IMG_0234カレンダーを見たらもう6月も終わりじゃないですか。31日までないのはなぜだ、不公平だ!早すぎる!と叫んでも月日は待ってくれない。

ということで、今年の春、3月に始まり、4月、5月から6月の目が回りそうな頃の書き漏らしたいくつかを思い出しながら列記してみることに。覚えているかなあ〜。

展覧会はいくつか。
春先に走りの桜を見物しがてらとK子と都庭園美術館: 岡上淑子のフォトコラージュ「沈黙の奇跡」展へ。
大量のボーグなどのファッション雑誌を切り抜いてそれを写真に撮るという手法なのだが、かなり面白い。初期の作品で貼ったところが盛り上がって分かる物も。おしゃべりしていて桜を見損なった。
雑誌の切り抜き持参のK子の希望で白銀のお寿司やさんへ。

サントリー美術館の「河鍋暁齋その手に描けぬものなし」。充実していて非常に良かった。「きょさい」と読むのだが、知人のうるさいおばちゃんがワタシが「ぎょさい」を見に行くと言ったら、「ぎょくさい」よ、それも知らないで行くのとエラソーに講釈垂れたのだが、チケットにくっきりと「きょさい」とw。痛み分けw。知ったかぶりは恥ずかしい。

ついで娘と都美術館の「奇想の系譜」展へ。いきなり入り口から若冲の作品がずらりと。こんなに最初から良い物を見せても大丈夫かと思った通り、通常、美術館では後に行くほど気分が上向いてていくのだが、段々冷めていってしまった…。まあ、河鍋暁齋が良すぎて頭も目も彼で一杯一杯だったこともあるけどどうしても印象が浅くなった。外に出るとすでに暗くなった空が風雲急を告げていて、急いで帰宅。途中で確かノンちゃんマンを呼びだして3人で食事。

IMG_0237 ← 昨日の努力の結果 きたあかり、枝豆、キュウリ、トマト、全部で600円也。もちろん収穫直後。


熊谷守一美術館へ。映画の影響を受け、あの庭を見たいと言い出したK子にお付き合い。デパ地下で待ち合わせたのだが、庭の片隅で食べても良いわねという。ワタシは蚊が出るから嫌だと反対。イタリアンでパニーニ。K子いたく気に入って支店まで聞き出していたw。で、肝心の美術館には庭はなかった。残念。ワタシも見たかった。旧家を借りてロケをしたそうな。かなり作品はあったが、以前、近代美術館での大がかりな回顧展を見に行っていたので
まあこんなものかなとなったが、感受性の枯渇を突きつけられたようで悲しい。

来日中の妹と映画を見に日本橋へ。ここでもデパ地下で昼食。コース料理を安上がりにというコンセプトかな?1点ずつ好きな物を選んで幕の内のように1箱にまとめるという斬新な試みで、スープも食後の飲み物もついていて良かった。肝心の映画は時間を間違えていて大人では1人で見に行きづらいポケモンを見てみようと衆議一決していたのにみられず、コンフィデンスマンとかいう映画を見る羽目に。残念。妹熟睡w。夕食は近所の寿司屋兼居酒屋で。頼んだ物が量が多すぎて半分残すことに。で、どこかのお父さんみたいに2人で大量のドギーバッグを持ち帰ったw。

IMG_0222 ← 少子化の昨今、ジジババまで押し寄せるので日射病対策にジジババ用にテントが張ってある。

BlogPaint← モルモットを撫でていたら眠ってしまい嬉しいけど困ったという母。

孫たちの運動会と母の施設の催し物を1日で回った。太鼓の実演やら各種食べ物、飲み物の提供、踊りもあり、日なたでの運動会観戦の後なのにビールをつい飲んで顎を出した。長い一日だった。

BlogPaint
そうそう、ちょっと前、ゴールデンウィークには新宿御苑でまさかりかついでヒグマにも乗りましたことよw。

娘と孫3匹で母の施設を訪問した後、イチゴ狩りをし、そのままイチゴをぶら下げてうろうろしたためにイチゴは無残なことになった…。娘は恥ずかしがって跨がらなかったが折角の機会は逃す訳にはいかない。果敢でしょ、ワタシw。いつまで生きられるかわからないもの、やりたいことはやるのだ。