朝日新聞の社長がようやく会見を開き、「吉田調書」について謝罪し、ついでに「吉田証言」についても少し言及した。自身の進退についても言及していたので、朝日叩きはおかしいなどと言う人たちが現れている。

しかし、これは始めの一歩に過ぎない。世界に広まった日本人は20万人の少女を誘拐、暴行、性奴隷にしたという評判は生半可な努力では消せない。現在の戦争は、爆弾ではなく評判で戦われている。今後長い情報戦を戦って勝っていかねば子供たちの将来は危うい。

強制連行に関して朝日新聞は謝罪していないし、相変わらず女性の人権問題云々と論点をすり替えている。

過去の戦争当時の女性の人権はひどいものだったし、今でもひどい。そんなこと分かりきっている。世界で女性がどのように扱われているのか、女性の人権を言い出したら切りがない。おまけに過去を現在の判断基準、価値観で裁くのは間違っている。戦前、戦中の小説を読むだけでどんなものだったか十分想像できるし、吉原などいわゆる売春を生業とする赤線も違法ではなかった。従軍慰安婦もそのほとんどが、8割が日本人女性だったと言われている。

親に売られ、親の借金を肩代わりし、また楽でお金になると自ら進んで慰安婦になった人もいるだろうし、戦時中ということで自分が役に立てればと志願した人もいたかも知れない。

しかし、問題はそこではなく、軍がトラックで村を回り、暴力で少女たちを誘拐し、合計20万人も慰安婦にしたという恐ろしい話をねつ造し、それを検証することもなく真実として16回の連載キャンペーン+1000回を超える記事に仕立て上げ、世界中が信じるようにしてしまったこと、また何度もその話が根拠がなく嘘だと指摘されながら、検証もせず最初の証言から32年間も放置していたことだ。

女性の人権云々とは全く別の問題だ。

最初の元軍人の証言そのものが嘘であったこと、それを信じて記事にしてしまったことをはっきりと認め、世界中にその事実を配信し、世界中に謝るということが朝日新聞がやるべきことだ。未だにやっていないが。

池田信夫さんの一連のブログ(例:http://agora-web.jp/archives/1612716.html#more)によると、この話は北朝鮮がらみの利権から発生したという。これは憶測に過ぎないかも知れないがあまりに時間的にも符合し、放置した理由、放置されてきた理由にぴったりはまるのでかなり近い話ではないかと思える。なんせ忘れやすい頭をしているので、詳しくは池田さんのブログをお読み下さい。特にVTRでの石井孝明さんとの対談は整理されていて分かりやすいです。

何でも1兆円の資金がからんだ話で、金丸訪朝もそれに乗っている。北朝鮮が請求していた1兆円を捻出しようとしていたこと、福島瑞穂がこの話を持ち込んだこと(彼女が強制連行された慰安婦と称する女性をマスコミに売り込みにきたこと、その女性に話すべき事を教え込んでいたとの証言があること)、記事を書いた記者は朝鮮人の女性と結婚し、その義母は賠償金請求の団体の会長であったこと。後にこの義母は団体の資金を持ち逃げしたこと。朝日の次のキーパーソンが、20代前半の若さで20歳の朝鮮人男性を養子にしていることなどで、北朝鮮の工作員に取り込まれていた可能性があること、慰安婦に賠償金を支払うとすれば計算上1兆円ほどになること、その1兆円を仲介すれば莫大な金が関係者に入ることなどだ。そういった背景が本当にあるのであれば、またトップでその話が出たことがあるのであれば、あまりに危なくて強制連行の話が嘘だと分かりつつ、引っ込みがつかなくなり、長年手が付けられなかったことも理解できるし、未だに女性の人権に必死に話をすり替えようとしていることも、これ以上、長年放置の理由に踏み込まれるのを避けるためだとすれば一応理屈は通るような。

もしこれがいわれのない言いがかりであるのなら、本当のところはどうなのか、朝日新聞は、自ら言い逃れのない真摯な謝罪を国民及び国際社会にすべきだ。

すでに中国や韓国では日本が言論を弾圧して朝日に嘘だと言わせているというような論調が出ている。国会の聴聞、国の調査を受けて身の潔白を証明すべきだが、何より先に、自分がやってきたことの重大さを見つめ、責任を取ることだ。そうしない限り、右や左もなく、日本人として、自分たちの子孫のためにも、絶対に許してはならない。