2009年01月31日

診察

今週、上司と一緒に病院に行ってきました。
診察は定期的に行っているのですが、今回は上司が主治医に直接話を聞きたかった為です。

具体的なリハビリの内容は、STから話をしていただいたのですが、
失語症や高次脳の事を説明するのは、やっぱり簡単にはいかなかったですね。
今の状態を知っている上司でも分からない事があるのですから、
一般の人にとっては、理解出来ない事が多いでしょう。
倒れる前まで自分も知らなかったのですから、しょうがないんですけど^^;

仕事復帰はもう少し時間がかかりそうですが、復帰に向けて少し前進、といった感じです。

復帰する前に、たくさん遊ばなきゃ!(笑)


gan_avm at 23:13|PermalinkComments(5)TrackBack(0)近況 

2009年01月25日

書けず、聞けず、話せず(4週目)

計算が出来なくなっても、電卓を使えば答える事は出来ました。
ですが、文字やことばが無くなった事は、精神的に一番きつい時期でした。

「爪が伸びたから、爪切りを貸して」

こんな簡単な依頼さえ、自分ではうまく出来ないのですから。

俺、バカになってる・・・
こんな事なら、あっさり死にたかった・・・

出来ない事がたくさんあるのに、言いたい事はうまく話せず、
元に戻る見込みは分からず、どうすればいいのかも分かりません。
リハビリ時間以外は病室から外に出られない事が続き、鬱になりそうです。

救いだったのは、物事を深く考えられず、忘れようと思えばすぐ忘れられる
単純王だった事ぐらいでした。



(昔の話です^^;)



gan_avm at 23:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0)入院生活1 

2009年01月20日

1+1=?(3週目)

出来なくなった事でも、計算が出来なくなっている事は衝撃でした。
小さい頃から算数は得意で、コンピュータ系の会社で給料をもらっていた私が、
簡単な計算も出来なくなっているのですから。

数字や式は分かっても、「1+1は2である」という数の概念を忘れた為に答えられず、
答えても基準が無くなった為に、合っているか間違ってるかも分かりません。
掛け算割り算は、九九自体を忘れている為、答えられません。

それから、速い計算機を取り戻す為に、指を数えながら覚え直す作業が始まりました。

この作業は、計算が出来るようになった今も続いています。

gan_avm at 19:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)入院生活1 

2009年01月13日

右利きと左利き

私は、字を書く時やお箸を使う時、野球やスノボーの時、全て右利きです。
1年前の右脳(側頭葉)の出血時には、失語症になりました。
右脳の障害なのに、なぜマヒが無い 失語症なのか?

勘のいい方は、既にお気付きかと思います。
言語野は左脳にあることが多いですが、右利きの人で5%程度、
左利きの人で30〜50%程度が右脳にあり、自分は、
「右利きで右脳(もしくは左右両方に)に言語機能を持つ」ようなのです。
(総合的に90%以上の人は左脳に言語野がある)

小さい頃に矯正した可能性もありますが、両親はあいまいで自分も全然覚えていません^^;
でも、ダメージを受けつつも修復する姿は、脳って面白いなと我ながら思います。


gan_avm at 17:42|PermalinkComments(8)TrackBack(0)失語症 

2009年01月10日

苦手な事

続き、今の事。
日常生活は困らなくなってきましたが、復職の為にはいくつかのハードルが残っています。


<苦手な事>
・話を聞く時、言葉を理解できない(漢字の意味をイメージ出来ない)事有り

・早口、知らない言葉、難しい説明を聞く時等、意味を聞き取れない事有り

・音読が苦手
(日常会話は流暢)

・暗算が苦手
(簡単な文章題でも、文章で質問され、暗算して、答えを出す、一連の作業が苦手)

・復唱するのが苦手
(初めて文章を聞いて、意味を理解して正確に復唱をするのが苦手)

・語彙が少ない

・左目の視野が狭い
(半側空間無視)

・ど忘れがある


失語症の方は、リハビリでまだ良くなると思いますが、
半側空間無視の回復は難しいという話は聞きます。
また、復職の時は、初めての職種(事務系)に代わる予定なので、
柔軟な対応が求められると思います。

・・・。

折れそうですが、挫けず頑張ります^^;



gan_avm at 23:59|PermalinkComments(9)TrackBack(0)近況