はじめまして。 新車速報 Car DriveのCEOのi-ryujiです。 あらゆる検索を駆使して、 車の情報を探し出し皆さんに提供します。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日刊工業新聞より
世界で進む環境規制を背景に、電動化は避けて通れない。
低価格・低燃費のエンジン車が強みのダイハツ工業は電動化とどう向き合うのか。
エンジン開発責任者の茨木上級執行役員に開発方針を聞いた。

4

◆2020年までに新設計思想「DNGA」に基づく軽自動車を投入
◆可変圧縮や高圧縮燃焼といった技術は使わなくても、無駄を省けば燃費は向上できる
◆DNGA第1弾の燃費性能は、WLTCモードでも、JC08と同じ数値を出したい
◆圧縮比よりも膨張比を大きくして熱効率を改善する
◆直噴化よりも、燃料を供給するポート噴射にこだわる。
◆エンジン需要はまだ続く。新興国は電力インフラなどを考えるといきなりEVが普及するのは難しい

 コメント一覧 (4)

    • 1. 名無し
    • 2018年06月14日 19:39
    • なーに言ってんだコイツ
    • 2. 通りすがり
    • 2018年06月14日 20:01
    • ちょちょいと不正プログラムをですね…
    • 3. ダイハツもガソリン直噴はミラでやっていた・・。
    • 2018年06月14日 20:01
    • 660ccだとガソリン直噴はメリットがないんだよ
      スズキも止めた。日本のレギュラーガスじゃね
      清浄材が入ってないし、オクタン価を上げるなら良いけど。
      過給機でマイルドハイブリットの方がメリットがあるって事よ
      ハイゼットバンにハイブリットカーは有ったよ
      それに途上国はRon95だけどサルファフリーじゃないとダメって事ね
    • 4. 名無し
    • 2018年06月14日 22:56
    • ハイブリッドな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タグクラウド
QRコード
QRコード
プロフィール

ganbaremmc

  • ライブドアブログ