先日「日本のパチンコ産業の規模は19兆円で、アメリカ カジノ産業の規模4兆6000億円の4倍以上」と当ブログで報じましたが、実際の所は多少異なるようです。

こちらのtogetterによると

カジノの売上高は「ネット方式」というやりかたで算出されているらしく、これは

顧客の投入金総額-顧客への払出金総額=売上高

という方式で計算されているようです。

つまり、「お客さんがカジノに投資した分」から「お客さんがカジノから儲けた分」を差し引いて、「お客さんがカジノに支払った分」を売上としているわけですね。

確かに、カジノなどの賭博産業はお客さんの「投資額」がそのまま胴元のポケットに入るわけではないので、合理的な算出方法だと思います。 


対してパチンコ産業は「グロス方式」というやり方で売上を計算しています。

これはそのまま「お客さんがパチンコに投資した額」を売上とみなすやり方です。つまり19兆円というのはあくまでお客さんがパチンコ台に投資した金額の合計であって、実際にはそこから「お客さんがパチンコから勝った額」を差し引かなければカジノと同じ算出方法にはならないわけです。


自分の無知ゆえ、結果として先の記事は誤報になってしまいました。閲覧された方にお詫びします。

しかし2.5兆~5兆円と、専門家同士の議論でも数字にかなりの開きがあるのはなぜなのでしょうか。

それは、海外のカジノでは業者側が行政に「顧客の投資額と顧客の利益額」を申告する義務があるのに対し日本の場合それがなく、故にほとんど信頼できるデータが得られていないという事情があります。

仮にパチンコ産業の「ネット方式」での売上が5兆円だとしたら、一人あたりの消費額はやはりアメリカの3倍程度にはなるわけで、これだけの巨大産業の資金の流れがほとんど可視化されていないというのはやはり問題に思えます。

日本のギャンブル依存症患者は推定500万人で世界最高水準 という報道もあります。

やはり駅前の子供でも気軽に入れるような所に賭博場があるのは異常な光景です。

法整備やゾーニング依存症対策など、政治が行うべき仕事はまだまだたくさんあるように思います。

一刻も早い業界の適正化を願います。