2007年09月13日

にきび予防と治療法!

にきびの悩み、何歳になっても嫌ですね。

にきびは毛穴にできますが、特に脂腺が多い部分に出来やすいです。

背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。

にきびを3つの段階に分けると、毛穴がつまって黒くなった黒にきび、炎症を起こして赤い赤にきび、そして膿を持って黄色く腫れた黄にきびになります。

にきびの原因は色々ですが、間違ったスキンケアや寝不足、便秘や偏食などがあります。

にきび予防のための洗顔は、まずぬるま湯で汚れを落とした後に洗顔料をよく泡立ててやさしく洗います。

また、内臓を圧迫して内臓不良を起こさないように正しい姿勢を心がけます。

にきびが跡になってしまったら、美容外科でレーザー治療などを受ける方法もあります。

レーザー治療では、肌内部からのコラーゲン生成を活性化し、肌の再生を促進させることで、傷やヘコミを緩和させます。

ケミカルピーリングも、家庭でできるものもありますが、できればしっかりとした医療機関で治療をしてもらいましょう。

ビタミンC誘導体は、細胞内でメラニンの生成を抑制して、にきび跡の色素沈着も防ぐようです。

にきびが出来たら、髪の毛が顔にかからないようにして炎症を起こさないように気をつけましょう。



ganbaru414 at 09:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔