あんなこと、こんなこと。どんなこと?

自分の言葉をしゃべりたくなった翻訳者のきままな独り言:多様だから価値がある。反論、異論大歓迎

カテゴリ: 靖国

友人の家に遊びに行ったとき、ドイツ人のダンナは酔って今度はイタリア抜きでやろうじゃないかと言い古された冗談を言った。ドイツ人はそのような冗談を言うと聞いてはいたが、本当に耳にするとは思わなかった。友人はスコットランド人、つまり連合国側だったが。

日本ややりたくて戦争をしたんじゃないと父は言い、追い込まれたのよと母は言い、そうだったのかと思って育った。

単純な、一方だけの論理など机の上以外にはない。植民地化を防いだのかもしれない。解放者を目指したのは嘘ではなかっただろう。避けるのは難しかったかもしれない。東京裁判にしても所詮勝てば官軍なのも確かだろう。しかし、頼まれもしないのに傲慢にもよその国を自分の国にし、よその国民を自分の国の労働力として重労働に従事させ、よその国の人に名前を捨てさせ、日本語を押しつけたのは日本だ。

飛行機事故だって、鉄道事故だって、10年経とうが、20年経とうが忘れられるものではない。まして、事故ではなく人為的なものであったとしたら、忘れられるだろうか。略奪され、強姦され、踏みにじられたという呪いに似た思いは早々消えはしない。中国人の戦死、行方不明者は1千万人を数える。1千万人、何という数だろう。日本の戦死、行方不明者は300万人を超えた戦争。誰が、何のために、ここまでの犠牲を強いたのか。これだけの犠牲がでたのだから、それだけを考えても責任があるのは、責任を取るのは当たり前だ。

母のお供で、靖国神社を参拝し、遊就館も拝見した。遊就館には母がもしかしたら結婚していたかもしれない人の資料が展示してある。はっきりいってそのときの私には違和感はなかった。父母がいつも言っていた通りのことが説明されていたからだ。自分たちは悪くなかった、やり方がまずかったと思っている人たちの考え方に沿って作られている神社とその附属博物館。

合祀というのは紙に名前を書いただけだという。神社がこの人は入れると決めたら合祀になる。そんなことで、神社の一存で合祀になるのなら分祀しますと言えば、簡単に分祀できる道理だろう。

中国が商売上手で、韓国が恨の国だというのはよく言われることだ。靖国を利用しているだけだというのもある程度正しいだろう。国をまとめるのに敵を作る。それは常道だし、それが外交というものじゃないのだろうか。それなら、利用されないようにするというのも外交だ。大事な周辺諸国のご機嫌を損じ、反発されると分かっていることをなにもわざわざすることはないではないか。

周辺諸国の反発を見越して同じことを繰り返すのは、よっぽど馬鹿でもないかぎり、何かの意図があるとみていいだろう。ワンフレーズで煽って大事なことは言葉にしない。

9条?核武装?言論統制?加藤元幹事長宅の放火事件を見ても、モノが言いにくい世の中になりつつあるのがよく分かる。すべてが同じ方向に向いていっているような気がする。

放火事件の後、加藤さんが「先の大戦前には政治家がモノが言えなくなっていた。言い続けることが大事なんです」と言っていた。そういうことなのだ。

[文末にコメント追記あり]

やれやれ、やってくれました。8月15日の靖国参拝。こういうのをイタチの最後XXっていうんじゃなかったかな。

すっかり、文句を言う気力もなくなったけど、国債発行額を押さえるという公約も、米100俵の教育大事という公約も、え、そんなのありましたっけという感じで、平気で破ったのに、靖国だけ公約は守るものだというのもネエ。結局、ワタシタチは、奇人変人に振り回され煙に巻かれたままだったわけで、小泉劇場も派手な打ち上げ花火で終わるのね。

お国のために命を捧げてくれた人がいたからこその日本だというのはよく分かるし、そりゃあ正しい。その通りでしょう。でも小泉さんは、もう舞台を降りるから、後はどうなろうともうどうでも良いという態度だけど、一国の首相の態度としては感心しませんなァ。自分の感情で動くのではなく、もう少し四方八方に気を配って貰わなくては。

それに、私は、首相就任前も靖国詣でをしていたか、千鳥が淵を詣っていたか知りたいんですが、就任後の履歴は書いてあるけどその前のことは分からない。本当に日本のために命を捧げてくれてありがとうというのであれば、別に首相就任に関係なく詣でていたはずですけどねえ。

------------
さてどうしたわけか、コメントを入れようとすると受け付けてくれないので、ここに挿入します。

ニースさん、靖国についてはちょろちょろ書いているのですが、なんせだらしがないもので、どこに埋まっているのやら。専門が図書なのにあんまりですよね。しかもborn cataloguerなるお褒めの言葉をかっていただいたことがあるのですが(^^;)本性はなおりません。そのうち見つけだしてリンクをつけますのでお待ちください。

blueさん、どうせなら、最後XXとして、教育基金の大盤振る舞いでもしてくれるといいのに、あれも公約と私はとらえているのですが。

81abf823.JPG
もう一つの靖国問題にコメントをありがとうございました。日本人として当然の反応として、乾燥機さんと、masaさんのコメントをご紹介します。
 
シンガポールは第二次世界大戦で日本が占領する前は、イギリスの植民地
オーストラリアはイギリスの植民地

靖国ブームだな〜っという感じました
Posted by 乾燥機 at 2006年07月08日 08:11
 
誰が何を言っても、私の親はマニラ郊外の野戦病院で、いとこはラバウル沖で亡くなった。行けるかぎり靖国神社へ参拝する。国の指導者は参拝してあたりまえだと思う。仮にこの問題で他国が何か言ったから、参拝しないならばもう日本はどこかの属国になっちまえと思う。
Posted by masa at 2006年07月08日 18:50
 
もう一つの靖国問題」で取り上げたジャパンタイムズの記事で名古屋南山大学のリム教授は、「日本はドイツとは異なり第二次世界大戦の諸問題を解決できないことを証明してしまっている」と述べています。なぜ、ドイツはあれほどの悪をなしたのに、問題を引きずっていないのか、なぜ、日本は未だに叩かれ続けているのか。
 
村山さんも謝ったじゃないか。天皇陛下だって頭を下げられたじゃないか、賠償金だって支払ったじゃないか(ウィキペディア:日本の戦争賠償と戦後補償を参照のこと)。いつまでぐだぐだ文句をつけるのだろう。内政干渉だ。国民感情としてこういう気持ちが芽生えるのも当たり前でしょう。日本政府もマスコミもどうもなぜ他国がいつまでも日本を叩くのかきちんと説明していない。叩くにはそれなりの理由があるはずです。だからこそ、外部の目が重要だと思うのです。
 
外交下手、先延ばし体質、馴れ合い温情主義、臭いものには蓋、忘れっぽい、まあいろいろあるでしょうが、結果として、一番問題なのは、日本がアンフェアでずるい国だというイメージを定着させつつあるようにみえることです。色眼鏡を率先して世界に配っているようなものです。
 
ドイツはナチスを徹底して糾弾しました。ナチスの残党刈りを徹底して行いました。数十年かけて幹部を捕らえた例もありました。世界中に、ドイツは心から反省していることをそれで示しました。ドイツ国民とナチスはイコールではない、違うものだと刷り込む努力を営々として行ってきたのではないでしょうか。それでも、周囲は疑心暗鬼でみているでしょうが、周囲はこれ以上なにも文句をつけられないのは確かです。できる限りのことをしていることが分かるからです。
 
日本は?靖国には兵士と共に戦犯が祀られています。日本では戦犯と一般兵士が同じ扱いを受けているのです。これでは世界に、いくら頭を下げても、憲法で戦争はしませんといっても、行動が伴わないのですから、単なる口先に過ぎないと思われても仕方がないのではないでしょうか。命を国に捧げた兵士は、国を、家族を守ろうとして戦った人たちです。その人たちと戦争を引き起こした罪ある人たちを一緒に祀るというのは、どういうメッセージを世界になげかけているでしょうか。
 
靖国に戦争の記念として捕虜虐待の証拠ともいえるエンジンが並べられていたら、それも勇敢な兵士たちという思想を背景に並べられていたら、反省の材料と言うより、誇らしげに飾ってあるとみられても仕方がないのではないでしょうか。
 
靖国神社から戦犯を分祀すべきだと思います。首相は戦争で犠牲となった兵士や一般人のために祈っているのであって、戦犯の冥福を祈っているのではないことを明確に示すべきです。

[5月19日初掲載。いずみさんが一部を訳してくださいました。忘れていない人がいらっしゃることが分かったので、ちょっと遅くなりましたが、一応、ざっと訳してみました。著作権問題については、末尾にクレジットを含めていますし、営業目的ではないので問題はないだろうと判断しました(思いたいというのが本音)。5月17日付ジャパンタイムズ、著者Robyn Lim氏です。7/9多少訳文を手直ししました]

Dr.Blueの「靖国問題」を経由して余丁町散人さんの「Japan Times : 麻生太郎はオーストラリアとの間に歴史問題を抱えている」を拝見した。

冷たい視線に背中がぞくっとした。日本はボロボロだ。のんきにODAに金も出しているし、国連にも拠出している。なんか文句あっかなどと思っている人がほとんどだろうが(実は私もそうだった)、どっこい、そうではなかった。

こちらは忘れるから、そちらも忘れて、水に流してなどというこちらの都合も論理も関係ない。日本のお金の前に一時口をつぐんでいたにすぎなかったということだ。

今、悲惨な日本語の解読で時間がとられ、目一杯仕事が詰まっていて、おまけに両親の引っ越し、妹の来日、赤ん坊の上京と次々に大きな出来事が待っているので、どうにも身動きできないが、時間ができれば、また後に触れたい思う。

なお、著作権の関係で本来は全文引用はまずいらしいのだが、問題が問題なので引用した。ジャパンタイムズを一部購入しますのでそれでご勘弁を。

翻訳者の人たち、ボランティアでコメント欄に訳文を入れてくださったら嬉しいのですが。いくつか、比較すれば面白いかも。

The Japan Times Online - Advanced Search: "Taro Aso has a history problem with Australia

By ROBYN LIM

When Foreign Minister Taro Aso visited Australia recently, did he know that the father of the Australian foreign minister, Alexander Downer, had been a Japanese prisoner of war in the notorious Changi jail in Singapore? And if Alexander Downer Sr. had been sent to a certain camp in Kyushu, as some 200 other Australian POWs were, he might have become a slave laborer in the Aso family coal mine.

[いずみさん訳]最近オーストラリアを訪問した麻生太郎外相は知っていただろうか。オーストラリアのダウナー外相の父親が、シンガポールの悪名高いチャンギ刑務所で、日本軍の捕虜だったことを。ダウナー外相の父親がもし九州のある捕虜収容所に送られていたなら、ちょうど約200人のオーストラリア人捕虜がそうだったように、麻生外相の一族の経営する鉱山で奴隷労働に従事することになったかもしれない。

Aso was in Australia for security talks with his American and Australian counterparts. But can Japan really expect Australia to be a partner in constraining Chinese ambition if Australians think that Japan is becoming more part of the problem than the solution?

[以下、さなえ訳]麻生外相は米国、オーストラリアの外務大臣との安全保障会議出席のためオーストラリアを訪問していた。しかし、オーストラリアが、日本のことを解決策というより問題の一部と化しつつあると考えているとしても、日本は、中国の野心を押さえるパートナーとしての役回りをオーストラリアが果たすと本当に期待して良いものだろうか。


Like Prime Minister Junichiro Koizumi, Aso appears to believe that Japan's history problem is only with China and South Korea. That is untrue. Japan's history problem is also with other U.S. allies such as Australia and Singapore. And Aso has special problems, since his family has never acknowledged what it did, let alone offered restitution.

小泉首相同様、麻生外相も日本の歴史問題の相手は中国と韓国だけだと考えているようだが、それは事実に反する。日本は、オーストラリアやシンガポールなど、他の米国同盟国とも歴史問題を抱えている。そして、麻生外相は特別な問題を抱えている。麻生一族は、自分たちの所業をこれまで一度も認めていないからだ。もちろん賠償など申し出たこともない。

The Aso family coal mine enslaved 197 Australian, 101 British and two Dutch POWs. And there were 10,000 Koreans there as well, treated appallingly. If readers wish to see a photograph of Fukuoka POW Branch Camp No 26 at Keisen, which serviced the Aso Kogyo Co.'s Yoshikuma mine, it can be found on the Internet.

麻生一族の炭鉱では197人のオーストラリア人、101人の英国人、2人のオランダ人の戦争捕虜を徴用していた。炭坑には1万人の韓国人もいてひどい扱いを受けていた。望むのであれば、麻生工業の吉隈炭鉱の労力源であった、桂川の福岡戦争捕虜収容所26分所の写真をインターネット上で見ることができる。

Like Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe, Aso also has visited Yasukuni Shrine, which served as a spiritual apparatus for Japan's war mobilization. At the Yushukan there, renovated in 2002, sits one of the engines of the Thai-Burma railway. That is an insult to every Australian.

安倍官房長官同様、麻生外相も靖国神社を参拝したことがある。靖国神社は戦争に国民を動員する際、精神的な仕掛けの役目を果たしていた。2002年に改装された遊就館にはタイ・ビルマ鉄道のエンジンの一つが展示されている。それは全てのオーストラリア人を侮辱するものだ。

The death rate among Australians captured by the Japanese was about 30 percent, in comparison with about 2 percent for those captured by Nazi Germany. And in the litany of atrocities inflicted on Australian POWs, the Thai-Burma Railway is almost as notorious as the Sandakan death march of 2,400 Australian prisoners in Sandakan, Borneo, only six survived (because they escaped). None of the 750 British prisoners survived. And one of the Australian victims at Sandakan was the uncle of Paul Keating, Australian prime minister from 1992 to 1996.

ナチスドイツが捕らえた捕虜の死亡率は2%であったのに対し、日本軍が捕らえたオーストラリア人の死亡率は約30%に上った。オーストラリア人捕虜に加えられた数々の残虐行為の中で、タイ・ビルマ鉄道は、ボルネオのサンダカンでの2400人のオーストラリア人捕虜の死の行進と肩を並べるくらい悪名高い。サンダカンでは生存者はわずか6人(逃亡者だけが生き残った)、英国人捕虜は750人全員が死亡している。そして、1992年から1996年までオーストラリアの首相を務めたPaul Keating氏の叔父も、そのサンダカンで犠牲となっている。


Moreover, it is not only Australians who should be outraged by the presence of that engine at Yasukuni. There were more than 600 Americans enslaved on the Thai-Burma railway. They were mostly survivors of the USS Houston, sunk in the Battle of the Java Sea in February 1942, and an artillery battalion of the Texas National Guard that had been captured in Java.

靖国神社にそのエンジンが展示されていることに激怒するに違いないのはオーストラリア人だけではない。タイ・ビルマ鉄道では600人を越すアメリカ人も奴隷となっていた。そのほとんどが19422月、ジャワ海の戦いで沈没したUSS Houstonの生存者で、ジャワで捕虜となったテキサス国家警備隊の砲兵も一人含まれていた。

That might be of considerable interest to the current American ambassador to Japan, who is from Texas. Perhaps Ambassador Tom Schieffer should spend a few hours at Yasukuni with a translator/interpreter. The Yushukan preaches that Japan was "lured into war" by the United States. And that America imposed "victor's justice" on Japan in 1945. So how can the U.S. hope to build a "normal alliance," of the kind it has with Britain and Australia, if Japan turns to leaders who subscribe to such views? So far Abe has been able to avoid all questions as to his attitudes. The notorious "kisha" clubs protect him in Japan, and even in the U.S. he has been protected from tough questions.

これはテキサス出身である米国の駐日大使トム・シェッファーの関心を相当に引くかもしれない。大使は通訳とともに靖国で数時間すごしたらいいのだ。遊就館によると、日本は米国によって「戦争へと誘い込まれ」たのだそうだ。そしてアメリカは1945年に「勝者の裁き」を日本に科したのだそうだ。もしこのような見解を有するリーダーを日本が支持するというのであれば、米国は、英国やオーストラリアとの間に築いているような「普通の同盟」関係を築けるとの希望をどのようにして抱くことができるというのか?これまでのところ、安部外相は彼自身の態度について一切質問をうまく避けている。悪名高い「記者」クラブが国内だけでなく米国においても外相をタフな質問から守っているのだ。

But in Australia, a rising generation is reading about the Pacific War. For example, a spate of new books has been published on the Kokoda Track, in which raw Australian conscripts fought the cream of the Imperial Japanese Army in New Guinea. So a new generation is reading about the atrocities inflicted on Australian soldiers and civilians, including children and missionaries. Yet at Yasukuni, there is a memorial to the "brave Japanese soldiers" who fought "to the north of Australia."

しかしオーストラリアでは、太平洋戦争について学んでいる人たちが増えてきている。例えば、Kokoda Trackに関する新刊が多数出版されていて、ろくに訓練もされていないオーストラリアの徴集兵が日本の皇軍とニューギニアで戦う様子が描写されている。だから新しい世代はオーストラリアの兵士だけでなく子供や宣教師を含む民間人に対する残虐行為について読んで知っている。それなのに靖国では「オーストラリアの北方」で戦った「勇敢な日本兵」の記念館が存在している。

Aso and Abe are both contenders to succeed Koizumi, although Abe is much more likely to win. But if either becomes prime minister, and continues to visit Yasukuni, he should not be surprised if Japan starts to have a big "history problem" with Australia. The Cold War is over. Australians no longer need to turn a blind eye to the fact that Japan has, unlike Germany, proved unable to settle the issues of World War II. So the LDP should think very carefully indeed when it decides on Koizumi's successor.


麻生外相と安倍官房長官は両者ともに小泉の後継者争いに加わっているが、安倍氏の方が勝つ公算が非常に大きい。しかしどちらが首相になったとしても、靖国参拝を続けるなら、オーストラリアとの間に大きな「歴史問題」が浮上することも計算に入れておくべきだ。冷戦は終わったのだ。日本はドイツとは異なり第二次世界大戦の諸問題を解決できないことを証明してしまっている。この事実に、オーストラリアはもはや目をつぶる必要はない。自民党は小泉の後継者を選ぶときにはごくごく慎重に考えるべきだ。


Robyn Lim is professor of International Relations at Nanzan University Nagoya and is a former Australian intelligence analyst.

Robyn Lim is professor of International Relations at Nanzan University Nagoya and is a former Australian intelligence analyst.

The Japan Times: Wednesday, May 17, 2006

(C) All rights reserved

eeb06c5d.JPG
だんなさんだと仲居になったような気がするし、だんなさまでは三つ指をついている自分の姿が瞼に浮かぶ。ままよ、妄想を蹴散らし、再度だんなさまへ反論。
 
議論できるって素晴らしいですね。この点は大賛成。靖国に行くべきではないという点および韓国に言うべきことは言うべきだと考えている(そう思っていらっしゃいますよね)点も一致する。
 
日本の政治家が長い間国益とは何か、日本のために何をすべきであり、何をすべきではないかを真剣に考えてこなかったつけが今まわってきていることは確かだろう。
 
先に書いたが、中国は自国の利益のために動いているのは明かであり、全く当たり前のことであり、それは韓国についても同じこと。靖国などを利用して日本を叩こうというのも、当然すぎるほどの行為だろう。
 
自分が後発ビジネスで商売相手を叩こうとしていると考えればいいのでは?まあえげつない手ではあるし、他からの批判もあるだろうが、シェアを取って大きくなってしまえばこちらのもの。しかも先代社長はひどい目に遭わされ首をくくっている。相手はそうやって仕事を獲得して大きくなったのに、そんな昔のことなんか知りますかいな、うっとおしいなあと言われ、悲しい下請けの身、ひたすら堪え忍んで、表向きは許した振りをしていたが、千載一遇のチャンスが巡ってきた。相手が景気の波に翻弄され、そのうえ浮かれていたためか不祥事やら事故やらが多発。人材の育成も遅れておりて、下請けに甘んじなくても、表だって反抗できる機が熟したのだ。相手は粗末にしているが、自分なら活用できるとかねて欲しかった竹島株式会社をこの際、乗っ取ってしまおう。相手がなんか文句を付ければ、先代社長の無念の死を言い立てればいいのだ。今や兵隊はこちらの方が優勢だ…
 
とまあ、私などは想像してしまうのです。国対国のことについては政治家にしっかりと働いていただく。しっかりとという意味にはこれまでの経緯ももちろん頭に入れ、歴史や相手の事情、気持ちを勉強することも含まれる。それが外交というものでしょう。
 
国民は国のいざこざに安易に巻き込まれず、正確に何を意味するのかを見極め、相手の国民の気持ちをほぐす方に全力を尽くす。こんな私ですが、そんなに悪い奴じゃありませんよ。というところを神妙に見せる。それしかないのでは?
 
中国や韓国と仲違いして何か日本の得になることがありますか?国と国の関係がこじれた先は何が待っていますか?どうなりますか?相手を互いにののしりあい、嫌いになった先に、どうやって収拾できますか?とことん嫌いになったら、もう修復は当分不可能ですよ。
 
ミーハーのおばさんたちは韓流スターが好きなら、韓国にも興味を抱いていることでしょう。興味があることは自然に勉強しますよね。韓国という字があるだけできっと新聞も読むでしょう。そしてなぜ韓国で冷たくされるのかとある日考え始めるでしょう。そのとき、だんな様の出番がくるのです。
 
以上、脳天気なワタクシメの旦那様への反論でした。
 
写真はクリックすると大きくなります
 

b47f5522.JPG
よりもよってこういう状況で、ようやく中国政府が反日活動を取り締まろうとしているときに、日中首脳会談がどうなるかという時期に、しかも一握りの右翼ではなく80人もの国会議員が靖国神社を参拝だって!
 
あのねえ、政治家でしょ?もし利益が相反したとしたら、日本の国益が自分の立場やメンツよりも優先されるべきでしょ?もう少し時期を考えてくれないのかなあ。どうしよっていうの?戦争でも始めたいって言うの?そして、自分たちは年寄りだから若い者に戦争に行って貰うって?
 
誰、ああいう政治音痴に票を投じたのは?そうか、私たちか。。。
 
私も靖国神社に参拝したことがありますよ。戦争で亡くなった沢山の人たちがいて、その人たちがいたからこそ現在の私たちがいるんですから。でもねえ、戦争の被害者であるだけではなく加害者でもあることは常に頭の片隅に置いておくべきじゃないんですか?
 
おおた葉一郎氏が氏のプログでおっしゃっていますが
>最近のはやりのことばである「政冷経熱」であるが、案外日中間の問題だけでなく日本国内でもあたっているのではないかと考えてしまう。最近の政府の政策について、よく「説明責任の回避」とか言われる。政策について、はっきり理由や目標を明示しないために郵政問題でも靖国問題でも議論の焦点を得ないのである。郵政問題では、財政投融資を今後どのようにするのかとか郵便局が購入している国債はどうするのかとか微妙な問題があるはずだ。国内戦争である沖縄戦で亡くなった多数の民間人や、原爆や空襲で亡くなった市民をおざなりにしてまで九段に行くのは価値観が変じゃないのかとか冷めた目になってしまう人も多いはずだ。<その通り。なんか変なんですよね。すっきりしないんですよね。日本のやり方が。
 
誰かあの音痴たちを何とかして。いい頭をしているはずなんだから活かし方を教えてやって!
 
そもそも昔から問題になっているのに、なぜ誰も何もしないの?なぜやり過ごすだけなの?戦犯が問題であるのならなぜ、分骨とか他に移すとかできないの?
 
おーい、ジャーナリストの出番ですよ〜。なぜなぜが沢山ここいらに埋まっていますよ。無知な私のために解説してくださ〜い。
 
 

このページのトップヘ