十二月

じゅうにつき・刺繍のある美しい暮らし

刺繍見本

6d35f499.jpg商用可能の図案を使用。このような図案は,ドーヴァー社からたくさん出ています。

ドリカフェ手芸部10月5日スタート

いつもお世話になっているDream's Cafeで,手芸部を立ち上げることになりました。
110922_113453

ドリカフェ手芸部は,手仕事を通してつながる集まりです。
どなたでも参加できます。
手芸部では,以下の集まりを企画しました。
目的やご都合にあわせて是非ご参加ください。お待ちしております。

女子会・・・おしゃべりしながら手仕事を楽しむ会。
毎週金曜日 19:00〜22:00 (10月7日・14日・21日・28日・11月4日・・・・)
道具・材料は持参してください。予約の必要はありません。
相席と各自1品以上のオーダーをお願いします。

ワークショップ ・・・1回の講習で簡単な作品をつくります。
Aメモ帳カバー B刺しゅうのコースター ※来店時,どちらかお選びください。
毎週水曜日 15:00〜17:00講習費(お茶付)1000円
(10月5日・12日・19日・26日・11月2日・・・・)
日本手芸普及協会刺しゅう講師がおしえます。
ご用意いただく持ち物はありません。
予約の必要はありません。

Dream's Cafe手芸部
松井敦子 090-5195-0950 ninja650@docomo.ne.jp
ドリームズ・カフェ 03-5375-5502

《出張ドリカフェ手芸部》毎週火曜日14:00〜18:30千石空房
(担当マツイ090-5195-0950)

みちくさブングテンご報告

オフィスマガジンonlineに先日のブングテンの様子が載りました。
私はロデアのA8サイズメモパッドのカバーを布で作りました。
記事には「世界でひとつ」と書いてくださっています。自分ではぜんぜん意識せずにいたことが,取材されることでわかりました。

刺繍を教える際,いろんな受講者がいらっしゃいます。
講師の見本とすべて同じように作りたい人もいれば,独自の世界を展開する人も。
どちらの要求にも同じ場で応えていく,「対話型刺繍教室」をめざそう。

影絵芝居ワヤン上演〜東京家政大学からのお知らせ

第3回影絵芝居ワヤンの実演を行います。
9月24日(土) 14:00〜16:00(開場13:30)
場所:東京家政大学120周年記念館 1階 多目的ホール

英国王立刺繍学校がテレビに。

TBS「世界ふしぎ発見」9/24 21:00
ハンプトン・コート・パレスの紹介のなかに「英国王立刺繍学校」も映し出されるそうです。

ワークショップ速報

次のワークショップは「アクセサリーケース」です。旅行先やスーパー銭湯やエステで,外した指輪を保管するのに便利な小物。場所と時間は後日アップします。

すぐわかるイスラームの美術

すぐわかるイスラームの美術―建築・写本芸術・工芸
すぐわかるイスラームの美術―建築・写本芸術・工芸
クチコミを見る


イスラムの歴史を背景にした美術の解説,図も豊富です。「すぐわかる」シリーズのようですが,すぐにはわかりません。だって,「知」と「科学」と「美」の宝庫ですから。

ワークショップ「メモパッドカバー」

豊島区鬼子母神通りみちくさ市「みちくさ市ブングテン4」に参加します。
予約は必要ありません。川窪万年筆店のブースにいます。

ロデアのメモパッドカバー作りを担当します。朝から夕方まで,会場におります。
A8サイズ。1回800円です。所要時間30分~(刺しゅう部分の難易度による)

日時:9月18日(日)11:00〜16:00 ※雨天決行
会場:旧高田小学校(東京都豊島区雑司が谷2-12-1)

交通:都電荒川線「鬼子母神前」停留所、
地下鉄副都心線「雑司が谷」1番出口、3番出口下車
(鬼子母神通り商店街の文房具隆文堂角を東に直進80m、つき当りが会場)



箱づくり

楽しすぎる箱づくり。
110915_092117
イギリス刺繍の先生から教えていただいた方法で作っています。
両面テープと曲針を使います。

インドネシア服飾文化1記事タイトル

この勉強会を知ったのは,通勤途中に位置する日本アセアン・センターです。私の所属する地域の勉強会(板橋茶論)で,韓国のテレビドラマを取りあげたことと,6月7月に読んだ「ねじまき少女」(早川文庫SF)の舞台がタイということがあり,アジアを少し意識していたとき。少し前から,インドについて自分の印象を改めたりもしていた。※きちんと復習しておくと,ASEANに含まれるのは,ブルネイ・カンボジア・フィリピン・インドネシア・ラオス・マレーシア・ミャンマー・シンガポール・タイ・ベトナムの10カ国で,インドは含まれない。

もうひとつ,私が幼少のころ(昭和44年頃),金属含有量などの分析を仕事にしていた父がインドネシアに1年間単身赴任していたこともある。帰国の時には,ジャワ更紗・小さなポーチ・バナナの皮の繊維で織った刺しゅう入りのハンカチ・大きな亀の甲羅・象牙・オパール・水牛の角・極楽鳥などを持ち帰った。そんなものに囲まれて,私は育った。

忘れてはいけないのが,7月にインドネシア大使館で催された物産展の様子で,私はここで女性の衣装(総レースのクバヤと大きなブローチ)に魅了された。豊かな発想とおしゃれに対する貪欲さ。これをもう少し間近で見たいと思っていたとき,アセアンセンターの存在に気がついた。

・・・つづく

カチュームを作りました。

6b731f3f.jpgムスメ用にカチュームを作りました。あまり糸とブレードで。

テスト

こんな風に表示されます。

インドネシア大使館にて

7c56c0c0.jpgファッションショー見ています。

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」

TWITTER上では賛同表明したのですが,説明会や勉強会があるようなら,そちらに参加してから正式に賛同・応援することを考えています。非常に責任のある賛同です。

以下,転載

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」
結成へむけて

福島第一原子力発電所の現状についてはいまさら説明するまでもありません。しかし確認しておかなければならないことは、次の事実です。
1) 暴発を防ぐためには、ホースによる散水のような一時的な処置ではなく、10年の単位の時間安定して作動する冷却設備を設置し、これを故障することなく保守・運転し続けなければならない。
2) この冷却設備の建設・保守・運転は、すでに高度に放射能汚染された環境下で行わざるを得ない。
3) もし、安定した冷却設備を建設・保守・運転できなければ、3000万人もの人口を抱える首都圏をも含めた広範な汚染が発生する可能性がある。 このような最悪のシナリオを避けるためには、どのような設備を作ることが必要か、放射能汚染を減らすためにどうしたらよいか、などなど、数多くの技術的課題があることはもちろんです。この点についても日本の最高の頭脳を結集した体制ができていないことは大きな問題です。
さらにもう一方では、最終的に汚染された環境下での設備建設・保守・運転のためには、数千人の訓練された有能な作業者を用意することが必要です。現在のような下請け・孫請けによる場当たり的な作業員集めで、数分間の仕事をして戻ってくるというようなことでできる仕事ではありません。

身体の面でも生活の面でも最も放射能被曝の害が少なくて済み、しかもこれまで現場での作業や技術の能力を蓄積してきた退役者たちが力を振り絞って、次の世代に負の遺産を残さないために働くことができるのではないでしょうか。

まず、私たち自身がこの仕事を担当する意志のあることを表明し、長期にわたる国の体制として退役した元技能者・技術者のボランティアによる行動隊を作ることを提案し要求していきたいと思います。

当面次のことを提案します。
1. この行動隊に参加していただける方を募集します。
原則として60歳以上、現場作業に耐える体力・経験を有すること
2. この行動隊を作ることに賛同し、応援していただける方を募集します。
これらの方々は、以下の内容をご記入いただきE-mail、FAXあるいは郵便でお送りください。
なお、このプロジェクトは直接的には国会や政府に対する働きかけと、広く人々にこの行動隊が必要であることを訴えることを活動の中心とします。状況が流動的なこともあり、進展に応じて様々な面への活動を広げていくこともありうると考えます。

また、この提案文を多くの方に転送していただくことをお願いします。

2011年4月

山田恭暉

メール   bouhatsusoshi@aj.wakwak.com


□福島原発暴発阻止行動隊に参加します
□福島原発暴発阻止行動隊に賛同し応援します
ご氏名
ご住所 〒

お電話
FAX

携帯電話
メールアドレス

--------------------------------------------------

[お知らせ]
・週刊金曜日に暴発阻止行動隊の記事が掲載されました

--------------------------------------------------
山田 恭暉 (やまだ やすてる)
1939年3月4日生まれ
1957年 東京大学理科I類入学
60年安保当時、社会主義学生同盟副委員長
1962年 東京大学工学部冶金学科卒業
住友金属工業(株)入社
鋼管製造所(製鋼)、中央技術研究所(環境、廃棄物処理)、
和歌山製鉄所(プラント建設)、大阪本社(廃棄物処理)、
東京本社(プラント・エンジニアリング、新事業開発)などを担当
1989年 住友金属工業(株)退社
1990年 プリントショップフランチャイズ主宰
2002年 小企業の業務改善コンサルタント
2006年 NGOにて海外支援ボランティア活動
2008年 近隣にてボランティア活動。超小型水力発電設備建設
c2011 Fukushima nuclea power plant accidental

被災した子どもに勉強の機会をください。

ハタチ基金

1000円から支援ができます。
この基金は,今回の震災で被災した子どもたちの進学と心のケアを目的につくられました。

福島にお住まいの方の日記を転載

風評被害(転載・拡散してください)
amatorius注:これはマイミクさんではない方の日記ですが、mixiやってない方にも是非読んでいただきたいので転載させていただきました。




東京電力福島第一・第二原子力発電所。福島県の浜通りに位置しています。

東北電力ではないことに注目してください。

福島県の浜通りには東京電力の発電所がこのほかに「広野火力発電所」があります。この地域で発電された電気は、全て関東へ運ばれ、首都圏の方々が利用します。
一切地元ではこの発電所で作られた電気は利用されていません。首都圏の電気の3分の1は福島県で作られている現実をもっと報道してください。

計画停電が首都圏で実施されていて、文句を言っていたり「被災地に電気を送るためだから我慢します」と言っているインタビューを良く見受けますが、何見当違いの事を言っているのですか?

東京電力が計画停電を行っているのは、首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから突然停電を避けるために予め時間と区域を決めて停電を行っているのです。
首都圏で節電してこちらに電気が送られるなら、何故東北電力まで計画停電を行わなければならないのでしょう?

自分のところの電気が足りなくなっているから自分らが我慢しているだけ、なんです。

この重要な2点をマスコミは何故報道しないのですか?
首都圏の人のために建設された発電所のために地元がこれだけ苦しんでいる現実を、何故広めようとしないのですか?

しかし、冷静になって考えてみると、地元にも雇用や補助金で還元されてきた面はあり、その点は感謝します。
でも、マスコミは「福島は危険」「放射線は身体に悪影響」しか報道されていない節があります。
後付で「このレベルでは身体に害はありません」と言うだけ。パニックを抑えるなら言う順序が逆では?
「放射線の数値が通常より若干高い値を示していますが、体に影響のある数値ではありません。各地の数値は〜」と言うのが報道の仕事ではないのでしょうか?

はじめに断っておきます。
首都圏の方々を敵視しているわけでも、悪いと糾弾するつもりも毛頭ありません。
でも、あまりにも酷すぎる。

首都圏で「放射線が怖いからカッパを買いました」「マスクを買いました」「とろろ昆布を買いだめしました」と言っている方がTVに映っていました。
放射線が怖い?何キロ離れてるの?じゃぁ私達福島県民はどうしたらいいの?あなたがたが今まで40年利用してきた電気を作っていた発電所を作ったために
こういったことが起こったって事はご存知なんですか?
いつでも逃げられるようにガソリンを買いだめ?
私達福島県民は逃げたくても逃げられないんです。首都圏の方々のせいとは言いませんが、ガソリンがないため逃げられないんです。
もっと言えば、ガソリンや軽油がないので救急車もバスも、救援物資を運んだトラックも動かない。灯油がないから暖もとれない。
仮に救援物資を運んだトラックが近くまできても「放射線が〜」で引き返している現状です。
それが現状です。

現在観測されている放射線数値は人体に全く問題のない数値です。
X線やレントゲン、温泉の方がよっぽど高い数値を示しています。

仮にこのまま何もなかった、普通の生活に戻った、としましょう。
今度は風評被害が間違いなく起こります。

福島県出身です。っていうだけで「放射線は大丈夫?」って思わないでください。
福島県出身の女の子だからって、子供を生む時は大丈夫なの?って思わないでください。
福島県産の野菜はとても美味しいです。
福島県産の果物もとても美味しいです。
福島県産のお米もとても美味しいです。
お肉も、魚も、みんなが頑張って作ったりとったりしたものです。

でも、福島県産、ってだけで毛嫌いしないでください。

他の自治体や国はしっかりこの点も含めて被災地の復興をバックアップしていただきたいと思います。
復興には人の力がどうしても必要です。一日でも早く復興するためには皆さんの力が必要なんです。
物資の援助もお願いしたいですが、このことも是非頭に入れておいてください。お願いします。


※追記
たくさんの反響がありました。私の日記で不愉快になられた方がいらっしゃったらお詫びいたします。

私にこんな日記を書く資格があるのか、と言われた方がいらっしゃいました。もちろんそうかもしれません。かたや家を流され、親や子供を失った方もいらっしゃいます。
それに対し、私の家は物が壊れ、断水している程度です。

しかし私は仕事で災害復旧にかかわっており、直接被災者にお話を伺う機会が多く、自分に出来ることは何だろうと思い、この日記を書かせていただきました。

関東の方が節電をされ、少しでもこちらのほうのために役立てれば、と思っていただいているのも事実です。
その気持ちは非常にありがたいと思っています。
ネットで広がっている、ヤシマ作戦などはとてもいい事だなと思っています。
ただ、やはりこちら(福島県民)の気持ちとの温度差、と言う意味であのような書き方になってしまいました。
この点についても、不愉快になられる方がいたらお詫びいたします。

福島県の今の現状を伝えるためにも、あえてこのままの記載をさせていただきます。


王立刺繍学校の図録

4be55bd0.jpg1997年に行われた英国王立刺繍学校の展示会図録です。イケセイのart&book cafeで私を待っていました。

エリザベス鏡い離蹇璽屬覆鼻ぜ命燭任盻縞見応えあります。

刺しゅうのブックカバー作り(CAFEおつかれ)

近所のカフェ「CAFEおつかれ」で刺しゅうカフェを開催します。
11月14日(日)14:00から(2時間ほど)
料金:1800円(材料費込み)
詳細は以下サイトをご覧ください。
http://02kare.com/archives/category/event




ブックカバー試作中

058e3950.jpg次回ワークショップは,刺しゅうを入れたブックカバー。
ひとつ試作したのですが,なんだか寂しい感じ。
ふたつめを試作してみています。
ただやはりネックになるのは所要時間。今のデザインだと,刺しゅう部分だけで2時間。スパングルで少し水増ししたものの,これ以上シンプルにすると,絵として変。お家で仕立てていただくことも考えようかな〜

10月10日手芸カフェご報告

近所のカフェ,CAFEおつかれで「手芸カフェ」を開催いたしました。
今回の内容は刺しゅうではなくかぎ針編み。

おひとりは可愛いカチュームが完成。
もうひと方は,かぎ針が初めてとのことで,急きょ作品をコースターに変更。
一生懸命編んでいました。
ちょっと根を詰めさせてしまったかも・・・

今後のワークショップもそうなのですが,時間内に完成しすることを目標に設計してあります。
何度か試作して,余裕をもたせて仕事量を配分したつもりなのですが,どうも見積もりが甘かった!
思っていたより私は手が早いようです。
今回の反省点として次回に活かしたいと思います!

次回は刺しゅうのブックカバー(文庫本サイズ)を作りますよ。読書の秋ということで。
11月14日(日)14:00から,CAFEおつかれにて。

12月はクリスマスオーナメントを予定しています。
ギャラリー
  • 刺繍見本
  • ドリカフェ手芸部10月5日スタート
  • 箱づくり
  • カチュームを作りました。
  • インドネシア大使館にて
  • 王立刺繍学校の図録
paisley1006
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ