電磁波犯罪被害者は脳内盗聴、思考操作、音声送信などの電磁波犯罪について、「どこで?、誰が?、どのような方法で?、何の目的で?」行っているのか?について、いつも考えています。

 

しかし、これらの疑問について、ついに「答えを出す時」がきました。

※「電磁波犯罪」は犯罪の領域を既に超え、戦争の領域となっています。したがって「電磁波犯罪」という表現を「電磁波戦争」または「電波戦争」と表現します。

 

その答えは、

 

『電磁波戦争は世界中において、中国共産党をはじめとする政府組織および非政府組織、下部組織さらにはそれらに服従する民間組織・個人やそれらに協力する(積極的に協力するか、消極的に協力するかを問わない)政府組織、非政府組織、下部組織、民間組織・個人など、世界的規模における「共産党勢力」若しくは「共産主義勢力」が、「マイクロ波可聴効果」(マイクロ波ヒアリング効果)を基礎技術とする、軍事技術、産業技術など多方面において用いられている電磁波(マイクロ波)を活用した、ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)システム、ビッグデータ、人工知能(AI)、インターネットで「もの」がつながるIoT、医療機器・人工衛星・防犯対策などに活用される電磁波軍事技術及び電磁波産業技術さらには、「量子テレポーテーション」に関する基礎技術、応用技術などの最新未来テクノロジー技術をも含んだ方法によって、ミクロ的には電磁波テクノロジーを使って脳内盗聴、思考操作、音声送信などの手段により、「共産党勢力」若しくは「共産主義勢力」の目的の妨げとなるターゲット個人の基本的人権を破壊し社会的・経済的に困窮淘汰を図ることにより、マクロ的には資本主義社会を破壊し、民主主義社会を破壊した後に、最終的に「世界的独裁を可能とする共産主義社会」を創り上げる「世界支配」を達成する目的のために行われている。』



1.「誰が?」日本人に対して脳内盗聴、思考操作、音声送信などの電磁波攻撃を行っているのか?

 

当サイトでは電磁波犯罪加害者らについて、
朝鮮人、中国人、日本人、創価学会及びその他の宗教法人、その他の個人及び法人などわれわれの利益を世界中で脅かす修正主義者たち」と定義しております。

 

そして日本人に対して脳内盗聴、思考操作、音声送信などの電磁波攻撃や集団ストーカー行為が行われている理由は、

「共産党勢力」若しくは「共産主義勢力」の目的の妨げとなるターゲット個人を監視し、ターゲット個人の基本的人権を破壊し社会的・経済的に困窮淘汰を図ることとともに、軍事技術や産業技術を発展させるための人体実験として利用することです。

 

20140612日 政教分離の解釈変更も? 飯島内閣官房参与が言及


2018
1110 「民衆の悲痛な声を聞け」学会員たちが公明党本部前で全国一斉抗議

 


2.「中国」は世界支配を目論むテロリスト国家である。


【 2018年】

0906日 中国共産党の化けの皮を剥がすトランプ政権
1122日  不安と懸念、混乱を広げる中国「一帯一路」 停止や見直しは300億ドルに

 

12月15日  中国を走る電気自動車、位置情報など政府管理のデータセンターに送信
11
月29日  中国がEVデータ要求 200社超提供、監視強化
11
22   中国はここまでして「個人情報」を得ている 日本人が知らないデジタル監視社会の実態
        (国民監視)   (サイバーテロ)   (AI軍事兵器 :MADE IN CHINA 2025」、「中国製造2025)
 

1006日 ペンス米副大統領が演説 中国共産党に「宣戦布告」 


1103日 トランプ氏、中国の「出産旅行」批判も…出生地主義否定は困難(移民テロ)
『移民テロから始まる非軍事的領土侵略や非軍事的領土占領が行われ、工作員侵入による情報窃取・情報搾取により国家防衛に係る重要情報が流出し、国家や国内企業の知的財産権が侵害され、工作員が操作する偽情報により社会生活が攪乱・威圧され、工作員が誘導する大衆迎合により民主主義国家制度が攪乱・威圧されることにより、結果として社会的混乱が生じ、国家統治が混乱し国家法治制度が破壊され、さらには国家独自文化が中和され喪失されることにより、民族浄化が行われ、国民破綻そして国家破綻を招くことになる。』

ついでに付け加えると「国家乗っ取り」や「世界征服」を目論む陰謀論は否定できない。

「出生地主義を否定する大統領令」または「国家憲法」について、「国家憲法」は「国民破綻」または「国家破綻」さらには「国家乗っ取り」や「世界征服」を容認することはない。

 最後に、残念なことだが言わなければならない、
 電磁波犯罪被害者及び日本国民並びに国際社会は、「中国は世界支配を目論むテロリスト国家である」と付言する。

 国際社会は、「一帯一路事業が招く少数民族に対する大弾圧」に対して厳しく対応していくとともに、「世界支配を目論むテロリスト国家である中国」に対して厳しく対応しなければなりません。


1215日 台湾を見習え 日本に決定的に欠ける報復攻撃力 中国の対日ミサイル攻撃に「やられっぱなし」になる日本

12
15日 米当局、中国のスパイ行為は「最大の脅威」 今後対抗措置へ
12
15日 アメリカの産業スパイ事件、9割に中国が関与
1215日 米議会、チベット相互入国法案可決 中国当局者の米入国禁止も
12
15日 米上院外交委員会で「チベット相互入国法」通過

12
15日 ファーウェイ幹部逮捕、中国IT企業への強硬姿勢より鮮明に 米


10
22日 
アメリカを侵す中国 その1 統一戦線工作
1024日 アメリカを侵す中国 その2 トランプ政権の最大課題
1026日 アメリカを侵す中国 その3 共産主義と統一戦線の歴史
1028日 アメリカを侵す中国 その4 研究機関への干渉
1030日 アメリカを侵す中国 その5 中国工作員が米名門大に浸透


3.トランプ米大統領 2018年国連総会演説

トランプ大統領、愛国を強調 再び共産主義批判=国連演説

20180926 1438

kokurensokai
925日、ワシントンで開かれた国連総会の一般演説で、米トランプ大統領は社会主義・共産主義を批判し、愛国と主権重視について語った(Spencer Platt/Getty Images

米トランプ大統領は925日、ワシントンで開かれた第73回国連総会の一般演説で、グローバリズムの貿易体制改革を訴え、中国によるWTOルールの濫用を批判した。また、社会主義と共産主義が人々に災難をもたらしていると述べ、世界各国がこの勢力に抵抗するよう呼びかけた。

トランプ大統領は30分の演説のなかで、外交問題ほか、経済と雇用の面で自国の成功を語った。「米国は、私が就任したこの2年足らずで、より安全で強く、豊かな国になった」「私たちは米国と米国人のために立ち上がる。また、世界のためにも立ち上がる。これは、平和を愛する世界中の人々への福報となる」と述べた。

トランプ大統領はまた、社会主義と共産主義を非難し、これを基礎とするグローバリズムに否定的な立場であることを明確に示した。「社会主義や共産主義は事実、どこにでもみられた。いずれも苦痛、腐敗、堕落をもたらしてきた」と強調。 「米国は、常に世界各国の独立性と統治の協力を選択してきた」と述べた。

過去一年間、米国はパリ気候変動条約、国連人権理事会、イランの核制裁から抜け出した。さらに、国際刑事裁判所を批判し、グローバル・コンパクトへの参加を拒否した。「私たちは米国の主権を、受け入れの難しく選択制のない統制に明け渡すことは絶対にしない」と述べた。

移民に関するグローバル・コンパクトについて、「移民の危機に対する長期的な解決策は、彼らが自国で希望ある未来を築けるよう支援するだけだ。彼らの国が再び偉大になるように」と語った。

国境を守り犯罪集団を解体させることで、悪循環を断ち切り繁栄のための基盤を確立できる」と付け加えた。

・社会主義と共産主義

トランプ大統領はまた、社会主義マドゥロ政権下で200万人以上の国民が脱出を余儀なくされた、ベネズエラの悲劇を例にあげた。「ベネズエラは地球上で最も豊かな国の一つだった。しかし、社会主義が石油資源の豊かな国を破壊し、国民を貧困に追いやった」「社会主義の欲求は、拡張、侵略、抑圧に繋がる世界のすべての国家は、社会主義がすべての人々にもたらす悲惨さに抵抗しなければならない」と述べた。

大統領は昨年9月国連総会でのスピーチでも、「ソビエト連邦からキューバ、ベネズエラに至るまで真の社会主義や共産主義が採択されているところでは、それは苦痛と荒廃と失敗をもたらした」と言及した。

トランプ大統領は、マドゥロ大統領と同夫人、副大統領ら側近に対して、制裁措置をとることを発表している。

さらに、WTOをはじめとする貿易慣行について見直しが求められていると強調した。大統領は中国を貿易ルールの乱用者と呼び、中国が2001年にWTOに加盟して以来、米国は製造業で300万人以上、鉄鋼業でほぼ4分の1の雇用を失ったと述べた。

「これまで20年間、中国に対する貿易赤字に苦しんできたがそうした時代は終わった。貿易の不均衡は受け入れられない」と述べた。トランプ政権はこれまで2500億ドル(約25兆円)相当の中国製品に関税を設定した。

演説は、国の主権と愛国を重視するとの姿勢を強調することで締めくくった。「米国は米国人によって統治される。 私たちはグローバリズムを拒否し、愛国心を基盤とする」「責任をもって、グローバル・ガバナンスだけでなく、脅威となる他の強制力と支配力から米国の主権を守らなければならない」「一緒に愛国心、繁栄、そして誇りある未来を選んでいこう」。

(編集・佐渡道世) 

https://www.epochtimes.jp/2018/09/36554.html



2018年国連総会ではアメリカのトランプ大統領が、

「反共産主義」、「反社会主義」、「反移民」そして「反グローバリズム」を明確に示し、

国家の主権と愛国を重視する姿勢を強調するとともに、

 

共産主義、社会主義、移民、グローバリズムなどの「脅威となる他の強制力と支配力」から

「国家の主権」を守らなければならないことを明言した

素晴らしい内容の演説を行いました。

 

しかし民主主義資本主義国家において、

「経済発展を重視することにより基本的人権が軽視されている」ことの問題が置き去りにされていることが懸念されます。



「電波戦争解決に向けて世界動向カレンダー」と題して、

社会動向、世界動向を注視しながら、電波犯罪、脳内盗聴被害、思考操作被害、音声送信被害、電波ハラスメント被害、人権被害、その他健康被害など電波犯罪被害者が電波戦争に勝利することを目指しています。

「電波戦争解決に向けて世界動向カレンダー」は随時更新していきます。

-----------------------------------------------------------------


【2018年】

1203日  貿易戦争「一時休戦」=追加関税90日猶予-知財など協議、解決先送り・米中首脳 (中国、狙い通りの時間稼ぎ)
12
03日  
対中「休戦」、対ロ「格下げ」=米大統領、懸案先送り-G20外遊終了
12
03日  ブエノスアイレスでの米中首脳会談、主な合意事項


1218日  新防衛大綱 防衛力の「抜本強化」と「役割拡大」5年間の防衛費 27兆4700億円
1218  漫画で解説  クルド人ってどんな人たち?の巻
12
18  アメリカとトルコが危険地帯シリアで激突寸前(3月28日)

1215日  自民党拉致対策本部 北朝鮮拉致被害疑いの米国人家族と意見交換
12
15日  豪、エルサレムを首都と認定

12
14日  ボルトン氏、トランプ政権のアフリカ戦略発表 中露の「略奪的行為」に対抗

12
13日  米国務長官、マリオットのハッキングに中国が関与と表明
1212日  携帯大手4社も中国製排除へ 「5G」基地局など
                 米国が北朝鮮を「特定懸念国」に再指定 信教の自由侵害で
12
11日  携帯大手3社が中国製品除外へ  次期5Gも、政府方針受け
12
11日  米、正恩氏側近ら制裁指定=人権侵害と検閲で

1209日  「テレパシー実験」遂に成功! 人類が迎える新たな「脳コミュニケーション」時代とは?(2014年9月16日)  (脳内盗聴技術)
1208
 Hua-wei(ホァーウェイ)孟CFO逮捕の背景に「中国製造2025」
12
06日  北朝鮮で弾道ミサイル基地の拡張が判明 CNNテレビ
1206日  ブルームバーグ:米政府はアレッポ市での反体制派によるとされる塩素ガス攻撃がシリア軍の「偽旗作戦」だったと断定
1205日  マティス米国防長官 最も深刻な脅威は、「緊急性の観点からは北朝鮮、力の観点からはロシア、意思の観点からは中国」
1204日  「アヘン戦争」カナダへ侵攻 中国製の鎮痛薬フェンタニル 抑制できるか
1203日  ゲノム編集実験、中国政府主導との指摘も 実験参加者「問題ある新生児が処分される」
1203日  入管法違反容疑11人逮捕 中国人、知内で就労 ほかに46人行方不明
1203日  焦点:中国に一体いくら借りた、小国モルディブの困惑と警戒
1202日  イランが弾道ミサイル発射 米、国連決議違反と非難
1201日  移民キャラバン、ペンス副大統領「海外左翼団体が援助」(移民テロ)
1201日  インド、太平洋の島国モルディブに10億ドル融資検討 軍配備を条件=報道
1130日  中国がEVデータ要求 200社超提供、監視強化 (世界支配を目論むテロリスト国家)
1130日  トランプ政権、中国人留学生の審査厳格化を検討 諜報活動を警戒
1129日  米軍艦2隻、台湾海峡を航行 中国の反発必至
1129日  韓国 金正恩殺害のための「斬首部隊」創設へ(2017年9月6日)
1129日  ドゥテルテ比大統領が「暗殺部隊」創設を計画、人権団体は警戒
1129日  サウジ、THAAD購入で米国と合意締結
1129日  政府 馬毛島買収、年内合意へ 米軍機の訓練移転
1128日  埋め込み医療機器に「緩い」規制 治験せずに安全認定も
1128日  ウクライナ大統領、ロシアとの「全面戦争」の脅威警告
1127日  エイズ免疫持たせた赤ちゃん誕生=遺伝子操作に非難噴出-中国
1127日  ウクライナ、対ロ国境で30日間の戒厳令=侵略「新たな段階」と非難
1126日  北朝鮮、シリアに化学兵器の製造部品を提供=国連報告書(2月28日)
11月26日  ウクライナ艦船にロシアが砲撃、クリミア半島近くの黒海-緊張高まる
11月26日 アサド政権軍、シリア北西部の反体制派空爆=「毒ガス砲撃」の報復か
11月26日 トルコの庇護を受ける国民解放戦線がアレッポ市西部のシリア軍拠点を攻撃し破壊  (11月15日)
11月25日 米、中国のサイバー攻撃に「名門大が関与」 通商代表部が報告書改定
11月16日 米超党派委員会、年次報告書を発表 「中国は国家安全上の脅威」

「電波戦争解決に向けて世界動向カレンダー」と題して、

社会動向、世界動向を注視しながら、電波犯罪、脳内盗聴被害、思考操作被害、音声送信被害、電波ハラスメント被害、人権被害、その他健康被害など電波犯罪被害者が電波戦争に勝利することを目指しています。

「電波戦争解決に向けて世界動向カレンダー」は随時更新していきます。

-----------------------------------------------------------------


【2018年】

1124 中国共産党の化けの皮を剥がすトランプ政権 (世界支配を目論むテロリスト国家)
11
23 不安と懸念、混乱を広げる中国「一帯一路」 停止や見直しは300億ドルに (世界支配を目論むテロリスト国家)
1122    中国はここまでして「個人情報」を得ている   日本人が知らないデジタル監視社会の実態   (国民監視)   (サイバーテロ)   (AI軍事兵器 :MADE IN CHINA 2025」)   (世界支配を目論むテロリスト国家)


1124日 「テロリスト」長者番付 最大の資金源はどこだ?(5月7日)
11
24日 IS、「西アフリカ州」で118人殺害と発表 勢力増強 サヘル全体に拡大?
11
24日 ニセ「商談」で外国企業機密を入手 契約間近で消える中国企業=イスラエルメディア

11
23日 北朝鮮、主要核施設で引き続き活動拡大=IAEA

11
23日 シュライバー国防次官補、民兵漁船「中国海軍と区別しない」
1122日 イラン軍ミサイル、アフガンなどの米軍拠点は射程内=司令官
1122日 米検察当局が三菱UFJを調査 北朝鮮の資金洗浄めぐり 米紙報じる
1122日 米、ロシア企業など制裁=イラン産石油供与でシリア支援
1121日 鳥取・米子市長 政権の軍事行動支持 拉致問題集会で発言(北朝鮮日本人拉致問題)
1121日 米、中国の知財侵害「改善ない」と非難 USTRが報告書改訂 日本へのサイバー攻撃も指摘 
1121日 モルディブ、対中自由貿易協定を撤回へ「不均衡大きい」
11月20日 「借金で溺死させない」米副大統領、一帯一路に警戒呼びかけ フィリピンは協議見直し
11月19日 米司令官、インド太平洋の連携訴え=中国の軍事拠点化、脅威に対抗
11月18日 APECの舞台裏で攻防 防衛ラインの第2列島線めぐり日米豪と中国(国家防衛問題)
11月18日 米、フィリピン沖に原子力空母展開 軍事、人権で対中圧力が本格化
11月18日 モルディブ、ソリ新大統領が就任=インド首相が式典出席、中国意識
11月18日 なりすまし防止、外国人受診に在留カード要求へ(反移民)
11月17日 米超党派委員会、年次報告書を発表 「中国は国家安全上の脅威」(国家防衛問題)
11月17日 CIA、皇太子の命令と結論=サウジ記者殺害事件-米紙
11月16日 国連委 北朝鮮の人権侵害決議採択 拉致「被害者、家族の苦しみ」に言及
11月16日 FB、偽アカウント21億件削除…拡散悪用疑い
11月16日 北朝鮮の金正恩氏、新開発の戦術兵器の実験視察=KCNA
11月15日 北朝鮮非公表のミサイル基地 山間部に地下施設
11月15日 米空母2隻、フィリピン海で作戦行動=中国の海洋進出けん制-ASEAN会議の最中
11月15日 北海道地震は人工地震だったのか!? CO2圧入による“地震誘発の危険性”を地震学者が数年前から警告していた!
11月15日 ロシアの聖域「北極海」に中国が触手 日露防衛協力に活路
11月15日 
中国 北極海でも「一帯一路」 権益拡大へ白書発表(1月26日)

11月15日 【ロシアを読む】「友好は見せかけ」中国のロシア侵食に批判噴出
11月15日 「保護で成長」中国巨大IT、監視必要…報告案
11月14日 英国研究者 8年を費やしオゾン層破壊の禁止物質の排出源を発見
11月14日 国連人権理事会 中国勧告300件以上 米欧が批判
11月13日 北朝鮮のミサイル基地13カ所特定=米シンクタンク
11月13日 イスラエル軍攻撃で3人死亡=70カ所標的、ガザ緊迫
11月13日 「国の借金」が1091兆円に!6月から2兆7834億円増、公務員給料はアップ
11月12日 健康保険が狙われる…外国人受け入れで懸念される“穴だらけ”の実態(移民テロ)
11月11日 消防団員 無活動1548人、報償7900万円 県都で(集団ストーカー)
11月11日 譲らぬ中国「台湾、犠牲払っても統一」 米との溝深まる
11月10日 メキシコ国境の不法入国が6万人と大幅増
11月10日 トランプ氏“移民規制”に署名 反対の声も(国家防衛問題)
11月10日 一帯一路に対抗、米がインド太平洋に6・8兆円(国家防衛問題)
11月10日 米政権高官、対中融和の金融界けん制=「部外者は出て行け」
11月10日 「民衆の悲痛な声を聞け」学会員たちが公明党本部前で全国一斉抗議(移民テロ)(国家防衛問題)

↑このページのトップヘ