P1000636夜のうちに雪が降ったのを知らなかった。

前日外出したときには2年ぶりに降ったという雪はすっかり溶けていたので、一度はいたブーツを履き替えて出てきたというのに、公園はすっかり銀世界に変わっていた。道路も凍り付いていて別世界のようだ。

こんなに美しく衣替えをした日に朝青龍は引退した。引退させられた。まだ本当は何があったのか分からないままに。

やんちゃな少年のまま大きくなったような朝青龍は、格式だの、品格だのと言っている当人たちも持ち合わせず、良く分からないものに追い詰められた。

元々異能であるから、異形であるから神に近いと思われていたのではなかったのか。朝青龍はまるでスサノウノミコトみたいだと思っていた。大きなエネルギーをじいさん、ばあさん、若年寄ばかりの国は御しきれなかった。日本に必要なことは自分にない異能、異形の者を取り込んで自分のものとすることなのに。

誰もが暴力はいけないと言うが本当にそうなのだろうか。プロの格闘家として暴力を実際に一般人にふるっていたとしたら、もちろん、まずいが、一般論として、例えば自分の母親が侮辱されたときへらへらとしている男は、それだけで最低の男だと大抵の国でみなされるだろう。自分の人生を賭しても守る者を守るのが男というものだ。彼をそんなに怒らせたのはどういう言葉だったのだろう。真実を知りたい。

朝青龍は単に短気なだけの男だったのだろうか。彼がモンゴルのストリートチルドレンのために奨学金を出し、祖国のために頑張っていたことを考えても、どうもそれだけではないような気がする。単身16歳で来日し、文化も風習も食事も言葉もすべて異なるところで、小柄ながら25回も優勝し、日本語もここまで上達させるのは、並大抵の努力では追いつかない。彼は祖国を背負って頑張っていたように思えるのだ。

わずか29歳なのだ。円熟した大人になれば相撲だけではなく日本のために大きな働きをしてくれたに違いないと思えるのに、実に惜しい。問題が多すぎたと言うが、再起不能といわれた場所で優勝して思わずガッツポーズが出たから厳罰、モンゴルへの巡業を求める署名活動をしたから厳罰、例のサッカー騒動も、マスコミ扇動の誤解が問題を大きくしたのであって、チャリティに数分間参加したことが厳罰。厳罰に処さなくてはいけないような問題だったのだろうか。

日本全体がまるで意地悪婆さんになってしまっているようだ。総ヒステリー状態というのだろうか。しかしだ、一番厳しい倫理観を有すべきトップが倫理観が希薄で、けじめをつけるべき人間がつけないというのに、緩く見て当然な別世界の人間にしゃちほこばって生きよという。ああ、おかしい。おかしい。反対だろう。

朝青龍は、指導者に恵まれれば、大きな人間に成長する。大きな政治家になるかもしれない。モンゴルとの大きな架け橋にだってなれるだろう。負けるな朝青龍。