5c3ba38f.JPG
理解できないことが多くて困ってしまう。東証はいったいどうなってしまったのか。システムのダウンだの、売買が処理できないから時間を短縮するだの、資本主義の中心として恥ずかしすぎる出来事を繰り返していると思ったら、今度は血迷ってしまったらしい。売りたい人が殺到しているライブドア株がネットで買えない。
 
前の記事の尻尾で追記したことを下にコピーするが、それを読んですぐに買えた人がいるのに、私やごろーさんのように買えないネット証券がある。こんなことが許されて良いのだろうか。一部の人だけが買えて(売れる場合も同じだが)、他の人が買えない(売れない)状態こそ、あってはならない市場の状態ではないのだろうか。
 
ライブドア証券からメールが来た。どうやらライブドア証券ではライブドア株を買えないように東証が規制をかけたらしい。他の証券会社では買えるのだから個人投資家を使っている証券会社で差別するということがあっていいのか?

ライブドア証券からのメール
東京証券取引所よりライブドア株式(4753)につき以下の規制を実施す
る連絡がございました。

同規制措置の内「買付代金(現金)の即日徴収★」により、ライブドアトレ
ードではライブドア株式の現物の買い付けはお受けできませんのでご了承く
ださい。
また、ライブドア株式は監理ポストに移行しておりますので、信用新規建て
注文はお受けしておりません。

ごろーの日記:ジュダイの復讐

野村ホームトレードからのメッセージがこれ。
「恐れ入りますが、ただいまのお申込はお取扱できません。ご指定
 の銘柄は、取引所の規制措置によりお買付についてお客様から買
 付代金(現金)を即日徴収することが求められております。
 お手数ですが、ご注文につきましては営業時間中にお取引店へお
 問合せください。」

???
昼休みの短い時間には、何度読んでも理解不能だった。

今は100円のものが70円で売っている特売状態なのだ。
もちろん口座にはありったけの現金を入れておいた。

 
買ってみようという人が少ないから問題になっていないのかもしれないが、こんな大きな問題、マスコミは無視しないで欲しい。買い注文をシャットダウンしたらますます売り圧力が増すではないか。もしかしてそれが狙いじゃないでしょうね。私の妄想をこれ以上広げないでほしい。まったく。
 
アンフェアで不透明、弁護士の立ち会いを許さない取り調べ、容疑者を犯罪者扱いするマスコミ、東証まで恣意的とは、ますます不思議な国ニッポンだ。
 
<<追記>>ニッポン放送騒動の時にライブドアを応援すると80歳を大きく越えた両親がそれぞれ相手に内緒で100株ずつを購入していたのだが、今回、証券会社からの指示で2人とも株を処分していたことが判明した。その証券会社は「そのままもっていると紙くずになるから今処分するように」と2人に電話をかけてきたというのだ。これまた変ではないか。2人は少々の株をもっているだけで、別に特別なお得意様でも何でもない。以前、野村と取り引きしていたとき、売却しようとしたら、今売却しない方がいいとしつこく言われて損を被ったことがあった。あとで、機関投資家の売り抜けのために個人投資家を犠牲にした事件だったことが分かり、野村から引き上げたことがあったが、どうもうさんくさいなあ。