2016年08月27日

招かれざる客

26日 晴

台風がまた来るようだ。

午前中、東京かわら版編集部、編集会議。謝落祭、芸協祭で本を売らせてもらえることになった。

あちこちに顔を出そうと試みるが、どこも招かれざる客のようだ。
生きてゆくのは辛い。

夕方、帰宅。

ganbaresinsaku at 01:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)その他 

2016年08月26日

演芸名人二十六夜

25日 晴

「演芸名人二十六夜」(ユーキャン)CD集、見本届く。
ganbaresinsaku at 06:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)落語 

2016年08月25日

やはり台本が天職

24日 晴時々曇

浪曲の台本書きはじめる。



ganbaresinsaku at 06:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)その他 

2016年08月24日

BIBAP

23日 晴

流石に今日は起きられなかった。
8時起床。犬の散歩に行き、二度寝。10時起床。

昼、中野サンプラザ、韓国のミュージカル「BIBAP」を見る。
Kプロデューサーより、公開ゲネ招待。

2人のシェフの料理対決を、彼らをサポートする6人の料理人と、さらには観客参加で綴る。肉体派の男性役者、セクシー&ブリティの女性役者2人が、いろんなパフォーマンスを駆使。料理は題材に過ぎず、笑いと見せるサービス満点り一幕。

終わって、中野界隈散策。

夕方、帰宅。
ganbaresinsaku at 06:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月23日

愛と涙と笑いとエロス、栄光の浅草芸能史

52acf3aa.jpg22日 台風

台風直撃。
そういうこともある。

地下鉄混んでる。サラリーマンはどんな時でも会社に行く。

木馬亭。

午前中、ゲネ。

昼、木馬亭夏祭り「愛と涙と笑いとエロス、栄光の浅草芸能史」

作・演出−稲田和浩

11本のコントで浅草の芸能史を綴る。

案内役−猪馬ぽん太 国本はる乃 富士実子

々掌佑寮草
村人−大上こうじ めだちけん一 通行人−東家孝太郎 根本貫一 石井誉之
¬声の浅草・大道芸の時代
梅坊主一座−森下由美 さとうかずこ 星野理恵 寅さん−関遊六
B臉気寮草・オペレッタ「カルメン」
カルメン−しのはら実加 ホセ−おおい桜井 牛−東家孝太郎 田谷力三−根本貫一
は俺焚金時代
浪曲師を志す若者−玉川太福 浪曲の師匠−真木淳 売れっ子浪曲師−めだちけん一 贔屓の旦那−石井誉之
ゾ赦造寮草・カジノフォーリー
エノケン−関遊六 おおい桜井 根本貫一 川田義雄−玉川太福 歌手−おののこみち
戦中の浅草
銃後の婦人たち−森下由美 さとうかずこ 星野理恵 おののこみち しのはら実加
Ю鏝紊寮草
酔っ払い・おおい桜井
╂鏝紊寮草供Ε好肇螢奪
コメディアン−大上こうじ 石井誉之 東家孝太郎 森下由美 さとうかずこ 星野真理 ストリッパー−根本貫一
戦後の浅草掘女剣劇
女剣士−しのはら実加 茶店の爺−真木淳 やくざ−関遊六 親分−根本貫一
コメディアン黄金時代
真木淳 大上こうじ
寂れゆく浅草
木馬亭おかみさん−めだちけん一 若旦那−関遊六 東家楽浦−東家孝太郎

台風の中でも半分くらいの入り。お客さん、ありがたい限り。

夕方、らくごカフェ「稲田和浩の時間」

こちらも何人かお客さん来てくれる。いろんな人に支えられて生きていることがわかる。

12時帰宅。

流石に疲れた。






ganbaresinsaku at 08:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月22日

残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください千秋楽

a9094c22.jpg21日 晴、夜に雨

午前中、原稿執筆。

昼、木馬亭、浅草21世紀8月公演「残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください」千秋楽。
今日で最後。
辻さん、バルロイヤル風間さん、神田蘭さんが来てくれる。

終わって、神田蘭さんと打ち合わせ。

8時帰宅。


ganbaresinsaku at 05:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月21日

残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください七日目

e8e130bc.jpg20日 豪雨のち晴のち雨

朝から豪雨。大丈夫かと思ったら、昼前に晴れてくれた。

昼、木馬亭、浅草21世紀8月公演「残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください」七日目。今日は12時と4時の二回公演。
昼は豪雨のあとにも関わらず満席、夜も7割以上の入り。
脚本の評判がいいので少し気をよくする。一方で酷評もないわけではないが、いいんだよ、世の中にはもののわからない奴もいるんだ。
今日はイサミ堂さん、原薬局さんも来てくれる。

写真は、修平(大上こうじ)が医者(真木淳)に酔って本音を言う場面。このあと、植木屋(関遊六)の酔って言った一言から、物語は展開する。

8時過ぎ帰宅。疲れて倒れる。




ganbaresinsaku at 07:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月20日

残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください六日目

42718b1f.jpg19日 晴

昼、木馬亭、浅草21世紀8月公演「残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください」六日目。
自画自賛になるが、喜劇の脚本は天職に思える。問題はそう思っているのが自分だけ、ということ。ある評論家には「脚本なき芝居」と言われたこともある。

来月の脚本を書かれる石森史郎先生がいらっしゃる。
三橋貞子さんとお友達も来てくれる。

写真は、春子(しのはら実加)と光男(石井誉之)。

終わって、三橋さん一行と「ブロンディ」。

夕方、「笑いと涙と愛とエロス、栄光の浅草芸能史」
はる乃ちゃん、かなり調子いい。吸収も早いし。孝太郎君が面白がってやってくれるのもいい。

8時帰宅。帰ったら雨降って来た。
ganbaresinsaku at 02:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月19日

残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください五日目

2651d4c5.jpg17日 晴のち雨

ガタガタだ。また少し熱中症気味。
体が動かない。

昼過ぎ、なんとか浅草たどり着く。

木馬亭、浅草21世紀8月公演「残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください」五日目。
子供のお客さんとかもいる。

写真は、秋子(ひとみ瞳子)と昔の恋人(おおい桜井)。喫茶店のマスター(猪馬ぽん太)が結構おかしい。

夕方、「愛と涙と笑いとエロス、栄光の浅草芸能史」稽古。

なんとかかろうじて立っている。8時前帰宅。急に雨強く振り出す。
ganbaresinsaku at 01:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 

2016年08月18日

残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください四日目

cd427a56.jpg17日 晴

台風一過。今日は暑い!

昼、木馬亭、浅草21世紀8月公演「残暑お見舞い申し上げます、お嬢さんをください」四日目。
大上座長の貫一、桜井とのアドリブ炸裂。結構受けているが、ほどよいところで止めて欲しい。いや、あいつらに見せ場作ってやろうという親心はわかるんだ。
ひとみ瞳子さんの好演にはいろんな意味で助けられている。遊六くんの真摯な演技もいい味。
写真は13年前の回想シーン。左から秋子の昔の恋人、桜田(おおい桜井)、修一(大上こうじ)、秋子(ひとみ瞳子)。

佐藤友美さん、月蝕の高取英さんら来てくれる。

終わって、ゴロゴロ会館で、はる乃さんの取材。東京かわら版用。

夕方、ふたたび木馬亭「笑いと涙と愛とエロス、栄光の浅草芸能史」稽古。

7時半帰宅。

夜、原稿まとめ。
ganbaresinsaku at 00:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 
月別アーカイブ