先週だったか、30度を超える暑さを記録した日、ショッピングモールにさしかかったら、赤い顔をした中年男性がベンチで寝ていた。足下には酎ハイの缶が…。しょうがないなあ、真っ昼間からと思ったのだが、なんせ30度超えという暑さで、顔が赤い。おまけに頭がベンチからはみ出てガクリと垂れ下がっている。

もしかしたら病気?熱中症?行き倒れ?ぐったりとしているようにも見える。もしかしたら缶はその人ではなく他人が放置した物かも?考え出すと心配になる。段々心配が大きくなり、モールの受け付けで警備員か警察に確認して貰うよう要請し騒ぎとなった。余計なお節介だったかもねえ。

昨日、近所の小道からオートバイが出てきて少し大きな道へと勢いよく出て行った。若い20台半ばの首にタオルを巻いた男が運転していて、後ろの座席には2、3歳くらいの小さな男の子がこれまた首にタオルを巻いて、その父親の腰の辺りにしがみついていた。

え、何、これ。男があまりに当然という顔で走って行ったので呆然とし、はっと気づいた時にはもう見えなくなっていた。3歳の子がしっかり掴まっていられるはずがない。そんな力はない。私にだってない。カーブを曲がっただけで振り落とされるではないか。おまけにノーヘルだ。

110番した。事件ですか、事故ですか?事故の予防です。かくかくしかじか。
ナンバーは?ごめんなさい、見てません。オートバイの色は?恐らく黒のような気がしますが…。服は?黒っぽかったような。遭遇した時間の場所と方向だけしか伝えられず情けなかったが、周辺を見回ってくれるとのことで、やれやれ。その後、事故のニュースがなかったので大丈夫だったと胸をなで下ろしたが、恐らく父親なのになんてことを考えるのだろうねえ。携帯にはずらっと警察が私の居場所を探した跡が残った…。もしやワタシが要注意のマーク付きにはなってないでしょうね。

さきほど、近所の公園でもおかしなものを発見。運動場に沿っておかれた15のベンチのうち、14のベンチに1人ずつ上半身裸になった男たちが寝そべって日を浴びていた。それもさほど若くないおじさんたちのように見えたのだが、皆さん、仲間なのだろうか。その横のテニスのグラウンドでは長袖にアラブの女のように顔の殆どをマスクで覆った女性たちがプレイしていた…。

おかしな世の中だねえ〜。というか、こういう変なことに頻繁にぶつかるのはひょっとして私だけ?