2010年02月

2010年02月16日

スタート!

2月13日 八日市北主催のトレマッチへ参加させて頂きました

県大会の1回戦の敗戦から半月が経ち
久々の試合でしたが、みんなの様子が気になりながら
観戦していました。

この日の4試合で感じた事は、なんとか自分を奮い立たせようと
戦っていたように感じました。
ただ、その中に少しですが負ける事に対しての防御反応とも言うのか
臆病になっているのではと・・・!

少しの気持ちのゆるさが相手に隙を与え何度か攻められる場面がありました。
あの戦いで学んだ事を力に代えるにはもう少し時間が必要なようです。
顔は笑っていても、心は揺れています。

でもその分、必死になっていると言う事ですね!


2月14日 亀山主催のトレマッチへ参加させて頂きました

前日の戦いからの修正は出来るのかが課題でした。

日本代表に足りないスピリッツと同様に決めきれない戦い!
一人ひとりの戦いが足りない寂しさ!
自らが動き、広く貪欲にボールに絡む事を全員でやれば
そこにスペースの穴は無くなり、より攻撃へ厚みを持たせられるのではと感じます。
行き過ぎもありますがそこは修正出来るので!(つд⊂)ゴシゴシ

誰か一人が諦めの動きを見せればそこにスキが生まれ、相手の攻撃がきます。
全員で戦う意識を持って!

今が一番子供たちにとって、大事な時です。
成長するために、この時を上手にじゃなくて良いので
葛藤しながらも乗り越えてほしいと思います。

雨降って地固まる
ここからの新しいスタートを今は、側でしっかり見守ってあげましょう!
勇気を持ち戦える様、支えてあげてほしいと思います。


子供たちを信じて共に夢への道を進んで行きましょう!
新たなドラマの始まりです。



ganbareribura at 01:23|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 応援しよう 

2010年02月01日

1回戦!

緑の人工芝 ここはビックレイク

木下杯1回戦が1月31日開幕しました!

話は1昨年へ戻りますが、U−11のみんなは
チビリンの県大会を目標に予選を戦い
惜しくも突破ならず、悔し涙を流しました

あれから1年間 寒い冬、暑い夏を超え
いろんな事がありました。
一つ一つ乗り越え!
そして成長の証を見せてくれました。

木下杯予選を突破し、滋賀の聖地へ立ったのでした!

35分遅れで試合は始まりました。
小雨のなか、早いピッチになれる時間もなく
青山さんの攻撃を食い止めていました。

しかし、相手の蹴ったボールが手に当たり
PK、これを決められ先制点を与えてしまいました。

青山さんのペースとなり、さらに追加点を献上してしまいました。
2−0

反撃です。
KENTOから出たボールはREITOへ、それをゴール前まで持ち込み
キーパーを抱えながらの打ったシュートはゴール前でKAORUが押し込み
2−1

逆サイドからSYU-TAがあげたボールにFUMIYAが駆け上がり
併走していたREITOがゴールキーパーのサイドを抜くゴールを決め
2−2

ここで前半終了
4年生の活躍により、
なんとか振り出しに戻してくれました
ありがとう!

後半は凌ぎつつ攻めてはいるものの、なかなかゴールは遠く
終了あと4分と言う所で、突破を止めきれず再度リードを許すと
このまま時間は無情にも終了のホイッスルを鳴らしました。

ピッチに座り込むFUMIYAの姿が悔しさを物語っていました。

足を痛めても、チームのためにとひっぱって来てくれた真のキャプテン
くじけなかった彼だからこそ、ここにかけた思いは強く
仲間が事情により出れないと知ると、枕をたたいて泣き濡らしたそうです。

流した涙はきっとみんなの力となる!
またここで戦えるよう、明日から新たなチャレンジへ進んでいこう!
みんなにはまたここで戦えるチャンスがあるのだから


小雨の降る中、
チームをあげての応援を頂き、本当にありがとうございました。

最後は涙に終わりましたが、彼らは今後、日々の練習をつみ重ね
またこのピッチに立てるよう、がんばってくれると思います。
どうか時に厳しくそして暖かい目で今後の彼らを見てほしいと思います。

これまでのサポート本当にお疲れ様でした。

もう一度がんばって行きましょう全員でね














ganbareribura at 05:44|PermalinkComments(29)TrackBack(0) 応援しよう