2017年08月24日

episode 2

top001



マグロ、ヒラマサ、カンパチ、アオリイカ。

なんでもこいなこの島。(時期による)



ヒラスズキも居るようです。

今回の遠征は青物狙いがメインですが、ヒラスズキが出そうな条件ならやってみたい。

ただ、ググって見ましたが、写真が見当たりません。

マルスズキの写真は見ましたが、ヒラスズキの写真は確認できまんでした。

居るらしいのですが、正直半信半疑です。

IMG_4412


対馬、壱岐などはヒラスズキのメッカで、その間を良い海流(対馬海流)が流れていると思うので、みSIMAも居るはずそう考えるべきです。

写真の漢字の間違えは気にしたら負けです。ニュアンスで逝きましょうか。

昨日エントリーした、ヒzakiもいいサラシがでていましたので、サスケ140とか投げてみましたが、ヒラスズキの姿を確認する事はできませんでした。

ただ、ドン深エリアのヒZAKIより北灯台の方がシャローエリアな分、ヒラスズキは付きそうな感じがします。

おまけに北灯台は島最北端ということで、東西北からの風の影響もうけやすく、ベイトも付きやすいように思えます。

シャローで先端、サラシもほかと比べると、出やすいんじゃないかな?地形にもよりますが。

問題は季節、真夏ってどうでしょうか?



じゃぁー続き。


ぎゃ!!!!!!!!

???

???

いやビックリしました。

ぎゃ!!!!!!!じゃなくて


にゃぁ〜〜

って漁港猫です。

椅子の上に飛び乗ってきました。


もののけかと思いましたよ。


でまたウトウトとし始めたとき今度は。

息苦しい。

息出来ない逝きそう・・・・・・・・・・

1


あのね。

花火の煙がこっちに飛んできてますがな。

風下でやってよ。

お盆休み真っ只中、がきんちょ、ばーちゃんち帰省中=花火。

はぁ〜まいった。


場所を移動して、蚊の猛攻。

風があたる場所だと寒すぎ。

寝るところありません。

2


いい月だなぁ〜

今日って何潮?中潮?

干潮何時?満潮は?

しらべてないや・・・・・




午前3時。

島のお年寄りは朝が早い。

せめて4時までは寝ましょうね。


話し声に目が覚めてしまい、結局まともに熟睡する事はできませんでした。

この島にも立派な民宿があります。

おすすめしますよ。



次第に薄明るくなってきたので、準備に入ります。

昨日岩場に隠したタックルの場所まで移動。

3


ここからは神の領域。

手を合わせ逝ってきます。


4


見た感じ程よいサラシには見えますが、実際行って見ないとわかりません。

半島の先っちょの先っちょが北灯台。

ここから見ると、本当に長い道のり。

どう見ても舗装された道路ではなく、大自然が作り上げた、ゴロタ浜。

時折磯場もあるのかな?

歩きやすいゴロタだといいのですが。

今回、ワークパンツなんだよね。

ウエットだとまだ歩きやすいのですがね。

早朝から歩けるので、水分1リットルと極力軽くして、機動性を重視するようにしました。

でもやっぱり喉が渇く、暑すぎます。

5


だいぶ歩いてきたなぁ。

途中、サラシが出ている場所を叩きながら進みました。

もちろん休憩も入れます。

休憩ってほんと大事です。

今回勉強になりました。

6


途中一見変わった磯を見かけた。

なんじゃこれ。

なんか人物の形にもみえました。


距離は長いのですが、比較的歩きやすいゴロタだったのが救いでした。

で先端到着。

スローペースだったので2時間かかりました。

7


早朝より、風も弱まり、ウネリも落ち着いてきたようです。

十分やれるサラシではありますが、途中無反応っだったのでどうでしょう?

焦る気持ちを抑え、状況確認休憩。

サラシの広がる、タイミングを待ち数投目の出来事。

なんか水中で反転したのが見えました。

休憩。


しばらくセットを待ち、最後のセットでキャスト。

巻かず流す流す。

すると、水面に魚が出た。

ワンテンポ遅れてロッドに重みが伝わったので合わせを入れてやり、すぐにエラ荒い。

あせらず丁寧にやりとりしランディング

8


おったんやなぁ。

サイズは60くらいですが、おきまりのサイズじゃないのよ。

久々に感動。

この出会いに感謝。

ヒラスズキ居てくれました。

ありがとう。


後はなかったのですが、これでいいんです今回は。

さぁ帰ろう地獄のゴロタ浜。


帰り道また変なの見つけた

9


これって風の谷のナウシカで出てくる巨神兵じゃない?

とりあえず。

10


食べられてみた。

道中、飲料水が底をつきやばそうな雰囲気。

まじ、こえぇ〜

いやフラフラしてきました。

水が無くなると、メンタルやられますね。

11


ゴミ凄かったです。

ペットボトルに魚網などほとんどがあちゃらさん。

12


黒松フィン。

スポーツ飲料のカラーは全世界共通ですね。


top01


なんとか観音崎までたどり着けたので海に向かってお礼。

山道をテクテクと下り、とりあえず水。

水道。

なんでもいいので水が欲しい。

水道場所にたどりつけたので、水浴びです。

気持ち良いぃ。

逝きかえる〜〜

上の着替えは持ってきてましたが、ワークパンツはそのまま。

おそらく爆臭をはなっているでしょう。

だいぶ体力が回復してきたので、荷物を背負って、本MURA漁港へ帰ります。

ま〜た山道ですよ。

40分なんとか。

いや、疲れました。


13


ちゃんと残ってましたクーラーBOX。

この島ならではでしょう。

やさしい島ですね。


とりあえず便所でパンツとTシャツを着替え、フェリ−乗り場待合所のクーラーキンキンを満喫。

最高の贅沢ってやつですよ。

なんかうまいもん食いたいねぇ〜〜。

そういえば、昨日乗船してから、ほとんどが飲み物で菓子パン2個しか食べてなかった。ほぼ断食でしたね。

ラーメン食べてぇ。

フェリーが到着するまで時間があるので漁港を散策。

透明度が高くほんとうに綺麗な海としかいえない。

今度は海パン持ってこよう。


14


フェリー到着。

この最終便が14時代だったかな。

せめて19時とかだったらもう1勝負できたし、まだいってみたいポイントもあったのに、仕方ない。

でも、この帰り便楽しみなんだよね。

っていうのも本MURA港から宇TU港経由で萩港へ帰ります。

途中昨日エントリーしたヒZAKIの地磯を沖から見る事が出来るのです。

楽しみだ。


15


なんか始まったので、とりあえず撮影。

毎回やってるんか?


16


見ましたよネットでこのケイソンでブラックダイヤモンド上がってましたね。

足場が悪そうですね。


17


でここがヒZAKIの磯。

沖から見るのも悪くないです。

19


このおね沿いを歩いたようですね。

けっこうな距離だ。

18


で、ここがロッククライミングなところですね。

またチャレンジしようかな?

定期船は次第に島を離れ沖合いに


20


天気もいいし潮風が心地良い。

船のデッキ左側一番後ろに陣取り、うとうと。

なんかたまぁ〜に良いにおいがしますね〜〜

なんでだろ?

サングラス越しに重いまぶたをあけ周りを確認。

すると3.4席横にワンピースな可愛げな女性。

風が強いので肌蹴てますが。

じっくり見る事はできないのですが、サングラスが活きた。

気になるお顔はって、カワエエやん。

やん


やん



あれ!

行きのフェリーで同じやった娘やないかぃ。

行きと違って、帰りは化粧が薄いがこれまたええなぁ〜〜

20代後位かな〜悪くない。

ここは旅先誰もみてませんね。






そうこうしていると港に到着。

帰りはあっという間に到着するんですね。

テレポーテーションっす。

荷物を車に押し込み、とりあえずご飯ご飯。

21


ラーメン逝きたかったけど、海鮮丼あっさり系に変更。

意図はありません。

こんな時は何食べても美味しいのです。

カレーでもOK。


そして、楽しみがあります。

ここならではの楽しみが。

ヤマグチ県って温泉がいいんですよねぇ。

帰りの道中になりますが、手頃な温泉をみつけたので立ち寄ってみました。


22


美都温泉だったかな。(島根かも)

肌がヌルヌル女性向けのいい温泉でした。

温泉を出て暫く車を走らせ外気温20度あたりの道の駅に入り、朝まで車中泊。

涼しい、クーラー要りません。

毛布かぶって丁度良い感じです。

見sima楽しかったなぁ〜

・・・・・・・

広島娘は無事お家に付いたかな〜〜

・・・・・・・・・・・

気が付けば朝。

コーヒー買って香川に帰るでぇ

下道をてくてく走り、お家に到着。

23


走行距離は681kとなっています。

フェリー代往復5000円駐車場600円ガソリン5000円瀬戸大橋往復3300円?交通費はこんなもんか。

安く上げたな。

いい旅だった。

次回は良いシーズン、良い気候時に逝きます。

教訓。FISHINGは真夏を避け、気候のいいシーズンを狙いましょう。

でないと脳内マトリックスが発動します。

24



gams_fishing at 22:35│Comments(0)ヒラスズキ | マグロ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔