2007年08月08日

にきび予防と治療法!

思春期のころはもちろん、お化粧をするようになると大人でもにきびは気になりますね。

にきびは顔だけではなく、頭皮や首、背中などにも出るので性質が悪いものです。

背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。

にきびを3つの段階に分けると、毛穴がつまって黒くなった黒にきび、炎症を起こして赤い赤にきび、そして膿を持って黄色く腫れた黄にきびになります。

にきびの原因には、睡眠不足や便秘、栄養の偏った食事なども含まれます。

にきび予防のための洗顔は、まずぬるま湯で汚れを落とした後に洗顔料をよく泡立ててやさしく洗います。

また、睡眠も大切なのでホルモンバランスをくずさない様に不規則な就寝を繰り返さないようにします。

にきび跡は気にしているよりも、美容外科に相談をしてみた方がよいでしょう。

レーザー治療はクレーターと呼ばれるにきび跡に効果がありますが、専門医にしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。

ケミカルピーリングは古い角質を取り除いてやわらかい角質を表面にだしてやることによって皮脂の分泌をスムーズにすることでにきびを出来にくくします。

ビタミンC誘導体を使った治療では、高濃度で配合したビタミンCを使うことによって、にきび跡の治療に効果があると言われています。

にきびが出来たら、髪の毛が顔にかからないようにして炎症を起こさないように気をつけましょう。




ganbaru414 at 12:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔