2006年11月20日

銀行は動き出したのか? G

Gです。
今日は銀行関係で2つほど気になるニュースが目に付いたので照会したいと思います。まずはお読み下さい。

三菱東京UFJ銀行は20日、同行に口座を持つすべての預金者を対象に、ほとんどのコンビニエンスストアの現金自動預け払い機(ATM)の利用手数料を来年3月から、早朝・夜間などを除いて無料化すると発表した。
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061120-00000012-yom-bus_all

次に↓を見てください。

三菱東京UFJ銀行が、東京スター銀行のATM(現金自動受払機)手数料無料サービスについて契約の見直しを求めている問題に関連して、東京スター銀のタッド・バッジ頭取は17日の会見で、「すべての銀行は手数料を無料化すべきだ」と訴えた。ATM手数料は利用者の引き下げ要望が強く、有料を原則にしている国内の銀行界に波紋を呼びそうだ。
 バッジ頭取は「今の預金金利では、ATM手数料がすぐに利子を上回り、預金が目減りしてしまう」と指摘、「自分のお金を引き出すのに利子より高い手数料を払うのはおかしい」と疑問を投げかけた。更に「基本的なサービスに対する課金としては高すぎる。銀行はもっと価値の高いサービスを提供して、収益を得るべきだ」と経営のあり方に注文をつけた
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-00000004-maip-soci

この2つのニュースを見て、やっと銀行もやる気になってきたのかなと思いました。東京スター銀行の頭取の言っていることはもっともですよね。金利なんて無いに等しい位なのに、ATMで自分のお金を降ろすごとに¥105か¥210だもんね。あまり考えてないと思うけど、¥10000を降ろす場合、手数料が¥210の場合は下手をするとキャッシングをした方が安くなります。金利のろくにつかないのにひどい話ですよね。

僕はこの状況に怒りを感じていました。ただ納得もしていました。納得していた点としては、とにかく不良債権が凄かったことです。ある意味、国民みんなで銀行を救済しているのだと僕は考えていました。それと、なにはともあれ便利なこと。一昔前を考えると、地方に行くとお金が出せなかったりと非常に不便な事も多かったのだけど、最近はそんな状況はありえません。そうそう、そういう時って郵便局と信用金庫は便利でした。あと探すのが大変だけど農協とかも可能だったと思います。それに、何気にシティバンクはどこでも出金できましたね。不便なのは、大銀行。以前のメガバンクは地方都市ではお金を出すところがなくて苦労しました。

その銀行も僕達の小さな協力もあって、今では史上最高益をだすまでになってきました。そろそろ利益を還元して欲しいと思います。ちょっとぐらい利息を上げるのではなく、ATMの手数料が無料になってくれると非常にうれしいです。通帳をみるとあまり気にしてはいませんでしたが、まあ手数料が多い多い。それで、利息はほとんどなしですからね。銀行はまだしばらく税金は払うことは無いようですので、せめてこれくらいは貢献して頂きたいと思います。

なんかまとまっていませんが、今日はここまでです。




gandk at 23:59│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 東京スター銀行 おまとめローン  [ 東京スター銀行 おまとめローン ]   2006年11月22日 19:47
東京スター銀行のサイトでおまとめローンの返済シュミレーションって結構面白いです。自分が借入していないとしてもなかなか楽しめます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数