2007年06月09日

人間のオーラをチェックできる「オーラ玉ストラップ」

またまた面白い(あやしい)ストラップを見つけてしまいました。

その名も『オーラチェッカー「オーラ玉ストラップ」』!!

オーラ玉ストラップ1

要するに、このストラップは人体から出ている微弱なエネルギーを検知してその日の、その人のオーラカラーを表示してくれるというもの。

はっきり言って、人間のオーラとはそもそも何なのか、それ自体が謎なわけなんですが、とにかく、それを機械的に検知できるというストラップなんです。

オーラ玉ストラップ2

なんだか、お化け探知機やUFO探知機とかわらんなぁ、なんていう意見も聞かれそうですが、実は、この「オーラ玉ストラップ」も、以前紹介した『ミニお化け探知機「ばけたんストラップ」』や『矢追純一監修のUFO探知機「ユータンレーダー」』を開発した会社、ソリッドアライアンスの商品なんです。

3つとも存在自体が疑問視されているような怪しいものを探知するメカだけに、おバカグッズ扱いせざるを得ないんですが、どれも、何らかの電気的信号を探知できることは確かなようです。

ソリッドアライアンスの商品ページには、下記のように説明がされていました。

オーラは、環境や感情の変化で毎秒・毎分、常に微妙に変化している。「オーラ玉」で毎朝オーラカラーをチェックすることで、占い感覚で遊べるストラップです!

操作方法について
スタートスイッチ”ON”で測定開始。球体の中のLEDがランダムに光り、オーラ検出(12秒)。255色でのカラーでの結果表示(2秒)

結果表示について
通常は、リラクゼーション系の柔らかめの表示。エネルギーが普段より強いときは、光が早く揺れる表示になります。エネルギーが強いので、何かいつもと違うこと(=いいこと)があるかもしれないという現われです。
人間が発する微弱なエネルギーを電気エネルギーに変換し、検出する特殊センサー。微弱な電気エネルギーとは、人間のチャラクの部位(脳波・心拍・脳内化学反応)から検出されるエネルギー周波であり、検出した周波を特殊センサーで、色が持つ周波数の定義と当てはめることによりオーラの基本カラーである8色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫・白)を表現しました。
お守り感覚でつけられるパワーストーン付き。

オーラ玉ストラップ

携帯電話のストラップとしては、少々じゃまになるサイズかも知れませんが、毎日持ち歩くことを考えれば、ストラップにするのが一番良かったのかもしれないですね。

なお、お値段はソリッドアライアンスの楽天ショップで、1個 2,625円 (消費税込、送料別)でした(ちなみに他のお店でも全て同じ価格でした)。

オーラが毎日CHECKできる☆オーラチェッカー「オーラ玉ストラップ」
価格2,625円 (税込) 送料別


怪しいなんて言わずに、あなたも試してみられては?


☆付属品
・パワーストーン(1製品につき1種類)
 ・ローズクオーツ/恋愛運を良くしてくれる
 ・クリスタル/願い事を叶えてくれる
 ・アメジスト/魅力を引き出してくれる
(*付属のパワーストーンは人工的に製造された球です。)
・キーホルダーにもなるボールチェーン
・使用電池/CR2032×1個(テスト用電池)

<使用方法に対する注意事項>
・オーラ玉の結果表示は直射日光の当たるところや、照明が明るいところでは、見えにくい場合があります。
・オーラは体の部分や環境で微妙に変化しているので、同じ人が何度も使用する場合は、同じ環境下で使用してください。
・オーラ玉はあなたの体の中から出ている、微弱のエネルギーを検出してオーラカラーを表示します。貴方の体の状態を表すものではありません。

<製品サイズ>
オーラ玉部分サイズ:直径38mm
ストラップ部分長さ:約90mm


<製品素材>
・ストラップ部分:金属・PP
・製品部分:ABS・アクリル
・ボールチェーン:金属

2007年06月06日

Video iPod専用ヘッドマウントディスプレイ「iWear for iPod」

以前、28,300円(消費税、送料込)で高性能なヘッドマウントディスプレイ「i-Theater」を紹介しましたが、今日はVideo iPod専用のヘッドマウントディスプレイ「iWear for iPod」を紹介しましょう。

iWear メイン

ヘッドマウントディスプレイとは、サングラスやメガネのような外見のプライベートなポータブル画面のことです。

このタイプのディスプレイの魅力は、外での視聴でも後ろから覗かれることなく、プライバシーを保ち、自分の世界で楽しむことができるということ。

また、仰向けに寝転がっていても目の前で大画面を見ることができるのも特徴です。

そして何より、大画面ディスプレイを携帯電話ほどの重さで持ち歩けますので、飛行機、新幹線、車など、長くて退屈な移動時間はもちろん、自宅や外出先など、いつでもどこでも楽しめるというのが最大の魅力でしょう。

iWear セット

今日紹介している「iWear for iPod」は、Video iPod専用(ビデオ再生可能な、いわゆる第5世代iPod専用)という、非常に割り切ったものですが、さすがは専用機、いろんな部分で便利にiPodとシンクロしてくれるんです。(iPodは別売りです。)

まず、「iWear for iPod」はバッテリーボックスを持っておらず軽量化実現、iPod専用に開発されたDuckコネクタを通じてiPodの電源を使用しますので、メガネ部分だけの非常にシンプルな形になりました。

また、「iWear for iPod」には操作ボタンがなく、iPodと接続した状態で、iPodで映像を再生すると、iWearが自動的に起動する仕組みになっており、コネクタを抜くかiPodの電源を切ると自動的にOFFになります。

「iWear for iPod」を使っての試聴時には、iPodは自身のスクリーンを自動的にOFF、iWearがその消費電力分だけを使用するため、iPodのバッテリーの持ちは本体だけで観る時と変わらないという見事な省エネぶり。

iPodで再生した2Dムービー、ミュージックビデオ、Podcast、3D映像(フィールドシーケンシャルインターレースIcuiti 3Dコンテンツ )などを本機でご覧になると、驚くほど臨場感のある大画面で楽しめますよ。

iWear グラス部分

なお、画面サイズは目の前数mに44インチの画面がある状態をシュミレートしてありますので、ちょっとしたプライベートシアターですね。

ちなみに、本機の姉妹品には、DVDやゲーム機、ポータブルAVプレーヤー、iPodなど、AV出力を持つ機器なら何でも接続できる「iWear AV230」もありますが、仮想画面サイズや、本体重量、バッテリーの持ち時間、機能などの点で、価格に大差のない「i-Theater(アイ・シアター)」の方がお勧めです。

ちなみに、簡単に比較するだけでも下記のような違いがあります。

         [ iWear AV230 ]    [ i-Theater ]
仮想画面サイズ  44インチ        50インチ
本体重量     113g          78g
バッテリーの持ち 約4~5時間        約10時間


もっと、詳しくは、以前の記事(こちら→)『ヘッドマウントディスプレイ「i-Theater」』をご覧になって比較してみて下さい。

しかし、iPodの接続することだけに限って考えれば、「iWear for iPod」のシンクロ機能は超優れもの。

Video iPodをお持ちの方や、これから購入を考えている人には「iWear for iPod」を、他の機種でも楽しみたいという人には「i-Theater」をオススメします。

ちなみに、お値段は、「iWear for iPod」と「iWear AV230」が 29,799円(消費税込、送料別)、「i-Theater」が 28,300円(消費税、送料込)でした。

動画対応iPod専用 次世代VideoEyewear「iWear for iPod」
価格 28,380円 (税込29,799円) 送料別




「iWear for iPod」 スペック

ディスプレイ:QVGA LCD パネル×2枚(230,000ピクセルずつ)
       320×240解像度、フルカラー(1,600万色)
       視野23°
       60Hz
       左右、フォーカス調整機能
 オーディオ:100mW チャンネルずつ
       取り外し可能なステレオヘッドホン
    重量:ディスプレイ部:113g(ヘッドホン含む)

特徴
・従来のVideo Eyewearのようなコントローラボックスがありません。
・USBパワーケーブル(オプション)で連続再生と充電ができます。
・iWearはiPodの電源を使用し、iPodの電源を切ると自動的にPOWER OFFになります。
・自動2D/3D(フィールドシーケンシャルインターレースIcuiti 3Dコンテンツ)切り替え