邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

かつての競馬好き少年が、社会人になり東京競馬場の近くに住んだことで競馬熱が再燃! 競馬を始めたばかりの方に競馬を好きになってもらいたいという思いからブログを書いております。 メール:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp twitter:@GANMA71879454

2013年08月

札幌2歳ステークス 買い目

お待たせしました。

札幌2歳ステークスの買い目を公開したいと思います。

レッドリヴェールかオールステイかで悩みに悩んだ結果、ピオネロで勝負することにしました。

レッドリヴェールは低体重がやはり気になります。
このまま雨が降り続けば不良馬場は確実。低体重の牝馬が対応できる馬場ではないと判断しました。

オールステイはやはり内枠でないことが気になります。今のところ明らかに内枠有利のコースバイアスがあり、その点から割引が必要です。

そうするとピオネロになりました。
やはりわざわざ蛯名が函館にきたあたりを評価。
短い直線が得意なネオユニバース産駒でもあり、内枠。
上手く先行さえできれば勝ち負けは十分だと思います。

よって買い目はピオネロの単複で勝負します。
賭け金少なめ、複勝厚めです!

単勝2
複勝2

札幌2歳ステークス 予想

札幌2歳ステークス情報
過去10年において9勝している馬にある共通点は?
その共通点をクリアした馬は過去10年で(9-8-8)のほぼパーフェクトな成績
その条件を人気ブログランキングに載せておきます!

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)

今日、明日の札幌2歳ステークスについての予想を書きます。
かなり難解なレースだと思います。その理由は以下の点です。

・例年は札幌競馬場で実施も今年は函館競馬場
・函館競馬場のCコースを使用(以上に時計のかかる馬場)
・週中のなかで恐らく重馬場がやや重馬場

通常の札幌2歳ステークスのデータはほぼ使えないのではないかと考えています。
そのような中で重視したい4つのファクターは以下の通り

・人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
・関西馬
・体重460kg~499kg
・内枠かスタート後に内を走れる馬(特に逃げ、先行)

このあたりは競馬場が変わっても変化しないファクターではないかと思います。
他にはこのレースは父馬にサンデー系の馬をもつ馬の好走傾向が高かったですが、函館競馬場の全く切れない馬場ではサンデー系は逆に危険な気もします。

以上のポイントを総合的に考慮して、本命は◎1レッドリヴェールとします。
父馬ステイゴールドで道悪や力のいる馬場は得意、騎手は函館競馬場の今年、断トツでリーディングジョッキーでもある岩田騎手、1枠からスムーズに先行できる脚質と文句なしです。ただ気になるのは函館未経験ということと、馬体重が424kgとかなり軽いところです。

次に対抗は○8オールステイ。
函館1800の経験もある逃げ馬で、騎手は函館リーディング2位の吉田隼騎手。
父馬は外国馬で力のいる馬場はあいそう。中枠からスムーズに逃げることができれば勝ち負けもありえそうです。体重も問題なし。

単穴は▲2ピオネロ。
父馬がクラシック血統で短い直線の1800はあうネオユニバース。前走は函館競馬場でなかったことが気になりますが、大外からの競馬で見事な差しきり勝ちを見せました。
今回は内枠で脚を溜めるのか、または先行するのかは蛯名騎手次第ですが、この蛯名騎手がわざわざ函館にくるあたり勝負度合いは強そうです。
オッズもそこまで人気していないので、この馬から勝負するのも面白いと思います。

続いて連下の筆頭は△6マイネグレヴィル。
嶋田→丹内→柴田大知と明らかに騎手強化されており、新馬戦以外でも結果を出している馬。ブライアンズタイム産駒ということで荒れ馬場によるスタミナ勝負になれば面白いと思います。。
気になる点は関東馬であるということ。関東馬はややこのレースの成績が良くないです。

そしてもう1頭は△3バウンスシャッセ。
内枠からの先行で四位騎手が騎乗の牝馬。ゼンノロブロイ産駒ということで道悪も苦にしない可能性が高いです。気になる点は先行馬というよりも前走はややまくり気味の脚質であったことと、関東馬であるということです。

ブログの読者からはよく買い目を書いているところをご評価いただきますが、今日はまだこの時点では買い目を書けません。オッズの変動を見て買い目を記載させて頂きます。
◎○▲の3頭のどれかの単複を買うと思います。
明日の15時ぐらいまでには買い目をブログにアップしますので、ご了承ください。

また、2歳戦は基本的に単複を買います。
ただ、読者の方には三連系の馬券を買いたい方もいると思いますので、ご参考までに本命以外の○▲△の馬も記載しております。私は買いませんが三連系の馬券を買われる方のお役に立てればと思います。

札幌2歳ステークス情報
過去10年において9勝している馬にある共通点は?
その共通点をクリアした馬は過去10年で(9-8-8)のほぼパーフェクトな成績
その条件を人気ブログランキングに載せておきます!

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)

札幌2歳ステークス データ分析

札幌2歳ステークスの現在の注目馬はこの馬!
人気ブログランキングにて確認してください!

人気ブログランキングへ

(現在150位前後)

おはようございます。
最近、実は仕事がかなり忙しいのですが、競馬と仕事の両立を目指して頑張っております(笑)
本日は土曜重賞の札幌2歳ステークスについてのデータ分析を行います。
具体的な予想は本日の夜にでも更新すると思いますので、観に来て頂ければと思います。

札幌2歳ステークス
函館競馬場 芝1800m G3 馬齢

【注意点】
過去5年のデータは全て札幌競馬場での施行
今年は函館競馬場のCコースで施行
2011年はやや重、あとは全て良馬場での施行

【枠】重視度B
(函館芝1800m実績)
スタートから最初のコーナーまでが短い
3枠から5枠の好走傾向がやや良い

(札幌2歳ステークス実績)
1枠の実績が悪い 馬が若いためもまれると厳しいか
8枠は人気があっても凡走する傾向あり

【血統】重視度B
(函館芝1800m実績)
◎ステイゴールド、タニノギムレット
○グワスワンダー

(札幌2歳ステークス実績)
父ターントゥ系の好走率が高い 過去5年で4勝2着3回、3着1回
2歳戦の中ではクラシック血統の好走が目立つ

【騎手】重視度B
◎◎武幸四郎
◎四位、岩田
○藤田、松田

【人気】重視度A
かなり安定的
1~3番人気の安定感は高い 過去5年(5-3-2-5)
2桁人気はこない
基本的に上位人気の馬が好走

【脚質】重視度B
先行、差しが好走
4角で5番手以内に位置していることが好走条件

【上がり】重視度A
上がりの速さは重要。
上がり3位以内の馬の好走傾向が目立つ。
34秒台なかばから35秒台後半の脚が必要。

【馬体重】重視度B
460kg~499kgの馬体重の馬の好走傾向が高い

【性別】重視度B
牝馬は厳しい 
ただ人気馬の牝馬は好走傾向にある

【年齢】
全て2歳馬

以上が札幌2歳ステークスのデータ分析です。

従来のデータでは差しも決まっていますが、函館競馬場のCコース。
そして週末の雨予想のこともあり、断然、逃げ先行有利だと思います。
このレースの上位馬はクラシックでも好走する傾向があるので大物感も重視したいと思います。
札幌2歳ステークスの注目馬は人気ブログランキングに記載しておきます。

札幌2歳ステークスの現在の注目馬はこの馬!
人気ブログランキングにて確認してください!

人気ブログランキングへ

(現在150位前後)

騎手の特徴を極める!【2】

武豊騎手が乗らない…というか乗れない冠名を発表。
騎乗ミスが原因でオーナーが激怒したことが理由との事です。
言われてみればこの冠名の馬に武って乗らないなぁと思います。

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)


おはようございます。
今日は木曜日なのでシリーズで記載している騎手論について私の感じていることを中心に書いていきます。
ブログを始めるにあたり、何かシリーズものを用意しようと思っておりましたが、反響を聞く限り、この木曜の更新を多く楽しみにしていただけている様で本当に嬉しく思っています。少しでも皆さんのお役に立てるよう情報提供を行っていこうと思います。

先週は外人騎手について書きましたので今日は日本のトップ騎手についての印象を書いていきます。

◎Sランクの日本人騎手

・岩田康誠
ネット上ではとにかく人気のない岩田騎手です。理由はラフプレーが目立つからとか…。
確かに反則により落馬事故を起こしておりますが、決してわざとではありません。
ちゃんとG騎手の入院先にお見舞いをしたりもしているようです。
実は私が日本人では一番、大レースで頼りにできると感じている騎手です。
藤田騎手著の騎手の一分では岩田騎手の直線の追い方を痛烈に批判しています。
あんなに押しても伸びは変わらないとか、馬の背中の上でトントンと上下するのは馬に負担をかけるとか言っております。
しかし、どうでしょうか。どうみても岩田騎手がガンガン押している馬は直線でバテても粘りきれているように思えます。たとえばディープブリランテのダービー。あれは岩田騎手でなければ勝てなかったレースであると思います。
負担に関してですが岩田騎手は次のように考えているようです。
「馬にとってはこのレースで勝てなければ一生が終わるという馬もいる。そのレース、そのレースでベストのパフォーマンスを出すことがその馬のため」ということのようです。
確かに馬はレースに勝てなければ引退、処分という悲しいケースをたどります。
馬の負担よりも勝つことを重視するべきレースは多くあると思います。
ケースによるでしょうが、私は岩田騎手を支持したいと思います。
実際、この騎手が差し馬に乗ったときに大外ぶん回しをしたところをほとんど見たことありません。
外に出す時も極力、ロスのないように出す工夫をしております。
圧巻なのは函館競馬場などの小回りの競馬場。
先行馬も差し馬も本当にロスのない競馬を行い、「前がつまるんじゃない?」と思うような場面でも上手く抜け出す。本当に腕のいい騎手だと思います。
弱点は…たまに無茶をしすぎること。思い切りが良すぎるのでね。
でも最近はその無茶も減ってきたと思います。
とにかく岩田騎手は勝てる騎手であり、勝たすことができる騎手です。
私が最上級評価をしている騎手です。

・内田博幸
「安心、安全、安定感の内田」と私は思っております。
スターとよし、折り合いよし、腕力ありと非常にバランスが取れています。
何かのゲームみたいに騎手の能力を5角形のレーダーチャートで示すことができれば全ての能力がトップクラスに入り、綺麗な5角形ができると思います。
それぐらいバランスの取れた騎手です。
特にG1を初めとする重賞には事前に非常に考えて乗っているイメージがあります。
皐月賞や宝塚記念のゴールドシップはその代表。
皐月賞はおそらく荒れた馬場を通ることorワールドエースをマークすることの2通りの考えを持って乗っていたと思います。
宝塚記念ではまくり戦法を封印してスタートからおっつけてのまさかの先行策。その時に目を見張るのはあまりにおっつけ過ぎてかかりそうになったゴールドシップを一瞬で落ち着かせた折り合い術。
さすがは日本トップ騎手だなと思うシーンが大変多く見受けられます。
今年の春のG1では1番人気の馬に乗ることが多かったですが、内田騎手の本骨頂は3番人気から6番人気ぐらいの馬に乗ったときに見せる計算高く、思い切った騎乗。
顔もかっこよく、本当に花のある騎手だと思います。
弱点は…たまに不調に入るとたまに引きづるかな~と思うことがありますが、そこまで心配することではないでしょう。

以上の2人が私の考える日本トップ騎手です。
次週はAランク騎手についての記述を行っていきます。

LINE ID:ganma1123
Mail:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp
(気になることがあればいつでもお気軽にご連絡ください)


武豊騎手が乗らない…というか乗れない冠名を発表。
騎乗ミスが原因でオーナーが激怒したことが理由との事です。
言われてみればこの冠名の馬に武って乗らないなぁと思います。

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)

新潟記念 データ分析

新潟記念の現在の注目馬はこの馬!
人気ブログランキングにて確認してください!

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)

おはようございます。
今日は久々に朝にブログを書いています。
いつも前夜に書いて翌日の朝7時にブログを更新するよう自動設定をしております。
私のブログはリピーターが多いのかいつも朝7時台のアクセス数が増えております。
いつもありがとうございます。今日はごめんなさい。

さて本日は新潟記念のデータ分析を行います。

新潟記念
新潟競馬場 芝2000m G3 ハンデ

【注意点】
過去5年のデータ分析において問題はなし
過去5年、全て新潟競馬場の良馬場で行われた

【枠】重視度B
(新潟芝2000m実績)
スタートから最初のコーナーまで1000mあるため枠の有利不利は少ない
あえていうなら1枠と8枠はやや割引

(新潟記念実績)
3枠、4枠の成績が良い
8枠は少し危険

【血統】重視度A
(新潟芝2000m実績)
◎ディープインパクト、サクラバクシンオー、フジキセキ
○ステイゴールド、シンボリクリスエス、

(新潟記念実績)
父ターントゥ系の好走率高い 過去5年で4勝2着4回、3着4回
父ターントゥ系×母父ノーザンダンサー系の好走傾向が高い

【騎手】重視度B
◎◎福永
◎勝浦、内田、田中勝
○大野、柴田善

【人気】重視度A
大荒れ傾向
1~3番人気の安定感は低い 過去5年(0-1-1-13)
2桁人気も顔を出すが数は少ない
基本的には4番人気以降から9番人気までの馬

【脚質】重視度B
差しが届く傾向が多い
先行、逃げがダメなわけではない

【上がり】重視度B
上がりが速ければ好走という因果関係は少ない。
ただ勝ち馬や馬券になっている馬は最速の上がりでなくても33秒台の脚は使っている。

【馬体重】重視度B
460kg~479kgの馬体重の馬の好走傾向が高い
勝率14.3% 連対率19.0% 複勝率28.6% (全31頭中)

【性別】重視度A
牝馬は厳しい 
勝ったことがあるのも馬券になったことがあるのも1頭のみ

【年齢】重視度C
4歳から7歳まで馬券になっている。
特に7歳馬がよく穴をあけている(今回は出走なし)

以上が新潟記念のデータ分析です。

夏のローカルハンデ戦ということもあり、穴馬の台頭が見られるレースです。
こういうレースこそ、みんなと同じ考えで予想しては当たりません。
確固たるファクターを抑えつつ、高配当を狙っていきたいです。


新潟記念の現在の注目馬はこの馬!
人気ブログランキングにて確認してください!

人気ブログランキングへ
(現在150位前後)
アクセスカウンター