2017年08月22日

ブラックダイヤモンド

top


シーバス逝ってますぼちぼち釣ってます。

トップチヌ逝ってますぼちぼち釣ってます。



そんな感じです最近は。


お盆休み。

今も暑いのですが、今年のお盆休みはやばかったですね。

大型連休はだいたい家族旅行してますが、たまぁ〜に嫁さんが子供を連れて実家に帰る事があります。


今回それです。

チャンス到来です。

ソロで連休動けそうです。

富士山でも登るか?

はたまた、絶景ポイントでも行って見るか?

などググって見ましたがなんか乗り切れない。

やっぱ釣りかな?

でもこの時期釣りいっても暑いし釣れるような気がしないし

せっかくの連休なので、地元で釣りはありえない。

どうせならどこか遠征に、行った事のないエリアが望ましい。

グーグルアースで、あちらこちらドラッグし模索しました。

ヒラスズキ?いや青物。

以前ぶち切られたヒラマサ?

そうだ、ヒラマサの狙えるエリアに行ってみよう。

今回は一発勝負ではなく、次に繋げれる釣行にしよう。

対馬、壱岐など行ってみたい所はいくらでもあります。

でもちょっと遠いしお金もかかります。

もっと近くでヒラマサ。

日本海、どこかいいところないか?

で結局ここに行く事に決めました。


1


MISIMAです。ヤマグチの県のです。


24


ここはこの方が300kのマグロを釣り上げたところです。

磯周りでも餌釣りで30k位のは釣果に上がってました。(ぐぐってください)

ルアーでも釣れるようです。

ただベイトが小さいようで、ルアーのサイズが難しそう。

マグロは圧倒的に餌釣りのようですね。

釣果のほとんどが餌のようです。

あと大事なことが。

時期が秋から冬になってますねぇ〜。

ショアからマグロ。

夢ありますよね。

マグロ狙いますか?

まずはヒラマサでしょう。

ってな感じでヒラマサ狙いていうかヒラマサが狙える場所のリサーチにいって来ました。

この島にはHAGI港から定期船(おNIよろず)が出ています。

瀬戸大橋渡って、下道7時間無事港に到着です。


2


この船が島へと運んでくれます。

船には車を載せることが出来ないので、人と荷物のみになります。

私は40リットルのザックに大型クーラーボックスを持ち込みました。

クーラーボックスには大量の飲料水に菓子パンなどをつめこみました。

大人片道2千円弱、クーラーボックス500円弱と片道2500円程度で島へ渡れます。

港には1日300円でとめれる駐車場もあります。

私は、とりあえず係員に今日もしくは明日と曖昧な返事をしてとりあえず2日分600円払いました。

もし当日帰還した場合は返金してくれるようです。


早速船に乗り込むと、港の防波堤でたのしげなカップルがいたので撮影。


3


映画のワンシーンのような感じでした。

ええなぁ〜若いって。


なんか船旅ええよなぁ〜

私はすぐに船のデッキへ。

近くに若い女の子が座り、チラチラ。

カワエエェなぁー

なんか、こんな時って気持ちが高ぶってる分、女の子とか見るといつも以上にカワエく見えますね。

いいねぇ〜

声掛けよっかな。


次第に定期船が沖合いに。

すると揺れます揺れます。

こんだけ揺れると逆に酔いません。

東風が強いのが、ちょっと意外でした。


4 (2)


若干曇ってましたが、日差しが差し込むと、深いブルーの海がめちゃ綺麗でした。

まさにALL BLUE魚影濃そうです。


4


釣れるかな?

この荒れ具合だとヒラスズキタックル持ってくるのだった。

今回ショアジギタックルを強弱と2セット用意しています。

一応ヒラスズキルアーは用意しているので、ライトショアジギのタックルでなんとかなるでしょう。

いやしかし気になる。

カワエエ娘里帰りかなぁ〜?


てな感じで島上陸。


5


こんなクソ重いクーラーは適当に放置しときます。

盗まれないでしょう?

スクーターも鍵付けたまま放置だし。


早速ブラックダイヤモンドポイント(hizaき)へ向かいます。

時期的にマグロは釣れないんだけど、なんぞ他の魚が釣れるかもしれません。


6


こんな感じの道をてくてくと歩き、途中から登り坂、日差しキツイし荷物重いし。

舗装された道路を頂上付近に近づいた辺りで、天然記念物牛いまっせの看板の方へ右折します。

どうやらその奥からHIZAきの地磯に下りられるようです。

7


8


ええ感じのところでしょう?

放し飼いされた天然記念物のモーモーちゃんが歓迎してくれています。

なんか頑張れよっていってるようにも見えますね。

モーモーちゃんを見ながら、コンクリートの道を今度は下っていきます。

くもの巣が多いこと多いこと。

ロッドでくもの巣をかき分け進んでいきます。

最近人が通っていないようです。

大丈夫かな?


9


ここからは神の領域らしいので、ご挨拶。


10



コンクリートの道が終わったので、ここから戦闘靴にはき替えます。

靴はビニール袋に入れ茂みに隠します。



11


グーグルナビで進行方向を確認しながら行動するのはもはや当たり前。

HIZAきの磯場は圏外だったかも?


感覚的にはポイントまでまだまだのようです。

いやめっちゃきついです。

最近はまったく磯ってないので、体動きませんってか暑すぎます。

それにしてもキツイ。


12


所々で休憩を入れないと、ぶっ倒れそうです。

水2.5リットルは必要ですが、重すぎます。

帽子、頭巾、タオルに、長袖ラッシュとフル装備にもかかわらず、本当にキツイ。

一眼レフなんて持ってくるんじゃなかった・・・・

いやキツイキツイそればっかりですが、まじ死にそうなくらいキツイ。

でも先に行きます。

神社の社みたいなのがあり、さらに登り行き止まり?

あれ、社にもどり、確認すると社の横に道発見!!

ここからはけっこうな下り坂でロープが備えてあります。

ただ・・・・・


13


草ボーボーですやん!!

道ないですやん。

暑くてフラフラしますやん。

本当に暑すぎて、体力限界な時って吐き気しますね。


ここで諦めるわけにはまいりません。

ロープを叩いて道を開いていきます。

カラフルなでかいクモが腕の辺りをはってますが、どうでもよいのです。

あまりにもしんどいと、どうでもよくなるんですね。

休憩!!


15


なんじゃこりゃ!!

今度はロッククライミングかよ。

細いロープと太いロープ貴方はどっちを選びますか?


正解は細いロープは荷物用で後で引き上げるのです。

16


上から見るとこんな感じ。

落ちたら終わり。

17


後もうちょい。


14


後は下るだけ。

ようやく到着。

めまい、吐き気、頭痛、脚のシビレ。

死にかけ3秒前。

18



大型リール2セット。

ロッド2セット。

一眼レフカメラ。

メタルジグ大量。

ダイペンにヒラスズキミノー。

使いもしなかったタイラバ重めのいくつかetc。

死にかけの原因は荷物。

このまま海に捨ててしまいたい。

意識が・・・・・

とまぁ大げさに書きましたが、普通磯に下りたら先ずタックルの準備しますよね。

30分休憩しましたから。


19


いやぁいい感じの所です。

ええ時期にはマグロやヒラマサが釣れているのかぁー。

釣りマロンやなぁ〜〜


せっかく一眼持ってきたので、1枚


21


釣りマロンを求めてとかでヒラマサが食ってるダイペンとかぶん投げてみました。

気持ちいいー。

なんも釣れませんが。

水深はあるようだし、足元からドン深のような感じで、掛けたら走らせてもいけそうな感じがします。

場所を右に移し、観察していると、右から左に潮が飛んでいるのが見えます。

トップがダメならミノー、それもダメだったので、メタルジグをセットしキャスト。

なん投かしているうちのフォールで一回バイトがあったようななかったような。

もうちょっと場所を移動し、ちょっと足場が悪いのですが、潮が走っている辺り目掛けてキャスト。

着底後、根掛かり?

と思ったのもつかの間、強烈バイト!一瞬バランスを崩しロッドを持っていかれそうになり、ドラグが鳴る。

でかい。



・・・・・・


ぽろ


フックアウト!

マジ?不意をつかれ合わせどころかなんも出来なかった・・・・・

あらら。


気を取り直してキャスト!


気を取り直してきゃすと”!

っ気を取り直してキャスト!!!


いくらやっても後はなかった。

いや後は、あのがけ登りがあるじゃないか。

もういや。



死にかけ1秒前で、HON村漁港に到着。

クーラー残ってました。

パンをかじりながら、クーラーBOXに大型リールやら、いらない物を詰め込んで、手荷物を軽くします。

帰還するフェリーはもうありません。

とりあえず、宇TU漁港へ向かいます。

また登り坂かよ。

徒歩40分、漁港到着。

いったい何しに来たんだ?

死ににきたのか?


とりあえず、漁港の人気のない所に貴重品以外を隠す。

これで軽くなったので、明日はサラシているだろう北灯台へのエントリールートの下見にでかけます。

漁港のばーちゃんに聞いてみましたが、昔は灯台からロープで下りていたらしいのですが、今は誰も降りていないので、危ないやめときな。

ルートはないのか?


グーグールアースで見てみると、観音崎から行けそうなので、下見。

また歩くされど歩くどこまでも。


観音崎到着。


やべぇ〜〜

絶景じゃん。


もう日が長くないので、ダッシュで荷物を隠した場所にもどり、一眼レフとタックルと。

修行とかなにそれ?


22

23


赤い磯とサラシがなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

また小高い丘の上にぽつんとある鳥居さんがいい。

神の島だねぇ〜〜



この景色を見れただけでもここに来てよかったような気持ちになってきました。

黒い牛もみれたし、なんか掛かったしよかった。

きてよかったよ。


いや、終わりませんよ。

もう薄暗くなってきましたが、ここから、北灯台まで長距離ゴロタを歩いていけそうな感じです。

明日に備えて、タックルを岩場に隠します。


漁港に帰る途中に水道があったので、シャワーを浴びます。

間違った、水道を浴びます。


真っ暗なので、何しても見えません。

漁港に帰ると、フェリー乗り場のいい椅子がありますね。


25


今日はもうここで、野宿です。



zzzzzzzzzz


zzzzzzzzzz



いい気持ちで寝ていたら・・・・・・・・



ごそ・・



ごそ・・・




ぎゃ!!!!!!






@@@トゥビーコンティニュー@@@



gams_fishing at 12:00│Comments(2)ヒラマサ | マグロ

この記事へのコメント

1. Posted by joker   2017年08月22日 23:06
続きが気になる気になる!
2. Posted by ガム   2017年08月23日 17:34
まだなにも手つけてません。
頑張ります(´Д` )

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔