人類応援ブログ

がんばれ(俺以外の)人類



どうも、アルファブロガーです。
ブログ飯ネタが盛り上がってるようなので便乗。

本稿の目的は

「『はてぶホッテントリ常連、FBシェア1万超え連発、twitterでも通知が鳴り止まない!』みたいなアルファブロガーでも、『ブログで飯を食う』なんて考えたこともないですよ」ということを夢見る若人にお伝えすることです。

お前ら目覚ませ、マジで。
続きを読む


寄稿した記事はこちらになります。

育児はマネジメントだ! 「育児力」の源は「仕事力」にある 


主に僕のベビーシッター時代のエピソードなどが載っています。

まともな新卒採用の就活とかしたことない人間だったので、一生縁の無い会社だと 思ってたんですが人生わかんないですね。

お手すきの時にでも御笑覧いただけたら幸いです。

安田峰俊氏のSEALDs論評が話題だ。


氏の意見は、乱暴に言えば次のようにまとめられると思う。


・SEALDsには違和感を覚える。

・それは彼らに組織性と戦略性と思想性が欠如しているからだ

・1989年の天安門、2014年の雨傘革命など、失敗した運動は常にこれらの問題を抱えている。

・反面、成功した運動(台湾のヒマワリ学連)は、これらの特徴を保持して運動を展開している。

・SEALDs運動が失敗した原因は、ここにあるだろう。


なるほど、確か成功した運動と失敗した運動を比較検討するのは有益な行為だろう。

しかし、たった3ケースの事例(しかも近年のものばかり)を比較検討しただけで「失敗の本質はこれだ」と断言するのは、自分にはあまりにも早計に思えてしまう。


氏の主張──政治運動には強力な組織性と戦略性が必要だ──は、決して新しいものではない。いやむしろ使い古され、ある意味では失敗を証明した主張とすら言える。

55年前の1960年、日本には今日とほぼ同等の経緯から

「政治運動には強力な組織性と戦略性が必要だ」

という思想に目覚めた一群の集団がいた。

彼らはSEALs的大衆運動から始動し、組織的指揮系統を最重要視する党派に合流し、最後には血の惨劇を起こして表舞台から消えた。

本稿では50年代・60年代安保闘争の歴史を紐解くことで、今日の情勢をより明確にすることを目的としたい。
続きを読む

大ヒット作品「東京タラレバ娘」の作者、東村アキコさんの新連載「ヒモザイル」

これが大変素晴らしいという噂をキャッチし、WEB公開中の第1話を早速読んでみました。

確かにこれはすごいですね。なんというか、凄いです。必見の作品です。人間の醜さがこれでもかと詰め込まれているシリアス巨編といった感じです。下にリンク貼っときますので、是非読んでみてくださいね。



しかし、作者兼主人公が女性ということもあって、男性読者には少しとっつきやすい部分があるかな、とも思います。

ということで、当ブログでは男性読者にも「ヒモザイル」の魅力を伝えるべく、登場人物を男女逆転させた「ヨメザイル」という二次創作を作ってみました。

(絵が書けないので)小説風になりますが、内容は原作とほぼ同じです。

ではヨメザイル、スタート

 
続きを読む

↑このページのトップヘ