2017年08月20日

自宅待機

19日 曇、夕方、豪雨

午前中、原稿リライト作業。

昼から、別件作業。

夕方、ゲリラ豪雨。家にいて、よかったよ。


ganbaresinsaku at 06:40|この記事のURLComments(0)その他 

2017年08月19日

青春とはなんじゃらほい 稽古

d3da043f.jpg18日 曇

昼、原稿リライト作業。

夕方、木馬亭「青春とはなんじゃらほい」稽古。
なかなか面白くなっている。

21日、12時と4時、浅草・木馬亭「木馬亭夏祭り」にて。
ganbaresinsaku at 00:47|この記事のURLComments(0)

2017年08月18日

青春とはなんじゃらほい 稽古

17日 曇

午前中、リライト作業。
11時20分から、ラジオ「浪曲十八番」、ぶん福の「浪花節じいさん」(キーボード曲師・北川純子)を聞く。

昼、木馬亭、浅草21世紀公演「浅草ストーリー」を見る。

作、演出−春田源生 出演−曙孝太郎巡査・大上こうじ 石部淳吉・真木淳 妻恵美子・合田ケイ子 島田先生・おののこみち ピンクポリス麗子・しのはら実加 大原巡査部長・猪馬ぽん太 大前田・めだちけん一 蕎麦屋たかお・石井誉之 ラーメン与助・ヨスケ 区役所職員坂本昭夫・根本貫一 看守・関遊六

ドタバタの真髄。めだちが怪我で、石部役が急遽、真木淳に代わったんじゃないか。ガリ勉君がやくざになって落ちてゆく40歳くらいの男、そんな役もきっちりこなす真木淳奥深い。鬘かぶって、それが笑いにもなっている。真木淳、合田ケイ子はさらに回想シーンで小学生役まで演じる。
ぶち切れ役がしのはらで、大上がやや引いて、突っ込み役にまわっているのが少し寂しいか。

そのまま居続けで、「青春とはなんじゃらほい」稽古。
70年代の青春ドラマをモチーフにした4つのコントと1つの浪曲で綴る。
「熱血先生」 大上こうじ・石井誉之、ヨスケVS根本貫一
「恋の季節」 合田ケイ子VSしのはら実加
「青春浪曲、トライをめざせ!」玉川太福(三・玉川みね子)
「女子バレー部特訓」 大上こうじVSだるま食堂
「学校の怪談」 関遊六VS猪馬ぽん太
進行役は、東家一太郎VS富士実子
同窓会にやって来た元校長の老人(真木淳)と介護士(おののこみち)がキー。

9時帰宅。



ganbaresinsaku at 05:31|この記事のURLComments(0)演劇 

2017年08月17日

青春とはなんじゃらほい 稽古

16日 雨

午前中〜昼、原稿直し作業、チラシ制作、原稿リライト、レジュメ作り。とにかく働く。

夕方、木馬亭、「青春とはなんじゃらほい」稽古。
合田ケイ子VSしのはら実加、女の戦いがかなり愉快。

9時帰宅。
ganbaresinsaku at 00:45|この記事のURLComments(0)演劇 

2017年08月16日

カウントダウン

15日 雨

ガタガタだ。
プーク「新作落語」の最終日にも行かれず。
いろんなことが潮時。以前から決めていたことではあるが、仕事がゼロになったところで廃業する。とりあえず「木馬亭夏祭り」は頑張る。
ganbaresinsaku at 11:12|この記事のURLComments(0)アクシデント 

2017年08月15日

新作落語 二日目

14日 曇、夜に雨

昼、外出予定を急遽キャンセル。どうも具合がよくない。精神的に少しおかしくなっているのかもしれない。
原稿直し作業、少し。

夕方、プーク「新作落語、二日目」

番組
ぐんま 実録派バックドロップの思い出
ふう丈 量産型田中
粋歌  箱の中
駒次  10時打ち
百栄  フェルナンド
中入り
丈二  マクドナルト
円丈  前座チャンネル

円丈「前座チャンネル」、相変わらず言葉の鋭さ、客席に響く。百栄「フェルナンド」、もう百栄の世界炸裂。駒次「10時打ち」、鉄道の小ネタが笑いに繋がる。
粋歌「箱の中」、リアルな断捨離ネタ。ふう丈「量産型田中」、シュールなSFネタで確実な笑いをとる。
で、今回も前座のクオリティ高い。新作慣れしてるのか。これからが楽しみ。

10時帰宅。

結局、人間関係だな、一番の問題は。俺がいることで不快に思う人がいる。その人に気を遣って排除される。その繰り返しだよ。
ganbaresinsaku at 07:28|この記事のURLComments(0)落語 

2017年08月14日

新作落語 初日

13日 晴

昼、原稿執筆。

夕方、プーク「新作落語」

番組
あおもり 臨終
天どん  消えずの行灯(本所七不思議)
わん丈  苗字
枝太郎  刑務所の中
彦いち  という
中入り
鯉朝   あまやどり
喬太郎  旅の帳尻

今年は「新作落語」公演に顔が出せる。
なかなか中身充実だ。
喬太郎「旅の帳尻」、短編映画みたいな話。会社の裏帳簿を見付けて逃亡している男が、上野の安宿で傷心の女と会って……。
彦いち「という」、いい噺だね。バカバカしくて。家族がつまらない嘘つくんだ。友達も母さんも。うまく騙されて。それ聞いてゲラゲラ笑っているんだけど、意外な真実がある。
枝太郎「刑務所の中」、笑いだくさん。お得な素材。鯉朝「あまやどり」、やや屈折系か。オカマとか出て来て笑いは豊富。
わん丈「苗字」、訪問者の苗字が思い出せず、というよくある噺。リアルな面白さ。それでいて小1〜高3までずっと学級委員だったのがリア充で、クラスの「山ちゃん」が凄いとか不思議な自分マクラは新作派の真髄だね。
天どん「消えずの行灯」、ユニークな怪談、というより「バカ野郎」な天どんイズムが味。
前座、あおもり「臨終」は天どんも言っていたが、円丈っぽい作品。骨格もしっかりしているし、「家族に看取られて死にたい」という、老人のこだわりれが活きている。こういうのを前座で作れるのは、師匠、大師匠のネタをしっかり研究しているのか、むしろ演劇とかの影響があるのか。なんにせよ、楽しみな逸材なんじゃないか。
全体にいいお客さんに支えられている。新作=怪しい笑い、という認識はすでにない。しっかりした噺を笑いだくさんで聞く、そういう時代になったのかもしれないね。

10時帰宅。

録画しておいた「攻殻機動隊ARS」見る。見てないヤツ。頭悪いからアニメも案外必死で見ないと。
ganbaresinsaku at 02:49|この記事のURLComments(0)落語 

2017年08月13日

NingyoLAB

d5d95af0.jpg12日 雨のち晴

午前中〜昼、東京かわら版編集部で校正。

夕方、横浜へ。元町中華街・人形の家、知り合いSさんの関係で、モダン舞踊(というのでいいのかはわかんないけど)「NingyoLAB」を見る。

出演−鈴木香里 セバスチャン・ヴュイオ

私は頭が悪いから、よくわかんない。客のイマジネーションに委ねる、というか表現者の感覚をどれだけ理解できるか、ということなんでしょう。
でもね、見せる努力はするべき。だと思うんだけど、違うのかもしれない。アートだから。

中華街で定食食べて帰宅。

ganbaresinsaku at 00:48|この記事のURLComments(0)その他の芸能 

2017年08月12日

納涼華舞台

11日 曇時々雨

昼、木馬亭「納涼華舞台」

雲月師プロデュース。
友歌さんと台本打ち合わせ。

終演後、豊子師に誘われ、「たこ丸」。席亭も来る。

夕方、帰宅。少し雑用。
ganbaresinsaku at 06:50|この記事のURLComments(0)浪曲 

2017年08月11日

打ち合わせ二件

10日 曇のち雨

昼、全労済、「B1寄席」打ち合わせ。

その後、千駄ヶ谷、制作会社で、打ち合わせ。

夕方、帰宅。原稿執筆。

ネットのニュースで、。歌舞伎役者の中村京紫さんの訃報を知る。
「作者部屋」の朗読会に御出演いただいた。まだ五十代前半、ちょっとショックである。


ganbaresinsaku at 18:46|この記事のURLComments(0)落語 
月別アーカイブ