2007年06月26日

にきび予防と治療法!

思春期のころ、にきびで悩んだ経験はありませんか?

顔や胸、背中などは皮脂を分泌する脂腺が集中しているので、にきびが出来やすくなります。

特に背中にできるにきびは大人の男性が多いようです。

にきびの3段階のうち、黄にきびと呼ばれるのは膿を持って黄色く腫れてしまった最終段階です。

思春期のにきびは、ホルモンバランスにより、皮脂が過剰に分泌されることですが、大人のにきびは間違ったスキンケアや偏食、運動不足などが原因になります。

にきび予防の一番の方法は、正しい洗顔です。

最低でも朝晩2回、きちんと洗いますが刺激が強いのでスクラブタイプの洗顔料は避けましょう。

また、内臓を圧迫して内臓不良を起こさないように正しい姿勢を心がけます。

にきび跡は気にしているよりも、美容外科に相談をしてみた方がよいでしょう。

傷やへこみにレーザーを当てることで肌の再生を促進させます。

ケミカルピーリングというのは、角質細胞を削り取って肌の再生を促して色素沈着や赤みを取り除くと共に、コラーゲンを促成させてにきび跡を修復します。

以前はビタミンC誘導体療法を行なっている皮膚科も少なかったのですが、最近は補助的なにきびケアとして多くの病院で実施されています。

基本的なことですが、にきびができたら、炎症ができないようにできるだけ触らないようにしましょう。




ganbaru414 at 10:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔