一台!という人はバッテリーとカメラ性能が上の『iPhone 6 Plus』がよいだろう。
他にも、2015年には腕時計型端末『Apple WATCH』の発売も決まっており、買う前提ならば通知や簡易操作は『Apple WATCH』で、『iPhone 6 Plus』は両手が使える状況時のみ使うという考え方もある。
あるいは、各アプリ側が、操作系ボタンを指が届く画面下にもってくる「大画面UI対応」なるアップデートをしてくる可能性もあり、それにより『iPhone 6 Plus』でも片手操作が案外できてしまうかもしれない。
さて、どっちにする?。

(写真・ライター:やまびこ) 
  ELECOM iPhone6 薄型軽量 シェルカバー TR-90ケース クリア PM-A14TRCR
ELECOM iPhone6 薄型軽量 シェルカバー TR-90ケース クリア PM-A14TRCR

iPhone 6 Plus (5.5インチ) はこちら

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加



Twitterでフォローして購読する
Feedlyで購読する

▼ 本日の人気記事を続けて読む