沖縄木国益を損ない、イラクの自衛隊攻撃に転用されたかもしれないもっと重大な犯罪と思われるヤマハ発動機のことも、いったん地震が起きたら数十人の死亡者が出たかもしれない倫理的にも絶対に許されない犯罪である偽装事件にもほんの少々触れるだけで、黒とも白とも判然としない、ほとんどが解釈の違いに思えるライブドアに全精力を傾けているニュースを見さされていて、気付いたことがある。

ライブドアの取締役の数が6人で、うち3人が逮捕されたので取締役会が開けないため、宮内氏が辞任して取締役会を開催したというニュースにひっかかった。仕事柄多数の定款を訳しているが、取締役会の役員数や定足数、その運営にかなりのページを割く企業が多い。会長がいない時には社長が、社長も駄目なら専務がなどとながながと書いてあり、数は奇数だ。6人?

ここで、早々とフジテレビが派遣していた取締役を引き上げたことを思い出した。強制捜査が入っただけで、容疑だけで取締役を辞任させたのだが、早すぎたのじゃない?感情とビジネスは分けた方がいい。つまり、3人逮捕でフジテレビの取締役を入れた4人が残ったのであれば、フジテレビは労せずして、金も使わず、ライブドアを実質的に支配できたのではないだろうか。

なんだかんだ言われているが多額の現金を有し、50社に及ぶ子会社があるのに、それを手にするチャンスを放り投げてしまった。もったいないね。。緊急時にホリエモン他に連絡も相談する手段もないときに、確かホリエモンに次ぐ第2位である大株主が強力なプランを持ち出して強く主張すれば普通、それに従うしかないのではないか。

ホリエモンを首にして、フジテレビ派遣の取締役が社長となり、フジテレビの子会社化して立て直すと宣言することもできたのではないの?何らかの非難があったとしても、どうせ忘れっぽい国民だし、マスコミという強大な権力を手にしているのだからナントでも言えるでしょ。

大株主なのに自らライブドアの有罪を、容疑の段階で、宣告する言動で混乱に拍車をかけたのは、これは何罪?

保有株をすべて売却することを表明しているが、ストップ安が続くところに売りを表明すると自分の持株の価値を自分で引き下げていることにならないか?まったくフジテレビはビジネスが下手なのね。