2006年08月17日

根室漁船銃撃

★根室、ロシア警備艇がカニ漁船を密漁で拿捕。乗組員1人を射殺

☆政府、ロシアに抗議。地元では、交流中止の要請も

☆密漁の疑い強まる

☆漁船船長は、過去「レポ船」の船長だった?

■元ドロンズ・大島がチリトリ鍋専門店を開店

■元男闘呼組・前田耕陽が漫才師・海原ともこと再婚

▼日航、Amazonと業務提携

▼太陽系の惑星、一気に3つ増えるかも?

▼イスラエル、豊胸手術がロケット弾から命を守った


<ピックアップ>--------------------

★根室、ロシア警備艇がカニ漁船を密漁で拿捕。乗組員1人を射殺
事件がおきたのは、16日午前7時40分ごろ。北方領土・貝殻島付近の海域で、カニかご漁船「第31吉進丸」がロシア国境警備局の警備艇の銃撃を受け、拿捕された。
その際、銃撃で盛田光広さん(35)が死亡した。頭部への一撃で、即死だったと思われる。
ロシア警備艇側は、再三の威嚇射撃による停船命令を無視したためと説明している。
政府の調べによると、海域はカニをとってはいけないところで、吉進丸が骨量をしていた恐れがあると発表した。
吉進丸船長の坂下登船長(59)は、過去2度の拿捕経験がある上に、昭和55年の予算委員会議事録によると、ソ連側へ日本の情報を流す「レポ船」の船長であったことが記されている。

▼太陽系の惑星、一気に3つ増えるかも?
その3つとは、火星と木星の間にある小惑星「セレス」、冥王星の衛星だといわれていた「カロン」、そして昨年話題となった「2003UB313」。
しかし、いまだにそれらを惑星と認める「定義」の議論は続いているため、先行きは不明。24日に、定義の採決が行われ、認められればこれらが惑星として認められる。

▼イスラエル、豊胸手術がロケット弾から命を守った
先日停戦された、イスラエルと武装組織ヒズボラの戦争。
この戦闘で、24歳の女性がロケット弾攻撃の破片を受けた。しかしその破片は、心臓に達するわずか手前で、豊胸手術で埋められていたシリコンに到達。致命傷にならなかった。


<その他の記事>--------------------
◆兵庫、マスコットは辛いよ
兵庫国体のマスコットキャラ「はばタン」の着ぐるみ43体が行進するイベントで、11体が「熱中症」でダウン。救護テントで手当てを受け、それを目撃した幼児がショックを受けた。
「はばタン」のイメージは炎の中から蘇る不死鳥。中は地獄の業火だったようだ。


本日の風刺画
http://gamura.com/

ガムラのメルマガ
http://merumo.ne.jp/i/00396836.html


gamura_com at 11:11│Comments(0)TrackBack(2)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. よく効くバストアップサプリ  [ よく効くバストアップサプリに関する情報 ]   2006年09月05日 20:27
最近、豊胸手術のおかけで、ロケット弾から身を守った女性の話がありましたが、
2. 美容整形した人も  [ 二十歳過ぎても胸を大きくする方法 ]   2006年09月12日 08:48
周りでは美容整形した人も増えていて、やはり胸のことは気にな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔