2019年10月11日

新たなる

gamma_ray_burst at 21:32|PermalinkComments(0)

2019年07月19日

ご報告

 前回更新分の記事において、私の進退について触れました。
 そのことについて中山先生とも相談した結果、2019年7月18日(木)をもって、中山市朗作劇塾を退塾することとなりました。

 作劇塾という場を利用できなかったこと。
 明確な結果が出せなかったこと。
 自分を変えることができなかったこと。

 などが主な理由です。
 詳細については一身上の都合により伏せさせて頂きますが、全ての理由は中山先生にお伝えし、納得して頂いた末の結論です。

 退塾するとは言っても、当ブログや私個人のツイッターなどは継続します。プロフィール欄は書き換えて、これからは東野明という一個人としてのSNSに改装します。

 中山先生を始めとして、ご指導を頂いた皆様。
 応援してくださった皆様。
 期待を寄せてくださった皆様。

 私の努力不足によってこのような結果になり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 今までお世話になりました。
 本当にありがとうございました。

gamma_ray_burst at 20:30|PermalinkComments(0)

2019年07月16日

十年一昔

 まだ先の話だが、あと1ヶ月ほどで、このブログを始めて10年になる。
 「十年一昔」とはよく言うが、これだけ変化の速い今の時代では「大昔」という気がする。

 「この10年で自分の何が変わったのか?」と自問せざるを得ない。

 あいかわらずの塾生で、
 あいかわらずの作家志望で、
 あいかわらずのSFファンで、
 あいかわらずの会社員で、
 あいかわらずの独身。

 大して何も変わってはいない。

 文章はうまくなったかもしれないが、基本的に執筆量と作品数が足りていない。中山先生の教えも活かせず、実行もできていない。

 何より、そのために生活を、自分自身を変えられないでいる。

 「いい塾生」ではあっても、「作家志望」とは言えないのではないか。

 進退を考えるべき時が来た。

gamma_ray_burst at 10:47|PermalinkComments(0)

2019年06月27日

物部氏の本質

 最近出たこの本。

『物部氏と石上神宮の古代史:ヤマト王権・天皇・神祇祭祀・仏教』(平林章仁)

 日本の古代世界における宗教観の重要性に注目しつつ、その中で物部氏の果たした役割を通して物部氏の本質と石上神宮の祭祀について解き明かそうとする本、らしい。

 まだ目次しか見ていないが、やはり記録の残り始めるあたりからしか筆を起こせないのは古代史の限界なのか。

 謎多き氏族にどこまで迫ってくれるのか、今から楽しみである。

gamma_ray_burst at 19:00|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

ゆっくり飯も食えない

gamma_ray_burst at 12:00|PermalinkComments(0)
東野明

東野明(とうのあきら)のブログ。

かつて、中山市朗作劇塾の塾生として活動した10年間の記録とともにここに眠る。

月別アーカイブ
記事検索