[追記あり]
PCの前に座り込んで妹からのメールを待っている。

酷寒のアメリカ中西部から酷暑のオーストラリアに到着していても良い時間はとっくに過ぎているのにうんともすんとも言ってこない。

引っ越し直前に、米国西海岸に赴任したばかりの姪一家を訪ねるという暴挙もしている。6歳年下だけど、もう十分に高齢者の域に達しているのに、引っ越し騒ぎだけで大変なのに、2週間以上連続という過酷なお別れパーティを連夜こなしている。温度差を聞いただけでひっくり返りそうだ。

おまけにダンナがねえ、仕事は出来るけど、それ以外はぶっとんでる人だから、妹の気疲れが大変。飛行機に遅れなければいいけどとあったメールの次に、「遅れた」というメールが来てそれからなしのつぶて。日本で調べてもどうにもならないが、とにかく飛行機の時間を調べる。到着に40時間超などというのもある。気が遠くなる。

大丈夫かい?大丈夫じゃないよね。気が揉める、気が揉める。私が気を揉んでも仕方ないけど、気が揉める。座ってないで部屋の片付けでもしなさいと、娘に一喝されそうだw。地球は小さくなったのか、大きくなったのか…。しなくても良い無駄な心配ばかりするのは、やっぱり平和で暇だからのような気がしないでもない。困ったヤツだ、ワタシw。

ウロウロ落ち着かないので買い物に出かけ、帰りに友人とばったり出会い、立ち話を1時間w。戻ったらようやく妹からのメールが来ていた。
 
1便遅れただけで無事に到着したとのこと。ヤレヤレ。ホッとした。お騒がせしました。
誰かに話すか書くかしないと落ち着かないというのも相手にとっては飛んだ迷惑で困った習性だが、どうしょうもない。こっちは忙しいのよ、切るよ、切るよと叫びながらも相手にしてくれる娘や書く相手がいて、ワタシって幸せw。