今週も30度越が続くらしい。薄雲が広がっている。外は蒸し暑いらしい。
軟弱なワタシは朝から冷房。午後の一番暑い時間に娘宅の生協の荷物を取り込みに行かねばならない。暑いだろうなあ〜。今からため息。

しかし、母の施設が遠くなったおかげで、娘の荷物を取り込むおかげで、また、夕方娘から電話がかかってきたらイソイソと駅までお迎えに行くという日課のおかげで、辛うじて怠け者のワタシの足や喉の筋肉が正常に機能していられるのだから、ありがたいと思いたまえと自分に言い聞かせるw。

息子夫婦はどうやらウチから40分ほども離れたマンションを購入する気になっているらしい。遠いから行かないと言ったが、どうせ呼ばれてお守りに行くことになるのだろう。ワタシの老後の健康のためには良いことなんだろうけど、面倒だなあ。

それに、3つの候補の中で一番高いところを選びよった。一番安いところ、ウチから2分の所を強力に押していたのだがそれが拙かったのかもw。浪費大魔王の息子が変身すれば良いが、恐らく腕の良いIT技術者らしい嫁さんもフルタイムで働くことになるだろうし、孫4人がウチの前の小学校に通うようになれば、放課後見て上げられるのにと老婆心が満開になっていたが、うるさい婆さんから離れることにしたようだ。

まあ、その方がお互いに平和で良いのだが、やっていけるのかなあ。
母親に心配されること自体が40半ばの男にとっては侮辱だろうが、機会があれば、いや口が達者な熊のように大きくかつ大声の息子と渡り合える元気と勇気がでればw息子に言ってやる。考え無しの自業自得なのだから大変だなどと泣き言は言うな、自立の良い機会、支援は一切しないというか、出来ないよと。

さあ、言えるように練習しなくちゃw。