リコール
CoCo壱番屋のビーフカツは氷山の一角だった。ダイコー・みのりフーズによる廃棄食品不正転売問題だが、消費者庁のリコール情報サイトで、判明している商品を画像付きで詳細まで見ることができる。


【スポンサードリンク】
消費者庁:リコール情報サイト
http://www.recall.go.jp/index.php

トップページの上部には「食料品」「家電製品」等のカテゴリがあり、一覧で参照することができる。また、各リコール情報ごとに対象商品の画像・詳細・対応方法(絶対に喫食しないでください等)が書かれている。

リコール2
ダイコー・みのりフーズ不正転売商品の一例

フリーワード検索もあり、使い方として例えば「発火」または「火災」で検索すれば、発火の恐れのある家電製品がズラリと出てくる。家電火災というと中国製品をイメージしがちだが、実は国内メーカー製品でも発火の恐れによるリコールはある。
更に「死亡」で検索してみると、命に関わる危険のある商品のリコール情報も出てくる。

このサイトをチェックして自分の身は自分で守ろう。

(ライター:やまびこ)

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加



Twitterでフォローして購読する
Feedlyで購読する

▼ 本日の人気記事を続けて読む