あんなこと、こんなこと。どんなこと?

自分の言葉をしゃべりたくなった翻訳者のきままな独り言:多様だから価値がある。反論、異論大歓迎

2011年04月

ご無沙汰しました。
マンションの壁に亀裂が入り、娘の所にしばらく避難していました。検査を受け、ありがたいことに今すぐどうというものではないということで自宅に戻ってきました。大きな災害に遭われ、避難生活を続けている人たちと比べればなんということのない小さな出来事ですが、当分修理は出来そうもなく、気の休まるときのない、はらはらどきどきしながらの日々を過ごしています。

若々しいホリエモンに触発されて開始したこのブログ、残念ですが休んでいた間に、堀江氏はどうやら近々収監されることになったようです。

法律上の解釈の違いで、額も、期間も他の大きな粉飾事件に比べ桁違いに少ないのに、例を見ない実刑判決が確定してしまい、実に残念です。しかも、LDのケースはまだ法律上も確立していなかったことについてのようですので、不公平感を強く感じます。また、彼のような異能の人間は、刑務所にいるより社会で働いて貰った方がどれほど日本の利益になることか、そういうことを考える「大人」の人たちが少なかったとは、日本にとって実に残念です。

特に、今のようにまさに戦時中のような瓦礫をかき分けて進むバイタリティと新しい発想が必要な時に、2年半も有能な人間を閉じ込めておくことに怒りを感じます。

惰眠をむさぼっていても上手く物事が回っていた平和時の優等生タイプではなく、今必要なのは、信念を持ち、新たな発想でビジョンを掲げ、不安な私たちを導いていく人間です。

筋が通らないことはイヤだという堀江氏は正しい。自分は悪いことをしていないと信じるからそう主張するという彼は正しい。表面上でも謝罪をする人間を許すが、自分を正しいと主張する人間は絶対に許さないという検察の姿勢は、法律を厳密に運用している結果ではなく、自分たちの感情に引きずられ、威信という空虚なものに振り回されていることを表しているように思えます。

今回の東日本大震災における彼の大車輪での活躍は目を見張るものがありました。いち早く様々な情報をそれこそ寝る間も惜しんでツイッターで流していましたし、震災後直ちにNGOを強力に支援し現地入りした行動力も素晴らしいものでした。ぼやぼやうろうろしていた誰かさん達ではなく、もし彼が自衛隊を動かせる地位にあったなら、救えた命が沢山あったのではないかと思えます。彼の行動力には少なくとも凍死という無残な結果はかなり防げたのではないかと思わせるものがあります。

善意の行動と法律上の違反はもちろん、全く別のものですが、彼の犯したと言われている法律上の違反は、法律家の間でも意見の分かれる類の、いわゆるグレーゾーンの定まった判例のない部分に関係していたようですし、細かな改正の行われた経理について、大きな立場から会社を引っ張って行っている最中の社長に実務上の細かな点まで責任を負わせるのは現実的ではなく、一般常識からもおかしいと考えます。

彼はすでにLD株を初めとする、細かな数字は忘れましたが、数百億円に及ぶ私財で賠償を行っています。今更、こういう非常時に、彼に非があったとしても、経済事件で、2年半も刑務所に収監する必要がどこにあるのか、私には全く理解できません。

私は堀江氏を支持します。

[追記あり]日本への募金を呼びかけるCMらしい。みんな頭を絞っているんだ。いいねえ。

以下引用。元記事はなぐりこみこちら

街に現れたゴジラによって、城や東京タワーなどが破壊されていくシーンを逆回しで再生した映像です。逆回転させると、ゴジラが壊れた建物を建て直し、復興している様に見えます。


日本赤十字の寄付、ボランティア等についてはこちらまで。

[追記:alchemistさんが壊れる前の名古屋城の大天守が見えるとおっしゃるので再度みてみました。本当だ!この映画の監督の遊び心でしょうか。でも切ないですね。こんな風に時間が巻き戻せるのならどんなに良いだろう。ゴジラも、未来社会からのタイムトラベラーもいないんですね。八百八人もいるという神様も…。

3.11の後、天皇陛下が国民に向けてメッセージを出されました。なんだかんだいっても、国民のことを二心なく真剣に考えているのはこの人なんだと思わせるものがありました。こういう人がこの国に存在する。ゴジラもタイムトラベラーも、神さえもいないとしても、なんという幸運でしょう。

普段は気にもとめない存在ないのに、いざというとき、一つにまとまる核となるうるものが存在している。日本って、こういう国なのだとしんみりし、同時に安心したのです。国母だの国父だの、古くさく、うさんくさい文字が、そうか、こういう安心感のことを伝えようとしたことなのかなどとも。国のトップがこういう大変な時期だというのに愚かにも保身を優先させ、日本を振り回しているこんな時、思惑や計算、裏など一切なく、ばらばらなものを一つにつなげることができる世俗を超越したものが存在するのは、歴史の重み…なんでしょうね。]

「天皇陛下のお言葉」
http://www.youtube.com/watch?v=mOERcHmrCkA&feature=player_detailpage

P1001271今年も、桜が咲いた。

数日前までつぼみも堅いままで寒風にさらされていたのに、週末に数本の気の早い桜が開いたと思ったら、もう5分咲き、6分咲きほどにも開いた。

待っていたよ。今年もやっぱり咲いたね。

母を公園に誘った。体調が今ひとつで家にいるという。

今年が一緒に花を見る最後となるのに。

両親は妹一家に引き取られ、来月、長野に引っ越すことになった。

ずっと助けてきたと思っていたが、助けられていたのは自分だったのだと今頃思い知った。

娘に、不器用だねと笑われた。

桜の花はいつまで保つだろうか。

このページのトップヘ