先日友人(エリートサラリーマン一家生まれの大手インフラ企業勤務)に、現代日本の抱える貧困について愚痴を漏らしたところ

「でもアフリカの飢餓よりマシだろ?それに比べたら日本は豊かじゃん」

と真顔で、何の屈託もない顔で言われた。

経済上の理由で高校を中退した子供の話をしていた時にである。


もう、いい加減にしてほしい。

この「アフリカよりマシ」という論法、なんでこんなに流行ってるんだろう。それが反論になると本気で思ってるんだろうか。


確かにアフリカの一部の最貧国では、飢餓や疫病でで多くの人間の生命が危険に晒されている。それはわかる。悲劇だと思う。

でも、そのアフリカの現状に、こういう反論をする馬鹿は果たしているだろうか。

「でも旧石器時代よりマシだろ?それに比べたら21世紀の人類は豊かじゃん」


なるほど。旧石器時代の平均寿命は20代中盤だ。それに比べてアフリカの最貧国は平均年齢40代以上、ゆうに2倍である。運が良ければ国際支援団体が食べ物や薬を持ってきてくれる。旧石器時代ではそんなことありえない。なるほど!アフリカの最貧国は恵まれてるんだぁ!

こんな馬鹿な反論が成り立つだろうか。


ちなみに旧石器時代時代の困難な生活だって、比較対象を変えれば正当化することができる。

「でも猿よりマシだろ?それに比べたら旧石器時代の人類は豊かじゃん」


火や道具を持たない猿と旧石器時代の人類なら、その身に降り注ぐ困難と死亡率は圧倒的に人類の方がマシである。ならばこそアフリカで発生したホモサピエンスは全世界にその版図を広げられたわけだ。なるほど!旧石器時代の人類って恵まれてるんだ!猿よりマシだもんね。

でも猿だって生きる困難さのトップに立つことはできない。

「でも原生生物よりマシだろ?幼体が成体に成長できる確率は何千倍もあるじゃん。原生生物に比べたら猿は豊かだよね」


いい加減にしろ。

貧困問題ってのは、そういうもんじゃないんだ。何かと比較してそれよりマシとかそれより酷いとか、そういうもんじゃない。

貧困問題ってのは、今目の前にある、同じ血肉を持った人間の苦しみを、果たして「良し」とすべきかどうか、そういうところにあるんだ。

経済上の理由で高校に行けず、何の希望もなくフリーターとして働いている10代の子供の苦しみを、お前は「良し」とするのか?

問われてるのはそこなんだよ。アフリカの人間なんか何の関係もない。

今この瞬間から、日本の貧困問題で「アフリカ」ってワードのは未来永劫禁止だ。破った奴は旧石器時代の人類さんに打製石器でぶん殴ってもらうから、覚えておけよ。