2008年12月

2008年12月25日

お疲れ様でした!

今年1年 あっと言う間にすぎていき

クリスマスが今年もやってきた

みんなのサンタさんは来たのでしょうか(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

うちは宅急便のサンタさんが来てくれたみたいです
「いると思います」
これでいいのだ〜〜〜

今年1年ほんと 皆さんお疲れ様でした。
まさか、これだけ試合があるとは・・・

ねっ「Kちゃんパパ、ママ」
お疲れ様です。

忙しくも、いろんな夢も見たりして
バタバタとしながら、楽しい週末を過ごさせて頂きました

あと少しという所で、何度となく負けちゃいましたね!
それも、思い出と成ろうとしています。

今年最後まで戦ったみんなには、親として
サポーターとして
「お疲れさんです」

そして新たに始まる2009年に向け鋭気をたくわえてもらいましょう


2009年は「リブラ」「GF’s13」あーんど サポーターの皆さん(家族)にとって
良い年になりますようお祈りしております

彼らが、素直にサッカーと向き合い
そして、自分と向き合える2009年になって
大きな夢の一歩を踏み出してくれればと願います。

私たちも最後まで彼らの夢に
付き合って 上げたいものですね

まだまだ仕事などあるかと思いますが、
皆さんも体調には気をつけて下さい(^_^)ニコニコ

そして元気に来年また会いましょう
 



ganbareribura at 02:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 応援しよう 

2008年12月15日

アンマーの豚汁!

温かい日差しがさすこの日

12月13日に「リブラ五個荘FC8人制交流試合U−10」

がありました

来て頂いたチーム皆様には無事終わりました事を
まず感謝いたします。
また、次の機会があればと望む所でございます。
ありがとうございました。

さて、この日みんなの「GF’s13」の
動きは温かい日差しと 
芯から温まる母の愛がつまった豚汁が
彼らの潤滑剤となりガソリンとなり

なんと言えばいいか・・・
  「ぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐグッ具たくさん」
と言う感じで
ほんとに今まで食べた豚汁の中で
私的には、最高の5つ☆でした(^_^)ニコニコ

チームを支える上で、やはりお母さん方の
力強い後押しがあってこそで
心温まる気使いには、頭が下がる思いでした!

皆さんにもMVPを送りたいと思い作った動画
です

彼らが大きくなった時、この歌のような
アンマー=母が分かる人になってほしい。
きっと豚汁の味は忘れないでしょう

時間のある時にでも聞いてやってくださいね( ̄ー ̄)ニヤリッ


MVP
3年生でありながら、堂々として
チームの安定剤をしてくれているKOUSEI君
見ていて、安心できるプレーで
後ろを守りそして最前線へと突き抜ける
最高でした。

そして3年生のKAO君の足裁きには、
予想をさせないトリッキーなフェイントなど
驚かされる事も度々

4年生も刺激を受け、共に前へと進んでいきましょう

K〜ちゃんですが、彼はほんとにマラドーナになるでしょう( ̄ー ̄)ニヤリッ
あの時のビデオをもう一度見ているような
いや、前よりも相手をかわして
ドリブルしている

量産しだしたKちゃんは止まらないのです

そしてキーパーF君のゴールキックは
めっ〜〜ちゃ飛びましたね
相手のキーパーとキャッチボールが出来る位
これまたすごいです

そしてリク君フィールドに出現し、頑張ってました!
キーパーとしていつも最終バックとして
みんなを助けてくれる彼の存在は大きく

だからこそフィールドの君をみんなが応援していました。
タイマーの時間も延びてきましたね
相手の攻撃をつみ、ドリブルして前に前にと
頑張ってましたね。

ほんと温かい一日となりました
「ファミリー」
そんな言葉が似合うチームを
皆さんと共にこれからも応援していきたいと
思いました。

私ごとではありますが、
サポート会総会にて
4年皆さんのご好意により
「会報」でと言う事になりました。
本当に良かったのかと今でも
後悔があるのが本音です。

ご好意は有難く受け止め
その上で、微力では御座いますが
皆さんのお力になれればと思っております。
私にできる事があれば、気軽に声をかけて下さい。

HPについて
先々の事については、HP立上を致しました時に
監督さんとの話で
「更新が止まるところが多いから」
と言うお話でしたが、
子供達の頑張ったものを見える記憶にしたい
と言う気持ちで、ここまで進めさせて頂きました。

個人的な思いから推し進め
監督さんのやるなら続いてほしいと言う気持ち
を大事にしたいので、
今後、もう少し整理して
更新しやすいファイルとしてまとめ
HPを繋いでくれる方が出てくるまで
私が管理し、先々の為頑張る所存です。

皆さんのご協力なくしては出来ない所も多々あります。
なんとか、ご協力お願いしたいと思っています。

長々とすみませんでした

温かい1日ほんとにありがとう御座いました。

では来週もがんばって行きましょう!







ganbareribura at 03:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 応援しよう 

2008年12月09日

五個荘に 柳沢選手 現る!

京都サンガFC 柳沢選手 サイン会
 シューズ契約(ミズノ)

J1で日本人最多得点の
柳沢 敦選手が

なんと
キムラJOYに来るということで

子供を連れて行ってきましたv( ̄∇ ̄)v

20081208160326(3)


子供達の質問が始まると

柳沢選手は
 いすから立ち上がり
 最後まで立ったまま子供達の
 質問に答えてくれていました。

その答えの中には、
これから進んでいく子供達にも響いた事でしょう(^∀^)

気持ちいいゴールの質問には
20081208160326(2)

「難しいゴールを決めた時には1番気持ちいいんだけど
 でも、なかなかそういうことは出来ないんで
 チームの流れでみんなで取った得点が
  1番うれしいな!
  それが1番大事かな 」

リフティングは何回できますか?
20081208160326(1)

 「君は何年生?
  4年生で3〜5000回はできたかな
  僕オタクだったから(^_^)ニコニコ
  練習の無い時は、家でリフティングばっかしてた」

すんげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふと周りを見てみると
お母さん達の視線が

 柳沢選手に熱視線を送っているではないですか
みんなになってたりして

20081208164904(1)


子供達は冷静に&真剣にやなぎの話に耳を傾け
お母さん達は、「目が合った」
「手を振ってくれた」

なんて感じで私達の間を見事にすり抜け
さすがFW柳沢選手は帰っていきましたv( ̄∇ ̄)v

彼のような選手がいつかこの地から出ればいいな
と夢を見ながら・・・・・・
そろそろねまーす


ganbareribura at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おすすめ! 

2008年12月08日

日曜日よりの使者!

12月7日
朝 6時30分集合〜〜〜
こんなにも早い集合は初めて
でも
みんな来てました
少しだけ眠い・・・・

前日午後8時に寝かせたノビタクンは
まずまず元気そうで良かった

希望が丘カップ 土曜と日曜共に36チームが集まり
激戦を繰り広げたのでした

土曜の優勝は仰木さん
日曜は高槻FCさんでした

2試合目には、この日優勝の高槻さんとの1戦
強いと聞いていただけにどんだけやれるかなと
楽しみに見ていました

攻めたり攻められたりの攻防が続き、
終わってみると1−3でした。

ゴールに対する執着心が強く
あたりにも強い、その上、軸がしっかりした選手が多いな
なんて見ながら思ってました

試合中には、「10番マーク」など
試合をしっかり見て判断し操作する動きが見れました
さすがですね!

F君には3,4人が囲い込み
封じ込めをくらいました。
それでも負けじと踏ん張ってくれました。
動き回り相手をかく乱して
3倍は走ってくれていました。
すんごく良かったF君でした。

強いチームには、相手を分析する力があり
それをどう処理するかといった判断が
子供達で出来ている

見る力、判断する力、経験を積み
子供達が「もっと・・・たい」を感じてくれればなんて
思いました。

朝早くからみんなお疲れさんでした
帰ってすぐに熟睡したのは、我が家だけ・・・?



また来週もがんばって行きましょう



ganbareribura at 09:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 応援しよう 

2008年12月03日

うまいなー〜〜

こんなの出来たらすげー!!


Cristiano Ronaldo 7


U-11


今週は全学年発信ですぅ
失敗を恐れず今のうちに思い切ったプレーしてほしいです!
ミスを恐れて出来ないより
何度か失敗しても出来ようになる

そして自信となる
がんばれ〜〜!
今のうちに
今のうちにね

では、また今週もHOTでいこう

ganbareribura at 00:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おすすめ! 

2008年12月01日

知ってますか? 成長痛編

木下杯
残念ながら1次予選突破ならずでした
最終戦の金田さんは、対戦相手ながらスキの無い見事な試合運びで
実際、ピッチに立っていた選手達も
肌で感じたことは多かった事でしょう

これも経験として次に繋げてもらいましょう
頭を下げたり、後ろを振り返っていてもダメ
最後まで諦めない強い気持ちを持ってほしいな
前に進めばいいんです
少しずつでもいいんです
頑張ろうね

さてと、最近気がかりな事があるので
調べてみました

子供達の痛み、ケガについて(成長痛)
調べてみると、なんとも難しいのです?
なぜか、心理的だとか?
骨の発達に関するとか?
どれだ〜〜!

で一番らしいものをUPしてみます



[成長痛とは] 〜「成長痛」って、どんな病気?〜

成長痛は、いわゆる骨端症(こったんしょう)とも呼ばれ、成長期に成長軟骨の部分に痛みを生じる障害です。(病気ではありません)

 成長期ですから骨はどんどん成長するけど、筋肉によっていつも強く引っ張られていると言うような状況で、その”引っ張られる力”に、まだ固まっていない成長過程にある柔らかい軟骨が負けてしまい、炎症を起こしたり、ひどくなればその軟骨が剥離してしまって強い痛みがでます。
いつも激しいスポーツを行っている子供に多く見られる障害です。

[痛みの出る部分]
小学2年生から5年生ごろには「かかと」、5年生から6年生ごろには「膝」、中学生になれば「腰」、と言う具合に成長する骨によって痛む部分が変わってきます。
 これは成長期によって大きく成長する部分が違うからです。


[成長痛(骨端症)の種類](小学生の場合)

[膝(ひざ)の成長痛]
オスグッド・シュラッター病(オスグッド病)として有名。
 太腿の筋肉は膝の下にある膝蓋靱帯から、成長軟骨(脛骨阻面部)につながっています。これが強い負荷により、脛(すね)の成長軟骨が引っ張られて炎症を起こし、ひどくなるとその骨が隆起(出っ張ってくる)して、痛みます。専用のサポーターを装着することにより収ることもありますが、痛みをこらえてそのまま放っておくと、ごく希にですが隆起した骨が剥離し、手術が必要になることもあります。
※サポーターはスポーツ店にも売っていますが、まずは医師の診断を受けましょう)

[踵(かかと)の成長痛]
踵の骨は子供の頃には成長軟骨として離れた状態であり、まだ足の骨とは一体化していません。
 ふくらはぎの筋肉に強く引っ張られ、またジャンプすることや、走ることによってその軟骨に負荷が掛かり、痛みを感じます。
踵のショックをやわらげるウレタン製のパッドを病院で購入、テーピングなどを併用して踵への負担を軽減させることにより、痛みが軽くなることがあります。

seichoutuu



[運動はできるの?]
医師に「成長痛」と診断されても「痛みがひどくないのなら、様子を見ながら運動を続けてもいいよ」と、言われる場合もあります。 その時はヒザや踵へ掛かる負担を出来る限り軽くする為に、特に入念に運動前のウォームアップ〜ストレッチ、医師に「成長痛」と診断されても「痛みがひどくないのなら、様子を見ながら運動を続けてもいいよ」と、言われる場合もあります。 その時はヒザや踵へ掛かる負担を出来る限り軽くする為に、特に入念に運動前のウォームアップ〜ストレッチ、練習中の休憩時間にも出来ればこまめにストレッチを行います。 そして運動後のクールダウン〜ストレッチ(大腿四頭筋は特に入念に行う=「ストレッチを忘れずに!」頁の「太もも」と「太もも・裏側」)を行い、練習中(試合中)でもヒザや踵が痛くなってきたら、必ずコーチに言って休憩をします。

運動後には必ず、少なくとも30分間は痛みのある部分をアイスバッグなどで冷やすようにしましょう!これにより患部の腫れが、かなり抑えられます。 きっと痛みが和らぐのも実感できるハズです。「応急処置法」

[成長痛の予防法]
成長痛を予防する方法はウォーミング・アップ&ストレッチ、クールダウン&ストレッチをしっかりと行うことが一番です。
「自分はサッカーをしているんだ。だから自分の体は大切にするんだ!」と言う気持ちをもって、
コーチに言われなくても練習中(休憩時など)や試合の前後には必ず、体をほぐしてストレッチをしましょう。
成長痛の部位の負荷を軽減してくれるテーピングも症状の緩和に有効です。(ただし、キチンと病院で貼ってもらいましょう!)

※ストレッチは練習前や練習後だけでなく、練習中や給水タイム、休憩時など何度もこまめに行うことが重要です。
そして筋肉や腱が成長していく過程に必要な栄養素(タンパク質やビタミンC、鉄分)などが不足していると症状が出やすくなるので、普段から好き嫌いをせず、しっかりと必要な栄養素を食事から採りましょう。

[最後に...]
オスグッド病、踵の成長痛、共にその疑いがあるのなら、まずは必ず病院へ行ってお医者さんに診てもらいましょう。 別に注射なんかは打たれませんから....。

成長痛は医師による適切な指導と治療さえ受ければ、それほどタチの悪い障害ではなく、一時的にスポーツを休んで安静にしたり、専用サポーターやテーピング、ウレタン・パッドの装具療法により、膝や、かかとの負担を取り除いてあげれば痛みがやわらぎ、またスポーツが出来るようになる場合も多いのです。

ただ、成長痛には個人差があり、自然に痛みが消える場合もあれば、無理をすればどんどん痛みが増してゆき、成長期が終わってからも痛みが残る場合だってあります。

とにかく素人判断は禁物ですから、専門医に診てもらうことが何より大切です。
それでも「病院へ行くのはコワイよぉ..」と、言うのなら、まずはコーチに相談してみましょう。

[保護者の方へ]
練習から帰ったこども達に「最近、どこか痛い所は無いかい?」と、聞いてみてください。 結構、「うん、ココ、痛いねん...」と言う答えが返ってきたりします。
子供は”痛みは我慢していれば勝手に治る”、と思っていたりします。 ですから、元気そうにしていても、「足のこのへんとか、このへんとか、痛くないかぁ?」と、時々、聞いてあげてください、成長痛や捻挫などは早めの治療が大切ですから。


分かりました?〜〜〜
注意点をまとめてみると

…砲澆あるときは運動を控える
運動前後にはしっかりとしたストレッチ、アップをする
D砲澆慮彊を勝手な判断はせず、医師の診察をうける
すの栄養(カルシウム)だけではなく
 筋や腱の栄養(タンパク質やビタミンC、鉄分)なども
 バランスよくとり、好き嫌いをなくす

こんな感じで子供達を見てあげればいいのでは

寒い冬ですが、子供達の体調管理も
あったかくサポートして
みんなが元気に走り回れる環境づくりしていきましょう

お疲れ様でした


ganbareribura at 17:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 覚えておこう!