邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

かつての競馬好き少年が、社会人になり東京競馬場の近くに住んだことで競馬熱が再燃! 競馬を始めたばかりの方に競馬を好きになってもらいたいという思いからブログを書いております。 メール:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp twitter:@GANMA71879454

2013年06月

完全的中! CBC賞とラジオNIKKEI賞

読む前にクリックをお願いします。
ランキング順位が上がって励みになります。

人気ブログランキングへ


嬉しさのあまり早速の更新です。笑

まずはCBC賞。結果はこちら。
画像1
マジンブロスパーの単勝ゲットです。
本当に旨味のある馬券はウインドジャズの複勝だったんですがね。笑
マジンブロスパーはトップハンデ、大外枠という点がやや不安との印象が強いみたいでしたが、逆にこのぐらいのハンデでもこのメンバーなら全然、勝負になると判断。
血統的な追い風もあったので迷うことなく本命にしました。
個人的に不安だったのは騎手でしたが。上手く乗ってくれました。今年初の重賞勝ちですね。
ただハクサンムーンには正直、驚いた。人気を背負ってここまで好走できるとは思っていませんでした。しかもまだ絞りきれてない余裕残しの馬体で。次は本命でもいいかもせれませんね。

次にラジオNIKKEI賞。
画像1
ケイアイチョウサンを対抗にして単複ゲット。単勝の掛け金が少ないのは少し恥ずかしいですね。笑
複勝も620円としっかりついたのでおいしい結果でした。
ちなみに2着のカシノピカチュウはNHKマイルカップで穴馬として買った馬。今回も買えば良かったですね。
ケイアイチョウサンを買った理由は父親がサンデー系である、関東馬、気性難で普段から力を出せていない点を考慮。
メイケイペガスターもそうでしたが、横山典は本当に折り合いがつかなくて困ってる馬に乗せると恐ろしく結果を出す騎手ですね。しかも前走より距離も短縮、スタートからすぐにコーナーのあるコース等今回はかからなさそうな条件があったのでかけてみました。
この馬の京成杯3着のレース映像を見るとかなり強い馬だということがわかりますよ。お時間のある方は見てみてください。

もし私のブログを見て頂いて、今回お役に立てた方がいれば嬉しく思います。今後も当たる予想を提供できればと思っています。これからも宜しくお願いします。

CBC賞とラジオNIKKEI賞の予想

励みになります。
読む前にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

まず土曜の予想について。
函館メインはファインチョイスの圧勝。1番人気でしたが本命にあげられて良かったです。単勝でしっかりと稼げました。
その他のメインは複雑な感じ。
やはり福島は前目につけていないと厳しいなという印象。それを踏まえての予想が必要です。

さて日曜の重賞予想です。

まずはラジオNIKKEI賞について。
このレースはまず第一に父親がサンデー系の馬を選ぶこと。
過去5年間の結果からそれが予想されます。かつ関東馬が有利なレース。あと好走馬は480kg以上の馬体重をもつ馬に多い。
そこで本命はガイヤースヴェルト。
上記の要素を全て備えており、かつ先行ができるという馬。
前走のNHKマイルカップは差有利な馬場状態の中、早めに抜け出す勝ちに行くレースをしての5着ならば評価できる内容。斤量もNHKマイルカップから1kg軽くなるとならば心配は少ないか。
そして対抗はケイアイチョウサン。
この馬はとにかく折り合い難。京成杯ではマクリで上がって3着という能力の高さを見せる。ただ前走もかかり気味になったが、今回の距離短縮はプラス。鞍上ま折り合い重視の横山典なら面白い。オッズも良い。
◎ガイヤースヴェルト
○ケイアイチョウサン
単勝 13,11
複勝 11

次はCBC賞の予想。
このレースでの最重要ファクターは体重が480kg以上で中京の軽い芝と急坂に対応できる馬。あとナスルーラ系の父親を持つこと。
人気のハクサンムーンは体重が軽過ぎるためパス。今回はマークされる逃げ馬ということでかなり難しいと見る。人気もしているので期待値も低い。
そこで興味を持ったのはマジンブロスパー。もちろんトップハンデ馬であるが、昨年も57.5kgを背負い勝利。高松宮記念も5着、6着と中京1200はまずまずのよう。
近走は落としていた調子も戻しており、他の馬と比べても格が違いそう。
大外枠もそこまで苦にしておらず、中京競馬場の1200は外枠の結果も良い。
父親はサクラバクシンオーと理想的。
以上の理由からマジンブロスパーを本命にとる。
対抗は穴っぽいウインドジャズ。近走はイマイチであるが、中京は得意。斤量も大きく減っており、3着に食い込む可能性も否定できない。何よりも上がりがコンスタントに34秒台前半を出せるのが、いかにも中京向き。
◎マジンブロスパー
○ウインドジャズ

単勝 14
複勝 14,8

私の予想がこのブログを読んでくれた皆さんの予想にお役に立てればと思います。

今週の土曜予想 大勝負あり!

読む前にクリック!
ランキング順位が上がって私の励みになります。

人気ブログランキングへ

さてさて大変、遅くなりましたが明日の土曜予想です。
今回は函館のメインを1番力を入れて予想してみました。

函館11R TVh杯
このレースを予想するにあたり最も重要視したファクターは牝馬であるということ。
過去5年の間に3着以内に入った馬15頭のうち牝馬は14頭です。
つまり圧倒的に牝馬が有利なレースとなっています。
もちろん本命はファインチョイス。前走もそうだがやはり函館1200は重賞勝ちもあるように走るコース。今回は斤量も重くなく勝ち負けが期待できます。
対抗はバートラムガーデン。
この馬は夏に調子を上げてくる馬。今回の北海道シリーズもかなり期待できそうです。
◎ファインチョイス
○バートラムガーデン

単勝 9
馬連 9-5
3連複 9-5,3,10,11の6点

福島11R テレビユー福島賞
このレースで最も重要視したファクターは年齢。勝ち馬がほとんど4才から6才馬で占められる。
そこで本命はその中からミヤジエムジェイを選ぶ。キングカメハメ産駒がこのコースの成績が良いのに加えて、この馬は小回りさん、つまり小回りの競馬場で好結果を示す可能性が高い。
対抗はレオパステル。はっきり言ってこちらが本命でも良かったのだが、体重が軽過ぎるのがネック。今回、プラス体重で出てこられれば問題はないが、ここからさらに減るようだと怖い。
単穴はサカジロイヤル。先行できる脚質に加えて鞍上が内田騎手に強化。そこをプラスに見て。
◎ミヤジエムジェイ
○レオパステル
▲サカジロイヤル

単勝 3
馬連 3-5,9

中京11R 白川郷ステークス
このレースははっきり言って混戦。何がきても納得できるし、非常に難解なレース。
だから大した金額はかけません。
オッズを見る限りダービー3着馬のベルシャザールが断トツの1番人気。
まだダートを1回走って3着があるだけでこの人気は過剰人気。これは期待値的にも低く買えません。
そこで気になったのはダイヤノゲンセキとギャザーロージズ。
まず本命のダイヤノゲンセキは阪神1800の成績が良い点。中京のダートは東京、京都のダートと違い砂質が重いダートです。そこで砂質が近い阪神のダート成績を重視しました。次に対抗のギャザーロージズ。この馬は上がりの速さ重視。中京の長い直線ではこの脚が活きると予想。前走の丹沢ステークスも素晴らしい末脚。明らかに直線の長い競馬場があうタイプ。
大穴にはサイモントルナーレ。
最近は芝を走っているがダートの1800に関してはまずまずの成績。鞍上の高倉騎手もこのコース最多勝の騎手。まさかの一発があっても面白いか。

単勝 8
複勝 5
馬連 8-9

明日は重賞のない土曜なので、そこまで大きな金額はかけません。
日曜の重賞についてはまた明日、記載します。皆様の参考になればと思います。

複勝1.5倍という魅力 〜夏は単複で攻める!〜

読む前にクリック!
ランキング順位が上がって私の励みになります。

人気ブログランキングへ


今日は木曜日ということでいよいよ週末が近づいてきました。
競馬を予想する人は木曜から金曜が楽しくて仕方ないといいますが、まさに私はその状態ですね。当たれば日曜の夜も楽しく過ごせるので、毎週そうなればいいなと思っています。

さて今日は複勝1.5倍の魅力についてお話します。
複勝のオッズが1.5倍の馬と聞いて、皆さんはどう考えるでしょうか。

「オッズ低いなー。当たっても意味がないわ。」

そう考える人はいないでしょうか。
実際に複勝1.5倍の馬に大金をかけるのはかなり期待値的にも低く、私はオススメしません。
ただ私は自分が本命に推した馬のオッズが複勝1.5倍だった場合は狙えるな!と思います。どういうことか。

本命馬が複勝1.5倍だったら私は単複馬券で勝負するようにしています。
複勝が1.5倍であれば恐らく単勝は3倍〜4倍。オッズとしては決して低くないオッズです。

重要なのは買い方です。
単勝:複勝=1:2の割合になるように買うのです。
例えば単勝1,000円ならば複勝は2,000円の計3,000円。
複勝が1.5倍つく場合、単勝がもし当たらなくても複勝2,000円×1.5倍=3,000円となり元本は保証されるのです。

競馬で回収率を上げる方法は期待値の高い馬を狙うことと、負けないことの2点です。特に投資額を少なくして競馬を楽しみたいと考えている人は余計に後者が重要です。外れすぎると投資できるお金がドンドンと減りますからね。

あとこれはメンタルな部分なのですが、あまりにも連敗が続くと「一発当てて取り返したい!」と考えるようになるのが人間の性です。
そうなると予想が大味になりさらなる悲劇を招く結果となります。
10連敗しても気にしない。いつもの予想ができるという人は問題ありません。
ただ経験上、こういう人は少ないと思います。

ちょうど1ヶ月前に日本ダービーがありました。東京10レースです。そしてその後の東京12レースに目黒記念がありました。

ダービーで外して「取り返してやる!」と熱くなり、目黒記念でさらに大損した方はいませんか?
そういう方はあまり連敗が続くと良くないタイプなのかもしれませんよ。

ラジオNIKKEI賞について

読む前にクリックをお願いします。
ランキング順位が上がって私の励みになります。
人気ブログランキングへ

昨日はCBC賞についてふれましたので、今日は同日の福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞についてです。

ラジオNIKKEI賞はハンデ戦の1800m。福島競馬場ということもあり、荒れる可能性の高いレースといえます。

近5年の結果を見ると1番人気の馬が0-1-2-2という成績。これはクラシック後に開かれる重賞ということで、クラシックなどで好走した馬に人気が集中するものの凡走。代わりに仕上がりが遅くクラシックには間に合わなかったがじっくり育てられた素質馬が勝利を収めているというロジックですね。

またクラシックに出た人気になる馬はなまじクラシックに出ているがためにハンデも重いものを背負わされるという背景もありそうです。

このレースではやはり福島競馬場、そして開幕週ということで先行馬が有利。または小回りの競馬場でも物凄い速い末脚を使える差し馬が馬券に絡んでいます。
個人的な感想ではいくら末脚が速くても大外ぶん回しでは届かないと思います。事実8枠の馬に3着が多いのもこれが影響しているのかもしれません。

実際、狙い目は血統面も含めて軽い芝に合う父サンデー系。しかもできれば先行できる馬、かつ関東馬となるでしょう。
関東馬の方が関西馬より成績がいいです。福島だからですかね。

そういう意味では1番人気が確実なガイヤースヴェルトは危ない人気馬かもしれませんね。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ