2019年02月22日

自宅待機

21日 晴

一日台本執筆。

深夜、川越。早朝、帰宅。
ganbaresinsaku at 09:27|この記事のURLComments(0)講談 | カシクゥ

2019年02月21日

自宅待機

20日 曇のち雨

一日台本考案。
ganbaresinsaku at 00:02|この記事のURLComments(0)講談 

2019年02月20日

東京かわら版

19日 曇のち雨

午前中〜昼、東京かわら版編集部。3ヶ月ぶりか。
「寄席演芸年鑑」書籍の作業。

夕方、動物病院。

帰宅後、雑用。
ganbaresinsaku at 07:53|この記事のURLComments(0) | 落語

2019年02月19日

動物病院

18日 晴

今日は暖かだ。

昼、動物病院。

その後、IKEA。今日もミートボール食べる。

夕方、帰宅。

夜、川越。

帰宅後、シラバス作業。
ganbaresinsaku at 03:47|この記事のURLComments(0) | 学術

2019年02月18日

「大脱走」千秋楽

17日 晴

昼〜夕方、浅草21世紀2月公演「大脱走」千秋楽、二回公演。
これでこの芝居は最後。
21世紀は来月もあるけれど、私はこれでおしまい。次があるかどうかはわからない。

今日は、辻さん、バトルロイヤル風間さん、チムール帝国さんが来てくれる。

今回も皆さん「面白かった」と言ってくれる。ありがたい限り。

さて、明日からも頑張りましょう。

ganbaresinsaku at 07:43|この記事のURLComments(0)演劇 

2019年02月17日

道徳シンポジウム

16日 曇

昼、文京学院大学「道徳セミナー、日本の伝統文化」

琴柑さんとシンポジウム参加。
今年から小中学で道徳が科目となる。どうなるのか。

夕方、帰宅。




ganbaresinsaku at 09:35|この記事のURLComments(0)学術 | 講談

2019年02月16日

「大脱走」六日目

15日 雪のち曇

朝、ちらちら雪が降る。

午前中、大崎、カシクゥ出店、搬入手伝い。

昼、木馬亭、浅草21世紀2月公演「大脱走」六日目。
昨日、遠藤佳三先生が来てくださった。浅草喜劇にない芝居だという、お褒めなのかお叱りなのか微妙な批評をいただく。30代くらいまでなら、たいへんな褒め言葉なんだと思う。
この芝居は実は、脇役の女二人の、お艶のリアルと、ナミのファンタジーがキーなんじゃないか。台本を改めて読むと、お艶が何故、五郎を誘惑したのかがわかってきた。お艶の熊太郎への嫉妬なんだよ。だから、五郎がいなくなってからの熊太郎とお艶の幸福な十年の意味が出てくる。そのリアルと、台本に整合性がなく、急に自分が法に代わって裁きをくだすと歌ながら悪人を皆殺しにするナミのファンタジーが浮かび上がる。
今日来てくれた川瀬君が「ナミはキル・ビルでしょう」という指摘は実に的を得ていたように思う。

終わって、秋葉原。制作会社の人と打ち合わせ。

夕方、帰宅。犬の散歩の後、大崎搬出。

帰宅後、雑用いろいろ。
ganbaresinsaku at 05:10|この記事のURLComments(0)演劇 | 講談

2019年02月15日

月亭方正独演会

14日 晴

午前中、よみうりホール、仕込みのコーディネート。
今日は木馬亭お休みし、ファミリーアーツの仕事。

昼、よみうりホール「月亭方正独演会」

番組
やなぎ 初天神
方正  大安売り
中入り
太福  地べたの二人〜おかず交換(三・みね子)
方正  妾馬

夕方、帰宅。

今日で東風菜1歳。
ganbaresinsaku at 09:15|この記事のURLComments(0)落語 | 

2019年02月14日

「大脱走」四日目

12日 曇

午前中、大崎南口、カシクゥ出店、搬入手伝い。

昼、銀座の「ソルコ」で打ち合わせ。

その後、浅草。「大脱走」の開演前に到着。
もうこの頃になると自由自在に、大上こうじ暴れる。
今回は全員に見せ場作った。やはり、全員に見せ場作ると、いいよなぁ。

今日は石森史郎先生がいらっしゃる。

夕方、帰宅。寒い。風邪も辛い。

大崎南口搬出の後、イオン。

遅くに夕食、早くに休む。
ganbaresinsaku at 09:02|この記事のURLComments(0)演劇 | イベント

2019年02月13日

「大脱走」三日目

12日 晴

朝、2時間寝る。

10時に起きて、浅草へ。

いろんなことがどん詰まり。

気をとり直して。

木馬亭、浅草21世紀2月公演「大脱走」三日目。
女の生き方、お艶とナミ、二人の女について考える。

今日は、横山玲子先生が来てくれた。

終わって、日本橋へ。

夕方、お江戸日本橋亭「民族芸能を守る会、二代目松林伯円を偲ぶ会」
もう役はないが、一応、楽屋に顔を出す。
永井啓夫が94年に書いた伯円忌に関する文がプログラムに。まぁ、それでいいんだが。

番組
松麻呂 伊達の鬼夫婦
松之丞 左甚五郎、陽明門の受難
琴調  出世の富くじ
琴星  安政三組盃
中入り
貞山  木村重成の堪忍
松鯉  義士伝、大石東下り

帰宅。
なんかだんだん具合が悪くなってきたな。
ganbaresinsaku at 00:19|この記事のURLComments(0)演劇 | 講談
月別アーカイブ