2006年01月20日

この国のルール、裁くのはマスコミ?

fb8cb51c.JPG

はっきり言っておく。門外漢だ。分かっていない。でもおかしい。ワタシは怒っている。

粉飾決算やインサイダー取引をしたのであれば企業として問題外。きちんと裁き、けじめをつけて欲しい。だが、黒であると誰が決めるのだ?

強制捜査のあと直ちに日本を代表する新聞各紙、テレビで一斉にライブドアが完全に黒であるかのような報道が始まった。監査も受けている多数のグループ企業を抱えたコングロマリットが黒であるとそんなに早く結論が出たのか?誰が出したのか?

ライブドアが粉飾決算や多数の偽装工作を行ったというマスコミの報道を正しいと盲目的に信じているかのような論調が主流を占めている。これまでのマスコミ報道がどれほど偏ったものだったか、よく分かっているはずだ。今回に限りマスコミが全面的に正しいといえるのか?

書類やデータは膨大な量なはずだ。それを分析し、おかしなところをあちらを調べ、こちらを調べ、整合性のないところを少しずつ洗っていって分かるようなものではないの?誰かが、絶対にライブドアは黒にしなければならない、黒でなくても黒として扱わなくてはならないと考えているのではないだろうね?

ワタシの常識では、データの分析が終わってから、明確な証拠があるものは別にして、解釈について法廷闘争があり、ここは正しい、いやここはおかしいとばたばたしたあげくに、やっぱり黒だから罰金ね、となると思うのだが。裁判もなく、データを押収されただけで、黒の大きなはんこを押され、事実上、マスコミにより倒産に追いやられるとしたら、正義はどこにある?

第一、ライブドアはグレーゾーンを、ルールブックの抜け穴を探して、それを活用してきた。それを得意技としてきた。それが完全に黒の部分を辿っていたというのはどうもにわかに信じられない。彼らはルールブックに書かれていないことをしたのではないのか?ルールブックにないことをしたからといって、今まで想定しない動きをしたからといって直ちに黒だと決めつけるのはおかしいのではないか?

もちろん、違法行為をしたのであれば断固罰して欲しい。個人的にも損してしまったし。でも彼らは有能な若者だ。意欲を持った若者だ。いくらでも日本のためになれる日本の貴重な人材だ。

恣意的に追いつめるな。結論がでていないことを断定するな。若者に命を絶たせるな。もったいないではないか。

悪いことは悪い。しかし、それを裁くのは法であってマスコミではない。



ganbare_watashi at 07:25│Comments(41)TrackBack(13)あーあ、何ナノこれって 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 国民は醒めている(恣意的な報道はNO!)  [ 時事を考える ]   2006年01月20日 10:56
さなえさんがこの国のルール、裁くのはマスコミ?@頑張れ私^^とおっしゃっています
2. 証券取引等監視委員は並び大名  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2006年01月20日 15:30
ライブドア捜索を合同で行った証券取引等監視委員会というのは、委員会と言いながら、委員長を含めて委員はたった3人。しかもこれが事実上、司法、公認会計士、大手マスコミの名誉職&再就職先ポストだからまことに頼りなげだ。
3. ライブドアは今後どうなる?  [ 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ ]   2006年01月20日 18:50
ニッポン放送株の時と同じように、合法的なものまで批判を受けているライブドアだが、あの時と同じようにメディアはITを潰そうと躍起になっている。 今回も、不可解な微妙な表現が多々用いられながらも、誰がどうみても既にライブドアが犯罪を犯しているという前提で話を....
4. フジテレビ+α の逆襲(ニッポン放送株問題の続き)  [ 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ ]   2006年01月20日 18:50
ライブドアは今後どうなる?でも、チラっと書いたのだが、この問題は、ニッポン放送株問題の続きで、フジテレビによる逆襲なのではないか?と考える。 提携しているハズのフジテレビの、一連のニュースに対する報道姿勢を見ている限り、まだハッキリしていない時点でどこよ....
 確かに今なら書き得的な雰囲気はあるし、推定無罪を踏み外しているのは明らかだ。ただ、権力犯罪や企業犯罪というのは、厳しく追及してしかるべきでもある。  一方で、
6. ライブドア騒動、呆れたマスコミ・・・  [ だんなの屋根裏部屋 ]   2006年01月22日 21:12
ライブドアの堀江社長がこの騒動の中でもブログを更新されています。 そこには非常識なテレビ局のことが記されています。 その名はテレビ朝日。 堀江社長の携帯電話の番号を何らかの手段で入手し、 10回以上も「出演依頼」をとは、信じられません。 堀江社長の現在の思...
7. まとめてUP 火曜から金曜 + あきれたマスコミ  [ 備忘録 ランダムウオーク ]   2006年01月22日 23:44
まんず、仕事から 火曜、水曜、私邸 剪定と肥料(牛糞と油粕)を蒔きじゃなくて、穴堀って埋める。 木曜 私邸にて剪定 金曜 冬休み中に作業した小学校での後始末諸々 画像は休み時間の校庭で元気な子供達  子供達がこんなに一杯いるのを見たのは何年ぶりでしょう....
8. バッシングで終わらせない2  [ カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights ]   2006年01月23日 19:19
今回の強制捜索に関して、別にlivedoorを擁護するつもりもなく、しっかり捜査し、正すべき点を明確にすることは、一般株主だけでなく、国民全体にとって得るところが大きいはずです。 ただ、昨年のJR尼ケ崎脱線事故の際に「バッシングで終わらせない」という記事を書きま....
9. 「正義」のコスト  [ ふぉーりん・あとにーの憂鬱 ]   2006年01月24日 08:00
日本では堀江氏とライブドア幹部の逮捕について、どういう受け止められ方をしているのか、今ひとつよく分からないのですが、私個人的には、実に暗澹たる、というか、やりきれない気持ちで今回のニュースを聞いています。特に暗澹たる気持ちになったのが、このasahi.comの記事...
10. 私たちが監視すべき対象はホリエモンの悪行なのか、それとも・・・  [ ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ ]   2006年01月24日 14:31
日テレが昨日からしきりとオンエアで使っているホリエモンと番組プロデューサーとの電...
11. ライブドア騒動に違和感  [ ヱンヂニヤ・トヲルの生活と意見 ]   2006年01月24日 22:40
このところ”ライブドア事件”が連日報道されていて、テレビなどマスコミが、盛大に「
12. [ゴーログ]証券取引法第158条を知っていますか?  [ 週刊!木村剛 powered by ココログ ]   2006年02月02日 09:15
 皆さん、こんにちは。木村剛です。先日、日曜日昼の番組で、他界したエイチエス証券
13. 数十億円の疑惑で1兆円の富が無くなっている  [ 株は世につれ、世は株につれ ]   2006年02月24日 23:35
PJニュースの「一線ジャーナリストに聞く、ライブドア事件」での経済ジャーナリストの岩槻礼次郎氏の意見です。 ライブドア自体に問題があるとはいえ、  〜中略〜  グループ企業を含めると、東京地検特捜部の大鶴基成部長はわずか1カ月の間に、1兆円の富を無にした。...

この記事へのコメント

1. Posted by だんな   2006年01月20日 08:03
私自身は、粉飾決算などは問題外ですが、法の盲点をついた行為も
企業倫理からははずれている行為と断罪します。
法の盲点という抜け穴を利用し、金を儲け、時代の寵児ともてはやされたのが、
ライブドアであり堀江社長だったと思います。
現在の拝金主義的風潮の発端となったのもライブドアですから。
企業は着実な実業を全うすべきなのです。実業とは「モノづくり」!
マネーゲームでは決してありません。

しかし、マスコミには私も呆れています。
彼らだって堀江社長をさんざんもてはやしたのではないですか。
成功事例の一つとして、IT長者やヒルズ族として・・・。
それが今は全面的に「悪の権化」じゃないですか。

個人的には、堀江社長には「モノづくり」の原点、そして現地現物に立ち返った上で、
カムバックしてもらいたいと思っています。
2. Posted by 井筒@徳島   2006年01月20日 08:36
1 おはようございます。

天下の公共放送を『自認』する、NHKがライブドア叩きを「クローズアップ現代」という特集報道で行い、< 黒!>と決め付けたのには、松本サリン事件の誤認報道から何も学ばなかった、報道機関の体質でしょうか?

それとも、NHKは報道機関ではなく、政治機関なので、この国のダークサイドから指示により、ライブドア潰しを行っているのでしょうか?

だいたいが株価の異常な下落を招き、取り付け騒ぎを起こしてしまったのは、一部の証券会社がライブドア株の担保価値を0にしたのが原因と聴いています。これもまた、ダークサイドの指示だったりして。
3. Posted by 井筒@徳島   2006年01月20日 08:45
追伸:
USAのケネディ大統領の父、ジョセフ ケネディ氏の言葉を思い出しました。

『お金を稼ぐのは簡単である。禁止されそうなことを禁止される前に行うことだ。』
4. Posted by 佐藤秀   2006年01月20日 10:05
>マスコミには私も呆れています。彼らだって堀江社長をさんざんもてはやしたのではないですか

エェェ、そうだったっけ。
近鉄球団買収のときは「いったい何物」って感じ。
ニッポン放送株買収劇の時はどちらかと言えばバッシング、小泉劇場参画でやっとおおっぴらにヨイショ。つまり、大衆人気を利用した政界=自民党のお墨付きをもらってやっと認知したってのが本当でしょ。つまり、最初にもてはやしたのはネット大衆でしょ。
5. Posted by tantanmen   2006年01月20日 10:22
多分外国のマスコミが感じたのは,日本が相変わらず政府主導で市場もコントロールするぞ,という意思を見せたということ,そしてそれを批判する世論が成熟していない,ということではないでしょうか.本来ライブドアー社のやり方が法の盲点を衝いたものであれば,バグを修正するのが本筋で,これは立法府たる国会議員の仕事です.もちろん構造強度偽造事件もしかりです.そもそも証券取引法や建築基準法に問題があるはずなのです.誰か犠牲の羊を見つければ事足れり,というのではあまりに貧しい結論です.そしてお書きになっている通り強制捜査が行なわれたからといって,容疑者は容疑者,犯罪は確定していませんから,人権は保護されるべきで,会社であっても同じです.これでは「風説を流布」しているのはどちらなのか,ということになります.マスコミも未熟なのです.
6. Posted by 王子のきつね   2006年01月20日 11:50
5 こちらの方が指摘しているように、マーケティングの専門家から見れば、ホリエモンのやってきたことは黒だったわけです。

ライブドアの株式交換取引(第9期)
http://www.tez.com/blog/archives/000610.html
ライブドアの財務分析(第9期)
http://www.tez.com/blog/archives/000611.html
「営業投資有価証券」の怪
http://www.tez.com/blog/archives/000612.html
会計ルールの「穴」
http://www.tez.com/blog/archives/000613.html
(isologue −by 磯崎哲也事務所)

最後の記事に、白か黒かを判断するのは、「監査法人や公認会計士という訓練を受けた『人間』が判断をする」とあるでしょ。そーゆー人が判断したんですよ。黒だって…。だから、地検が動き、マスコミが報道したんでしょ。
7. Posted by さなえ   2006年01月20日 18:35
だんなさま、>法の盲点をついた行為も企業倫理からははずれている行為<それはそうなんですが、倫理から外れているとか商慣行上けしからんということではなく、この国の法律はどうなっているのかということが非常に気にかかるところです。けしからんことは違法とイコールではないのです。私自身は地に足をつけた丁寧な生活を素晴らしいと思いますし、個人的にはずるい人間は嫌いですが、これは問題が別だと思います。
8. Posted by さなえ   2006年01月20日 18:39
井筒さん、なんであれ人の考えつかないことを先に考えつく人はそのことだけで批判を浴びるものです。でも人の後をついていくような人間は新しい事業を立ち上げることは出来ません。難しいところですね。アイルランドの移民であったケネディは大恐慌の間に株を買い、ケネディ王朝の土台を作ったそうですね。

tantanmenさん、毎回同じことをこの国は繰り返し、ますますひどくなるような気がします。法治国家であるということはどういうことなのか、疑いだけでここまで許されるのか、人権侵害が平気で許される国というのは怖いです。ストップをかけるべき機関が機能していないですね。
9. Posted by さなえ   2006年01月20日 18:48
王子のきつねさん、>「監査法人や公認会計士という訓練を受けた『人間』が判断をする」とあるでしょ。<
監査法人や公認会計士は司法機関や監督機関ではありません。ライブドア他の年次報告書は監査法人に確認されています。ライブドアが黒か白かが問題ではなく、この段階では「疑いがある容疑者」であるのに過ぎないのに有罪人として扱っていることが問題だといっているのです。様々な問題には様々な解釈が成り立つことも多く、それを判断するのは一人の公認会計士ではありません。
10. Posted by blue   2006年01月20日 22:01
5 トラバどうもです。ライブドアは私から見ると中学校の息子と同じ若さに見える。今は、ヨッテタカッテつぶす気ですね。これよりヒューザーの方が問題でしょう。だって命がけで住んでいるマンションがある。
一般投資家が損するだけなので潰してもいいんでしょうね。ヒューザーは政権与党の派閥のパーティー券の大口購入元だっていう話しもちらほら出て、ぶつける理由はありますね。有罪でもないのに、ライブドアの担保評価をゼロとしたり、ちょっとひどいですね。竹中さんも株を買えと言っていて、さんざん個人投資家が投資していたライブドアは今は袋だたき。パニックになった個人投資家が大量売りに出した翌日は、予定通り安くなった株を玄人が大量購入で一転反転です。つくづく個人が守られない国ですね。
11. Posted by takeyan   2006年01月20日 22:53
一見趣旨から外れたTBを張らせていただきますね。
日本は法治国家じゃないというお話です。
12. Posted by だんな   2006年01月20日 23:22
だんなです。

>佐藤修さま
プロ野球参入の時は確かにライブドアは叩かれていました。
IT系メディアやビジネス誌では、起業家の星のようなイメージで描かれていました。
IT業界の新規参入組であることと堀江社長の若さとバイタリティーが評価されていたような・・・。

>さなえさま
確かに法律で規定されていないようないろいろありますね。それを補うために政令や中央官庁の通達、そして地方公共団体の条例もあるわけですが、こうした法令で規定できないような倫理もあるはずです。
違法でなくてもけしからんことはあるし、「けしからん」とは言えないが違法でることもあるのです。それを法の不備といえばそうなのかもしれませんが。
13. Posted by さなえ   2006年01月21日 18:12
blueさん、ヒューザーの方が影が薄くなっていますね。証券取引法違反といっても20年以上も偽装工作した西武や、2000億円を超す粉飾決算をした鐘紡と比べるとたかだか数十億。それも別人格の投資ファンドを介在させたというのが違法なのかも微妙らしいのにマスコミのはしゃぎぶりはどうも気に入りません。マスコミ入社は超難関だそうなので馬鹿が揃っているとは思えないのに…

takeyanさん、どうもTBがうまくいかなかったようです。お時間があるときにでも、URLをお知らせいただけますか?拝見します。

だんなさま、きっぱり、法の不備です。他が目をつけなかったことに目をつけなければ新しい事業は興せません。調子に乗っていたとは思いますが、行き詰まっていたものを打破するにはインパクトがなければ打破できなかったと思います。
14. Posted by takeyan   2006年01月21日 19:06
すみません。やはりTBが入らないので、下記に示すURLをご参照ください。
http://ameblo.jp/takeyan/entry-10004239023.html
それと、だんなさまへの横レスですが、日本の司法体制は、欧米の法治国家と異なり、非常に恣意的な運用がしやすくなっています。
つまり、違法でもさばく場合とさばかない場合があり、しかも、すべて順法で行くと仕事が成り立たない場合が多いのです。また、法の不備を補うはずの通達や行政解釈に法規制の実質があります。
これは、労働法規、税法、あるいは身近なところで交通違反が典型ですが。
罪刑法定主義は自分の行動の結果の予測可能性と密接にリンクしていますが、この国は正直法治国家という皮をかぶった人治国家という側面を色濃く持っていると私は感じています。
15. Posted by さなえ   2006年01月21日 19:26
takeyanさん、拝見しました。そうなんですよね。第9条問題はクジラと同じく冷静な科学的な検証対象ではなくなってしまっているので、まるで踏み絵のように書くこともできなくなっています。憲法という国の骨幹からして正面から見据えることもせず、恣意的に解釈されるままきてしまっていますから、歪むままに、正す人もいない現状を、袋だたきにあった不運な人間はひたすら嘆くしかないのでしょうか。おかしいと感じている人は多いはずなのにどうすれば声が結集するのでしょうね。法治とか人権という概念すら浸透していないこの国は、まだ近代化されていないということなのでしょうか。
16. Posted by だんな   2006年01月21日 21:17
確かに法(法律や政省令や条例など)のグレーゾーンは多いと思います。
ある意味、省庁の課長クラスによる通達で運用されているのは、人治主義といっても過言ではないでしょう。憲法第9条の解釈なんかその典型例ですし、環境法令でもまったく同じです。
ただ、ライブドアの問題となっている所為は正当な企業活動とは決して言えないと思います。法の盲点をついた金儲けは違法行為ではないにしろ「脱法行為」であり、企業経営にあたっては許されてはならないと思います。遵法で仕事が回らなければ、それを業界団体や渉外などのルートを駆使して、法を変えさせるような動きをすべきなのです。当然マスコミへの公表もですが・・・。幸いにして小泉内閣が「構造改革特区」という枠組みで、様々な規制緩和策を打ち出しています。こういったモノを利用してもよいのです。
17. Posted by さなえ   2006年01月22日 09:46
だんなさま、脱法行為を擁護しているわけでも、ライブドアを白だと考えているわけでもありません。法という観点から、この国はあまりにもフェアではないと思えるという話です。有罪判決が出るまであくまで容疑であり、推定無罪なのです。法はすべての人に対して平等であるというのが絶対的な基本だと思っています。背骨です。土台です。それを司法や政府、そしてマスコミ、つまり国民が尊ばなければいつでも、誰でも、誤認逮捕され、名誉回復する手段も与えられないままとなる可能性があるのではないかと危惧するということです。
18. Posted by 47th   2006年01月25日 06:39
TB・コメントありがとうございました。
頂いたコメントなどから、また考えるところがあって、新しいエントリーをアップしたのでよければ、そちらもご覧下さい^^
19. Posted by 異議あり   2006年01月25日 09:12
王子のきつねさんが引用しているブログは確かによく分析できていますが、このタイミングで投稿されてもねえ。。分かっていたならもっと早く投稿していればいいのにねえ。
20. Posted by さなえ   2006年01月25日 10:47
47thさん、拝見します。

異議ありさん、ですよね。それに会計上の扱いと法律上の扱いとでは異なる部分があると思えるのです。
21. Posted by natu   2006年01月27日 23:43
isologでは例のフジテレビの件のころにも似たような投稿されてましたよ。
遠慮がちにでしたけど、それでもフジの回し者かとか、散々バッシングされてましたね。
たしかに黒と決まったわけでもないのにバッシング報道はひどいとは思いますが
今までそのマスコミを利用して時価総額経営をしていたわけですから、
宣伝はしてほしいけど、悪口は止めては通用しないような気が…
それよりもこれだけ迷惑をこうむった人がたくさんいるのに
擁護する声が多いのに驚きます。ホリエモンって人気あるんだな〜と。
22. Posted by さなえ   2006年01月30日 09:07
natuさん、いらっしゃい。気づかずお返事が遅くなりました。罪が確定されておらず無実の可能性もあるのにここまで踏み込んで良いのかと怖くなっているのです。弁護士さんたちの検証、http://www.ny47th.com/fallin_attorney/archives/2006/01/post_143.htmlおよびその続編、http://blog.livedoor.jp/maxmasahiro/archives/50424107.htmlおよびその続編、技術者の意見http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20060127#p01もごらんになってください。また日本における冤罪の多さは何を表しているのか、全く他人事ではありません。
23. Posted by t.t   2006年03月25日 22:21
だんなさんへ

「法の盲点をついた金儲け」といっても、「違法」でなければ、誰も取り締まる権限はないし、金を儲けたとしても、そんなことは自由のはず。それを取り締まるために「倫理に反する」などという理由で逮捕できるというのかね?アンタの主張はそれくらい愚にもつかないバカバカしい主張でしかないし、そんなこともわからずに、こんなヤカラのアホな主張を真に受けて、うなずく人たちの多いここのブログの人たちのレベルの低さに驚くと同時に、いつから日本人の頭のレベルがこれほど低下したのかと思う。検察だって、警察だって、取り締まれるのは「具体的に法律違反を犯した」場合のみに限られる。ライブドア事件だって検察はライブドアが「具体的に法律違反を犯した」からという理由で逮捕行為をやったわけだ。けっして「倫理違反」がその理由ではない。そして「倫理の善し悪し」は検察が決めるものでもない。
24. Posted by t.t   2006年03月25日 23:56
だんなさんへ2

「法の盲点という抜け穴を利用し、金を儲け、時代の寵児ともてはやされたのが、ライブドアであり堀江社長だったと思います。」
と言い、それが「企業倫理」に反するとアンタは言い切っているが、そんなのはアンタの勝手な独断と偏見にすぎない。じゃあライブドアのどの辺がアンタのいう「企業倫理」に反する「悪どい」「法の盲点という抜け穴を利用」した金儲けに当たるのか具体的に示して見せろと言われてアンタ示せるのかね?何も示せないなら、そんな偉そうなことを言える資格はないよ。
そもそもアンタのいう「企業倫理」の中身って、古い既得権を持った旧体制
の経営者たちが、自分たちの支配の永続のために、「密室談合」などと共に、公正・公平な取引を阻害し、新規参入を阻み、ベンチャー企業の成長を妨げるために作り上げて来た、それこそ正真正銘の「悪どい」仕組み=「日本の資本主義の旧弊」を正当化
25. Posted by t.t   2006年03月25日 23:58
だんなさんへ3

しようとするものがいっぱいつまっていて、ライブドアは、そういう「日本の資本主義の旧弊」を守ろうとするような「企業倫理」に風穴を開けたかもしれないが、それは、「悪い」と叩かれるより、日本の資本主義の発展に大いに貢献する「大変良い事」と大いに評価されてしかるべきことだと私は思う。つまり「悪い」かどうかは見方によるわけで、アンタの言うような「絶対的」な意味での「悪さ」はないのが本当のところなのだ。確かにろくでもない「旧弊」を打破するためでも「法律違反」までやって良いとは言わないが、合法的であれば、世の中のためになるのだから、何をそんなに目くじら立てる必要があるのか?守旧派たちは、自分たちの永続支配のために作り上げて来た「日本の資本主義の旧弊」の数々を守りたいからライブドアのような、そういう旧体制に風穴を開けようとする会社を、
26. Posted by t.t   2006年03月26日 00:00
だんなさんへ4

旧体制のカビのはえた古臭い「企業倫理」に反する「悪い会社」だとか「脱法行為をやっている」とか言って非難するわけで、ベンチャー企業の経営者でライブドアを「企業倫理」に反することをしている「悪い」会社だと非難する人は少ないのを見てもそれは明らかだ。そんなことも理解しないし、見抜けず、守旧派たちの意図通りに声高にライブドアを「企業倫理違反」と非難するアンタみたいな頭のレベルの低い連中のピエロ性というものを、このブログの読者もよく理解してもらいたいと私は思っています。
27. Posted by さなえ   2006年03月27日 18:43
t.tさん、いらっしゃい。色々な意見があるから面白いのだし前に進むと思っていますし、何より各人が自由に意見を言えることが大事だと思っています。議論は歓迎しますが、意見と罵詈雑言は違いますので、互いに尊重するということでお願いします。

だんなさまに声をかけてみますね。
28. Posted by だんな   2006年03月27日 22:57
>さなえさま
この場をお借りして申し訳ないのですが、
t.t氏に苦言及び少々反論致したく存じます。
以下にそれを記しますので、ご容赦ください。

少なくとも他人のことを「アンタ」と言うのは、
非常識ではないでしょうか。
意見があるのであれば、罵詈雑言を並び立てるのではなく、
最低限の礼儀も必要です。

そして、企業倫理に関してですが、
少なくとも貴殿が指摘されている具体的な法律違反、
これこそが企業倫理の欠如を示しているのではないですか。
密室談合も法律違反ですが、ライブドアの行為も法律違反です。
また、自社の株価をつり上げようと、異常なまでの株式分割、
そして決算書の偽装といった行為、これこそ倫理違反です。
市場を欺いたことをどのように正当化するのですか。

議論をしたければ、私のブログへどうぞ。
最低限の礼儀を尽くしさえしていただければ、大歓迎です。
29. Posted by t.t   2006年03月30日 06:22
いいがかりは反論じゃない

「少なくとも貴殿が指摘されている具体的な法律違反、これこそが企業倫理の欠如を示しているのではないですか。」

私がいつ「ライブドアが法律違反を犯した」などと言ったんでしょうか?
私は「検察はライブドアが『具体的に法律違反を犯した』からという理由で逮捕行為をやった」とは言いましたが、私は「ライブドアが法律違反を犯した」などとは全然思っていないし、ライブドアの法律違反を「指摘」したつもりもありません。そんなことは、私の文を読めばほぼ明らかに察しがつくはずだろうに、「貴殿が指摘されている」などという言い方は、そういう「いいがかり」論法で相手を非難するヤカラの常套手段でしかない。「倫理、倫理」と声高に「倫理」を叫ぶ奴に限って、平気で人に「いいがかり」
をつけるような「倫理的とは言えない」態度を取るわけで、
30. Posted by t.t   2006年03月30日 06:25
いいがかりは反論じゃない

笑わされてしまいます。

なるほど検察は「風説の流布」だの「偽計取引き」だの「粉飾決算」だのと言い立てているけれど、言われている個々の取引に関しては、特におかしな点は見られず、何が「違法」なのかさっぱりわかりませんね。私には検察が自己の見解を押し付けているだけているだけであり、ことさら世間の人にそういう色めがねでこの事件を見させよう、見させようとしているだけにしか
見えませんな。ま、検察は旧体制に風穴を開けようとする「危険分子」のホリエモンをよほどやっつけたいのでしょうね。何としてでも罪をなすりつけて、ホリエモンを社会的に抹殺したいという強い意志さえ感じられる。確かにホリエモンのようなヤカラが横行すれば、自分たちが「護持」したい「旧体制」という名の「国体」が危うくなってしまいます。エリートの検察官たちからすると、
31. Posted by t.t   2006年03月30日 06:27
いいがかりは反論じゃない

さしずめ2.26事件の青年将校のごとく、「世直しだ!」との
意識なんでしょうが、そのためには罪をでっち上げてもよいと思うのは、エリート検察官たちのとてつもない思い上がり以外の何ものでもないことを、ホリエモンを逮捕したエリート検察官たちにも私は理解してもらいたいものだとつくづく思います。
それはともかく、検察が違法だ違法だというわりには、どこに違法性があるのかさっぱり見えてこないのも事実で、たどえば、「ライブドアマーケティングが、既に実質ライブドアの傘下だったマネーライフを『子会社化する』と虚偽の発表をした。」のが「風説の流布」にあたるなどといわれるのだが、マネーライフ社を買った投資事業組合の主たる出資者がライブドアマーケティングだったとしても、ファンドの仕組的にみれば、ファンドの資金提供者と意思決定者は別になっていて、
32. Posted by t.t   2006年03月30日 06:30
いいがかりは反論じゃない

もともと育ててから売るのが目的であるならば、ファンドが保有している間は、ファンドを通じて取得した企業と資金提供者の間の直接的な支配関係は発生せず、したがって、法的には連結決算に組み入れる義務も負わないことになっているという事実を読者の皆さんもご存知だろうか?
また、こうした場合に、もともとは売る目的であったとしても、資金提供者自身にとって魅力ある将来性が見えてくれば、資金提供者自体が連結に組み込むために株式を直接保有したり、グループ会社とくっつけたりするというのも別にめずらしい話でもない。だから、ライブドアマーケティング社が、最初売る目的でいったんファンドが保有したけれども、後からファンドが保有するマネーライフ社の直接保有をはかろうとしたからと言って、別にとりたてておかしな取引とは言えず、
33. Posted by t.t   2006年03月30日 06:33
いいがかりは反論じゃない

実際に株式交換が実施され、プレスリリースの主体はライブドアマーケティング社であり、ファンドが保有している間は、マネーライフ社はライブドアマーケティングの子会社ではないのだから、「株式交換により完全子会社化する」というプレスリリースは何ら虚偽にはあたらないし、このような取引で、ファンドの実質保有者が誰かを開示することは通常ないし、その必要もなければ、積極的な開示義務があるわけでもない。そもそも通常は旧株主について開示しなかったというだけで風説の流布や偽計に該当するようなことになるものではない。それなのに検察が、それが風説の流布や偽計に該当すると言い立てるのは、おかしくないものを無理におかしいものと人々に思わせようとしているからだと言われても仕方ないと思う。実際検察は、ちょっと狂気の沙汰としか思えないところが見られる。
34. Posted by t.t   2006年03月30日 06:34
いいがかりは反論じゃない

たとえば、「ファンドの資金提供者がライブドア・ファイナンスであることが分かっていれば、株価は上昇しなかった」という検察の言い分ひとつとって見ても、実際問題とても簡単に立証し得る話じゃない。何でそんなに強引な「解釈」で突っ走るんだろうと思う人も多いと思う。やはりホリエモン逮捕は「検察の暴走」なのだろう。
さて、検察が言うには、ライブドアは、「風説の流布」に基づく「偽計取引」により株式分割後に株価を高騰させるように図り、その結果、マネーライフ社を保有していた投資事業組合が、ライブドア・ファイナンス株を海外ファンドに8億円余で売却、投資事業組合がこの売却により得た収益約6億円がライブドアに還流というスキームが、商法で禁止されている自社株の売却益を利益に計上する行為であり、これが「粉飾」にあたるのだとのことだが、確かに平成13年商法改正で制度が変わり、
35. Posted by t.t   2006年03月30日 06:36
いいがかりは反論じゃない

一般的には自社株の売却益は資本に入れるのは合法だが、利益に計上するのは違法とされるようになったのだが、ただし、自社株の「直接保有」に対して「間接保有」の場合は事情が違ってくる。連結対象にならない限りは自社株式を持っている法人の持分(つまり自社株式の間接保有分)を資本の部に計上すべきということにはならないのだ。連結されない限りは、投資持分は直接保有自社株式とは異なって、あくまで資産であり、先に説明したように、マネーライフ社を保有していた投資事業組合は、売るのが目的で企業に投資するファンドであるから、
もともと連結の対象からはずれており、ファンドの資金提供者であるライブドアファイナンスの投資事業組合の出資は、いわば純投資に該当し、投資信託を買ったのと同じであり、定款上ファイナンスを事業とする会社ならば、
営業利益として組み入れてよいことになるのであって、
36. Posted by t.t   2006年03月30日 06:38
いいがかりは反論じゃない

違法だ違法だと検察
がいくら言いたてても、法的には、少なくとも違法とまでは言えないという
結論が出てくるのであって、検察も、今回の会計処理そのものがストレートに粉飾といえないと思ったからこそ、開示書類の虚偽記載ではなく、わざわざ風説の流布・偽計の方に持っていったわけなのです。
令状は「堅い罪で」が基本だが、そうだとすれば、有価証券報告書の不実記載の方が、普通に考えれば「堅い」わけで、あえてそちらではなく証取法158条に行ったというのは、ダイレクトに粉飾といえなくても、総合的にみて計画された相場操縦的な行為だという考え方でいっているわけで、ホリエモンを罪に陥れるために、検察はかなり無理をしていることがうかがえ知れるというもんです。
37. Posted by t.t   2006年03月30日 06:40
いいがかりは反論じゃない

このように、公正・公平な立場から、冷静にひとつひとつつっこみを入れていくと、検察のおかしさがよくわかってくるのだから、私は、皆さん方が、ホリエモン=悪者との短絡的な決め付けではなく、もう少し事態を冷静に、深く考えてみて見ることをお勧めします。
38. Posted by t.t   2006年03月30日 21:43
書き損じの訂正

上記私の書いたコメント「いいがかりは反論じゃない」の中で、若干書き損じがあったので、訂正します。
まず、「いいがかりは反論じゃない」の文中において、「たとえば」と記するところで、「たどえば」と記しておりました。
次に、「いいがかりは反論じゃない─廚諒乎罎如屮侫.鵐匹了餠眥鷆ー圓任△襯薀ぅ屮疋▲侫.ぅ淵鵐垢療蟷饂業組合の出資は」となっているのは、
「ファンドの資金提供者であるライブドアファイナンスの投資事業組合への出資は」が言い方として正しいので、これに訂正します。つまらない書き損じで意味が十分理解できなかったとしたら申し訳ありませんでした。
39. Posted by さなえ   2006年04月01日 13:18
t.tさん、ブログを立ち上げませんか?コメント欄では十分言いたいことが言えないのでは?簡単ですよ。数分でできてしまいます。こんなに簡単とは思わなかったので、私などはタイトルも用意していなくて、その場で思いつきで決めたくらいです。
40. Posted by t.t   2006年04月01日 23:00
さなえさん、
村岡元官房長官の無罪判決で裁判所は、検察による罪のでっち上げの疑いをも明確に言及していますが、ホリエモン逮捕にも、この場合と同じ、検察による罪のでっち上げの疑いが濃厚であると考える人が私だけではなくたくさんいます。なぜなら、この逮捕劇は、最初から異常づくめで、たくさんの人に大きな違和感を感じさせたからです。生き方や考え方、倫理観が正反対であるのが気に入らないからと言って、無実の人を罪に陥れてよいとの考えがもし検察の中にあるとすれば、「ライブドアの法律違反」なんかより、そっちの方が、何億倍怖いかはかり知れないと思います。オウム事件の時、犯人と決めつけたマスコミやジャーナリストは、河野さんに頭を下げてあやまったのでは?その時の反省や、推定無罪の原則を忘れてしまったのであれば、「検察の暴走」は誰が食い止めるのでしょうか?読者の皆さんもよく考えていただきたいと思います。
41. Posted by where can i find garcinia cambogia   2013年12月19日 21:59
5 Thanks for finally writing about >_�__�___�__:__d________ <Loved it!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字