2008年10月

2008年10月29日

明日10月30日(木)MBSラジオ

明日10月30日(木)MBSラジオ「こんちわコンちゃん お昼ですよ」で弊店のことを紹介してくださいます。
放送は14時15分〜14時30分の間の7〜10分位だそうです。
よろしければお聴きください。

ganko18 at 21:42|Permalink││マスメディア 

おしらせ

10/31(金)今週も鯛が入らなかったのでいつものスープです。すみません。


ganko18 at 21:31|Permalink││日記 

2008年10月21日

みんな なかよく

私なりのWBCスタッフ案です。勝手な妄想です。

監督        野村克也
助監督       王貞治

投手コーチ     星野仙一
内野守備コーチ   吉田義男 
投手コーチ     渡辺久信
右強打者打撃コーチ 落合博満
右巧打者打撃コーチ 落合博満(兼任)
左強打者打撃コーチ 掛布雅之
左巧打者打撃コーチ 田尾安志
バントコーチ    川相昌弘
走塁コーチ     福本豊 伊原春樹
サポートスタッフ  大沢啓二 張本勲 川藤幸三 板東英二

【投手】 14 
省略

【捕手】 3
城島
M里崎
D谷繁

【内野手】 8
L片岡
E渡辺直人
M西岡
H川崎
L中島
F田中賢介

H松中
G小笠原
B村田
岩村
井口

外野手 6
イチロー
S青木
L栗山
S福地
T赤星

福留
松井
田口

そして「野村王ジャパン」コンセプトは・・・


『スモールベースボール』ではなく、それよりもっとエグい、


『マイクロベースボール』で行きます。


  9栗山 1青木 3イチロー

   7川崎  2西岡

5片岡        4中島

     8谷繁  DH6福地

ちょっとマッチョにしてみる・・

  3福留 2青木 1イチロー

   8川崎  7西岡

5岩村        6中島

     8谷繁  DH4松井


某スタッフのコメント「このチームはほんっばに速いからね。ボク思うんやけど、イチローゆうのはほんっばに凄い選手やわー。ボク、ジュニアオールスターでイチロー君が・・・(自慢話が続く)」

話は違いますが、昨日の工藤公康投手のCS解説がコギャルみたいでした。(良い意味で)

「上原投手のぉ〜 最後の球わぁ〜 フォークボールだったんですけどぉ〜」

ちなみに以前テレビで見た工藤投手の私服はグーフィーの絵がプリントされたトレーナーでした。(これももちろん良い意味で)

ganko18 at 21:49|Permalink││野球 

2008年10月16日

パンチョ08

元旦が近づいてきています。
10月30日、プロ野球新人選手選択会議、ドラフト会議が行われます。

去年一昨年同様、私のドラフトポリシーは以下の通りです。

―啾好守強肩の遊撃手をひたすら獲る。
⊇啾好守強肩の外野手をひたすら獲る。
G藁呂里△詼楹頁錨蠎蠅鬚劼燭垢薐佑襦
ぬ切魘肩の捕手をひたすら獲る。
田口、新庄、福留にしても元は遊撃手で外野手にコンバートされました。
しかし外野手から内野手にというケースは本当に稀だと思います。
そういう意味で同じ位の評価の内野手と外野手がいたのならば絶対内野手の方を獲るべきだと考えます。
また、高校生の野手なら本人の資質とチームの状況次第では捕手への転向も可能だと思います。

鈍足の中・長距離バッターは獲りません。確率の問題です。
長距離砲はハムみたいな上腕の外国人を一塁と三塁に据えれば良いわけですから。

以下上記基準を元に野手中心でピックアップした選手です。(「野球小僧」等ドラフト雑誌参考)

【内野手】
浅村栄斗(大阪桐蔭)
上本崇司(広陵)
金子侑司(立命館宇治)
古野慎一(前橋商)
松本幸一郎(横浜)
島井寛仁(沖縄・西原)
杉谷拳士(帝京)

上本博紀(広陵→早稲田大)
北山恵丞(帝京五→奈良産業大)
今村健二(九州学院→亜細亜大)
山崎憲晴(横浜商科大)

【外野手】
橋本到(仙台育英)
立岡宗一郎(熊本・鎮西)

松本啓二朗(千葉経大付→早稲田大)
長野久義(日体大→ホンダ)
藤中謙太郎(九産大九州→九州産業大)
野本圭(駒沢大→日本通運)
柴田講平(福工大城東→国際武道大)

で、優先順位をつけると

浅村栄斗
2上本崇司(結局志望届出さずに早大進学決定につき以下繰り上げ)
3橋本到
4立岡宗一郎
5杉谷拳士
6金子侑司
7松本幸一郎
8上本博紀
9藤中謙太郎
10柴田講平

残りの
古野慎一
島井寛仁
北山恵丞
今村健二
山崎憲晴
松本啓二朗
長野久義
野本圭
は獲られていなければ根こそぎ獲る。
まぁ野本、松本啓は1順目でいかれてると思います。

投手は
宮崎商業の赤川・日南学園の有馬中崎の宮崎三大左腕、笠原将生(福岡工大城東) を獲れるだけとる。
捕手は
中村悠平(福井商)、山城一樹(浦添商)が残っていればいく。

といっても、本人が志望届と出さなければどうしようもないのですが。
高校生「プロ野球志望届」提出者一覧
大学生「プロ野球志望届」提出者一覧

こんな感じで今年のドラフトに臨みます。     

ganko18 at 21:40|Permalink││野球 

2008年10月10日

東方遠征記2


雨があがり、有明コロシアムの屋根が開くところ。
ファイナルファンタジーの飛行船のように飛ぶ機能も備わっているらしいです。
あと都庁は巨大ロボに変形するらしいです。


錦織選手登場 選手がどこの通路を通るかくらいは熟知しております。
しかしこんな厳重警備は初めてです。


錦織選手入場



とぶところ。ちょっと見にくいです。すみません。


試合終了。危険です。


新幹線に乗れなくなるのでロディックとゴンザレスの試合は諦めました。
パリのエスプリ漂うガスクエ選手と1番コートのデルポトロ選手の試合を軽く見て帰りました。



no.1コート


最後にひとこと・・テニスはチャラくないですから。

AIGオープン公式HP

ganko18 at 21:03|Permalink││日記 

2008年10月09日

東方遠征記

9月30日(火)

クルム夫人伊達さん






リアル宗方コーチ修造くん






有明Bコート ここで昔よく試合しました。この日は雨で外のコートは使えず。有明Bコート 雨






「ジャンピンジャックボーイ」の画像は次回までお待ちくださいm(_ _)m

下の画像は東京国際展示場「東京ビックサイト」です。
年末には、うちのお客様たちもよくいらっしゃる祭典が行われる要塞です。
要塞







有明を後にして神田神保町へ
覆面を被ってラーメンを作るお店があると聞き、行ってみる。
覆面






ほんまに覆面被って作ってはりました。
ちなみに日本語も喋れなく外国人のようでした。
東京はアバンギャルドな街であります。

アンガーラ アンガーラ ゼイ セイ イット イズ イン ジンボウチョウ

その後友人ノッカムと神宮球場で待ち合わせ。
雨は止みません。神宮 雨






レフトスタンド






フェンス






学生時代、まさにこのフェンスの上に乗って阪神タイガースを応援していました。
先輩のCOZYさんと後輩のフジタは戦友であります。
COZYさんはいつもクールでカラオケではこんな歌(この動画の中には大勢でカラオケ行ったときのありがちな要素がたくさん盛り込まれています。私が確認できただけでも6つはありました。皆さんはいくつ見つけられましたか?解答は後日。)を完璧に唄い上げてはりました。

ある日の神宮球場で、桧山が満塁ホームランを打った瞬間、ふとCOZYさんを見やると
彼の頬をつたったひとすじの涙・・・私もフジタもずっと忘れないでしょう。
ちなみにこの当時の阪神は断トツの最下位で、おそらく私達が応援に行った神宮・東京ドームの全試合の勝率は3割にも満たないと思います。

そして、そう、日本テニス界にとっての歴史的試合【別記説明】の日もこのフェンスに登っていたっけ・・。(結果は阪神惨敗)
あとで有明に行ったきーちゃん達にどれ程自慢されたことか。

【別記説明】1996年、4月27日 - 28日、東京・有明コロシアムで開かれた女子国別対抗戦・フェドカップの「ワールドグループ」1回戦でドイツと対戦し、28日の試合で伊達公子は女王シュテフィ・グラフを 7-6, 3-6, 12-10 で破る大金星を挙げた。グラフは伊達を数少ないトッププレイヤーの1人として認めており、試合後「伊達に負けたことは恥ずかしくない」と語った。

最後は広島のクライマックスシリーズがたぶん潰えた瞬間
青木宣親選手のバックホームとガッツポーズ。


つづく・・

ganko18 at 22:07|Permalink││日記 

2008年10月08日

大阪市長杯世界スーパージュニアテニス選手権大会

昨日うつぼ公園にジュニアの大会を観にいきました。
「ジュニア」と言えどももうボッコボッコの打ち合いです。

彼らの真剣な眼差し、気合いを本当に間近でみることができます。
ご覧になったことがない方も是非一度いかかでしょうか?
プレー中の席移動や騒音を出しさえしなければ安心してご覧頂けます。

江原弘泰選手(赤)


奈良くるみ選手(手前)対大坪慧美選手





この動画はサーブ時ですが、
奈良さんのリターンのときのキュキュキュというステップがいいです。

ダブルスも面白いです。
一般のおっちゃんおばちゃんプレイヤー達(私含む)はダブルスを好みます。
しかし地上波のテレビ放送ではほとんどシングルスばかりです。
そのギャップをどうにかして欲しいものです。

日本の男子ジュニアのダブルスを今回観て思ったことは、
上背の違いもあるのかもしれませんが、なかなか前にボレーに行かずに、
後ろで守ることが多いことです。
ストローク練習偏重の弊害なのでしょうか。
リターン時の後ろ並行陣はよくあることですが、サービス時の後ろ並行陣は初めてみました。
?????










公式ホームページ


ganko18 at 23:13|Permalink││日記 

2008年10月07日

「担担面」終了しました。金曜日に「天然真鯛スープ」復活します。

よろしくおねがいします。

始めようか・・・天鯛完食。

ganko18 at 01:38|Permalink││日記 

2008年10月02日

ご無沙汰しております。

ちょっと旅にでていました。
いつも出先では携帯電話からブログの記事を更新していたのですが、
最近うまく投稿出来なくなってます。

旅のお話はまた後日載せさせていただきます。

ganko18 at 21:44|Permalink││日記